> >

自宅でジュースクレンズ体験!体リセットお手軽ジュース3種


 
 今、セレブの間で流行っている「ジュースクレンズ」。ジュースで栄養を補給する、究極のデトックスダイエット法です。ジュースクレンズを実践するセレブはたくさんいます。モデルの道端ジェシカにローラも愛飲しているのだとか。そんなジュースクレンズって、本当に効果があるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

ジュースクレンズって何?

 もともとジュースクレンズは、アメリカのセレブの間で大流行したデトックス方法でした。ジュースクレンズとは、1日から3日間、食事など、固形物を一切口にせず、ジュースと水だけで、体をリセットするダイエット。消化器官を休ませるのが最大の目的です。では、なぜ消化器官を休めると、ダイエットに効果的なのでしょうか?

 私たちが食事をしたとき、食べたものを消化し、吸収。エネルギーとして消費していきます。しかし、この消化という作業には、意外にもエネルギーが必要なのです。消化しにくいものを食べると、その分エネルギーを消耗することに。「エネルギーが消費できるのならダイエットには良いのでは?」と思いがちですが、消化することでいっぱいいっぱいになってしまい、老廃物を排出することや、脂肪を燃焼させることにまでエネルギーが回らなくなってしまうのです。その結果、老廃物を溜め込み、脂肪を燃焼しにくい体に。痩せにくい体になってしまうのです。

 しかも、一生懸命消化した内臓は疲れ切ってしまい、次第に消化もうまくできなくなってしまいます。そんな疲れ切ってしまった内臓を休ませてあげることで、老廃物の排出や、脂肪の燃焼にもエネルギーが回るようになるので、体がすっきりするというわけです。

 このジュースクレンズ、今話題の「コールドプレスジュース」で行うと効果的と言われています。コールドプレスジュースとは、圧力をかけて野菜や果物を搾ることで、酵素やビタミンなど、熱によって壊れやすい栄養素を壊すことなく取り入れることができるジュース。専門店まででき、美に敏感な女性たちの間で人気の飲み物です。でも、コールドプレスジュースは高く、毎日続けるには負担が大きいのです。そこで、まずは自宅のジューサーで作れるジュースで、ジュースクレンズを体験してみちゃいましょう。体が軽くなるのを実感できるはずです。

 

真っ赤な抗酸化ジュース

材料

ビーツ・・・1個
いちご・・・10粒
ブルーベリー・・・1/4パック
ラズベリー・・・1/4パック

 

作り方

(1) ビーツは一口大に切る。このとき、衣服にビーツの汁がつかないように気をつける。

(2) ジューサーに (1) のビーツ、いちご、ブルーベリー、ラズベリーを入れて、回し、できあがり。

 赤い野菜や果物には、抗酸化作用があるといいます。抗酸化、つまり老化防止になるのです。疲れ切った体内の細胞にしみこむような感覚で、疲れも徐々に癒やされていくことでしょう。
 ブルーベリーやいちごの甘さに、ラズベリーの甘酸っぱさ。ビーツがすべてのベリーを優しくまとめてくれます。

 

濃厚トロピカルジュース

材料

パイナップル・・・1/4個分(皮を切り取ったもの)
マンゴー・・・1/2個
バナナ・・・1本
ココナッツミルク・・・1パック(250ml)

 

作り方

(1) パイナップルは一口大に、マンゴーは果実の部分をスプーンですくい取っておく。

(2) バナナは皮をむいて、一口大にちぎっておく。

(3) ジューサーに (1) のパイナップル、マンゴー、(2) のバナナ、そしてココナッツミルクを加え、回して撹拌し、できあがり。

 ジュースクレンズ中は固形物を口にすることができません。やはり、空腹との戦いになります。そんなとき、少し濃厚でお腹に溜まる、飲み応えのあるジュースも取り入れる必要があるのです。そんな空腹中にオススメなのが、ココナッツミルクです。ココナッツミルクには、むくみを予防してくれるカリウムなどのミネラルが豊富。さらに、脂肪を燃焼しやすくしてくれる、中鎖脂肪酸という成分が含まれているんです。

 パイナップルやマンゴーに含まれる酵素は、細胞を活性化してくれ、老廃物の排出を促してくれたり、細胞の生まれ変わりを手助けしたり、体内で滞っていたものを新しいものに生まれ変わらせてくれます。

 

超サッパリジュース

材料

グレープフルーツ・・・2個
りんご・・・1個
セロリ・・・1/2本
オレンジ・・・2個
にんじん・・・1/2本

 

作り方

(1) グレープフルーツは皮をむき、果肉の部分だけを切り取っておく。

(2) オレンジもグレープフルーツと同様に、果肉の部分だけを取り出しておく。

(3) りんごは皮をむき、一口大に切っておく。

(4) セロリも一口大に切る。

(5) にんじんはピーラーで皮をむき、5ミリ角に切っておく。

(6) (1)、(2)、(3)、(4)、(5) の野菜や果物をジューサーにすべて入れ、回して撹拌してできあがり。

 ジュースクレンズ中には、様々な野菜や果物を取り、様々な栄養素を取る必要があります。注意しなければならないのは、最大3日以上は続けないことです。何も食べずにいたら、内臓は休まっても体調を崩してしまいます。まずは、1日行ってみましょう。体調が悪くなるようであれば、すぐに中止してください。1食をジュースに変えるなど、少しずつ取り入れてもいいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.