> >

最強デトックス食材パパイアのスムージー&おかずレシピ

パパイア
 
 紫外線が降り注ぐ南国。肌へのダメージは想像以上です。そんな南国で暮らす人々には、ある知恵がありました。さんさんと降り注ぐ太陽光をたっぷり受けで育ったフルーツに、老化防止の効果があることを知っていたのです。実は、南国フルーツは、人を元気にしてくれる栄養素がたっぷり! この栄養素を美容に取り入れないわけにはいきません。

スポンサードリンク

 
 マンゴーにアセロラ。美しさをサポートしてくれるフルーツはたくさんありますが、今回おすすめしたいのが、パパイアです! 日本ではなかなか手軽に味わえないパパイアですが、実は体の中からきれいをつくってくれるフルーツなんです。

 

パパイアの効果とは?

 パパイアには肝臓が持つ解毒作用を助ける酵素「イオチアシアネート」がたっぷり含まれているんです。だから、体に溜め込んでしまった老廃物も、きれいさっぱり! 肝臓は体内の老廃物や毒素を分解し、排出を促す器官です。この肝臓が疲れ切ってしまうと、倦怠感のような疲れが残るだけでなく、脂肪まで溜め込んでしまうようになっちゃうんです。

 ダイエットのキモとなる肝臓。この器官をいたわり、元気にしてくれるパパイアは、まさにダイエットの救世主! さらに、美肌に導いてくれるビタミンCや、老化防止に効果抜群のビタミンE、そして、腸内をきれいにしてくれる食物繊維もたっぷり含まれているので、体がすっきりするだけでなく、きれいもサポートしてくれます。そんな心強い味方のパパイアを使ったレシピをご紹介します!

 

パパイアとセロリのスムージー

材料

パパイア・・・1/2個
セロリ・・・1/2本
バナナ・・・1本
りんご・・・1/2個
ヨーグルト・・・大さじ5杯

 

作り方

(1) パパイアは真ん中の種をスプーンでくりぬくように取り除き、1センチ角に切る。

(2) セロリは筋をできるだけ取り除き、1センチ角に切っておく。

(3) バナナも皮をむき、一口サイズに切る。

(4) りんごは皮をむき、1センチ角に切っておく。

(5) (1)、(2)、(3)、(4)のフルーツとヨーグルトをジューサーやミキサーに入れて回し、なめらかになったらできあがり。

 朝食におすすめしたいスムージー。バナナを加えることで、腹持ちが良くなります。さらに、パパイアの甘さがセロリの青臭さを消し、さわやかな香りだけを残してくれるので、とても飲みやすくしてくれるのです。パパイアの解毒のちからに、セロリの老廃物排出促進のちから。さらに腸内環境を整えてくれるヨーグルト、バナナ、りんごも加わって、余分なものを溜め込まないデトックススムージーに仕上がります。

 続いては、「青パパイア」という、野菜に分類されるパパイアを使ったレシピです。

 

青パパイアのベトナム風サラダ

材料

青パパイア・・・1/2個
にんじん・・・1/2本
水菜・・・2束
ナンプラー・・・大さじ3杯
しょうゆ・・・小さじ1杯
塩・・・適量

 

作り方

(1) 青パパイアは、真ん中にある種をスプーンでくりぬくようにして取り除き、千切りにして、塩をふっておく。

(2) にんじんも皮をピーラーでむき、千切りにする。

(3) 水菜は2センチの長さに切っておく。

(4) ボウルにナンプラー、しょうゆを混ぜ合わせておく。

(5) (1) を水洗いし、ぎゅっと水気をしぼり、キッチンペーパーなどで水気をよく切っておく。

(6) (5)、(2)、(3) を (4) に入れて、味を馴染ませるようによく混ぜ合わせる。

(7) 冷蔵庫で約30分休ませたら、できあがり。

 青パパイアは、フルーツのパパイアのように完熟させる前の状態のもの。冬瓜にすこし苦みがあるような野菜です。大根のようなシャキシャキっとした歯ごたえも特徴のひとつ。サラダにおすすめです。

 この青パパイアにもダイエットに嬉しい栄養素がたっぷり! 解毒効果はフルーツのパパイアと同じように含まれています。血糖値の高い人が青パパイアを食べ続けた結果、半年後には100近く数値が下がっていたという逸話もあるほど、ダイエットだけでなく健康にもよい食材なんだとか。
 もちろん美肌をつくるビタミンCも含まれています。食べるほどに体が軽くなるのを実感出来るかもしれません。

 最後は、フルーツのパパイアを使った簡単レシピです。

 

パパイアと豚肉のソテー

材料

とんかつ用豚肉・・・1パック
パパイア・・・1/2個
塩、こしょう・・・適量
オリーブオイル・・・適量

 

作り方

(1) パパイアは1センチの厚さに切っておく。

(2) 豚肉は脂身の部分に切れ目を入れ、赤身の部分を包丁でたたき、焼いても固くならないようにする。

(3) (2) に塩、こしょうをふり、余分な水分を取り除いておく。

(4) フライパンを熱し、オリーブオイルをしき、(3) の豚肉を入れて、焼いていく。

(5) 片面に焼き色がついたら、裏返し、同じように焼き色をつけていく。

(6) 両面に焼き色がついたら、火を弱め、(1) のパパイアを加えて焼いていく。

(7) パパイアにも両面焼き色がほんのりついたら、お皿に豚肉とパパイアを盛って、できあがり。

 酵素がたっぷり含まれているパパイア。豚肉との相性も抜群なんです! お肉も柔らかくなりますし、食べた後の消化も助けてくれます。コツは火を入れすぎないこと。パパイアに含まれる酵素はタンパク質でできているので、熱に弱いのです。ちょっと変わった豚肉の味わいを楽しんでみてもいいですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.