> >

モデルたちを夢中にさせた「チアシード」を使うレシピ3種


 
 きれいになりたい!! そんなとき参考になるのが、モデルたちが夢中になっている食材。「きれいになる」効果を体現しているからこそ、試してみたくなるんですよね。最近話題になっているのが、「チアシード」。このチアシードってそもそもどんな食材かご存じですか?

スポンサードリンク

 
 チアシードとは、中南米に生息する「チア」という植物の種。見た目はごまのような黒い粒です。でも、この粒々には、女性をきれいにしてくれる栄養素がぎっしり詰まっているのだとか! 老廃物の排出を促す食物繊維に余分な水分を排出してくれるマグネシウム。さらに、ダイエット中の女性に必要な鉄分に、イライラを抑えてくれるカルシウムまで。腸内環境を整えてくれるだけでなく、美肌をつくる栄養素もたっぷり含まれているんです。

 しかも、チアシードの良いところは、クセも香りもなく、どんな料理にも加えられること。サラダにジュース、焼き菓子に加えれば、それだけでOKという、手軽に取り入れられることも人気の理由の一つなのだとか。そんなチアシードを使ったレシピをご紹介していきます。

 

チアシードドレッシングのチキンサラダ

材料

レタス・・・1/4個
にんじん・・・1/8個
きゅうり・・・1/8個
鶏むね肉・・・1/4枚
チアシード・・・小さじ1杯
オリーブオイル・・・大さじ1杯
酢・・・大さじ1杯
コンソメ粉末・・・適量
塩、こしょう・・・適量

 

作り方

(1) 鶏むね肉は沸騰したお湯で約2分ほど茹で、火を止めたらゆで汁にしばらく浸して冷ましておく。

(2) レタスは一口サイズにちぎる。

(3) にんじんは千切りにし、きゅうりは薄い斜め切りにしておく。

(4) ボウルにオリーブオイル、酢、コンソメ粉末を入れて、粉末が溶けるまでよく混ぜ合わせる。

(5) (4) を塩、こしょうで味を整えたら、チアシードを加えて軽く混ぜ合わせておく。

(6) (1) の鶏むね肉を取り出し、薄く切っておく。

(7) サラダボウルに2、3の野菜を盛り、(6) の鶏むね肉をのせ、(5) のドレッシングをかけたら、できあがり。

 チアシードのプチプチした食感が、サラダの良いアクセントになります。食事を軽く済ませたいときにオススメしたい一品です。
 続いては、王道のスムージーレシピです!!

 

トロピカルフルーツとチアシードのスムージー

材料

バナナ・・・1本
パイナップル・・・1/4個
マンゴー・・・1/2個
ヨーグルト(プレーン)・・・大さじ3杯
チアシード・・・小さじ1杯

 

作り方

(1) バナナは皮をむき、3センチ幅にちぎっておく。

(2) パイナップルも皮を切り取り、一口大に切っておく。

(3) マンゴーはスプーンで果実の部分をすくい、ジューサーの中へ。

(4) ジューサーに (1) と (2)も加える。

(5) (4) にヨーグルトとチアシードを加えたら、ジューサーを回して、できあがり。

 トロピカルフルーツには細胞を活性化させる酵素がたっぷり。酵素はタンパク質でできているため、できるだけ火を通さない方がよく、スムージーは最適なレシピなんです。
 そのトロピカルフルーツに、チアシードの食感が加われば、飲み応えのある一杯に。バナナ、パイナップル、マンゴーを凍らせてジューサーにかけても、チアシードの食感は活きてきますよ!

 このレシピににんじんを加えてもおいしくいただけます。にんじんのベータカロチンが美肌に導いてくれるはずです。野菜臭さもなくおいしく、さわやかで、華やかな味わいは変わりません。

 続いては、チアシード入りの焼き菓子のレシピです。

 

チアシード入りマフィン

材料

ホットケーキミックス・・・100g
卵・・・1個
ハチミツ・・・大さじ3杯
ヨーグルト・・・大さじ5杯
チアシード・・・大さじ1杯

 

作り方

(1) ボウルに卵、ヨーグルトを入れて、馴染むまでよく混ぜ合わせる。

(2) (1) にホットケーキミックスをふるいながら入れ、ダマにならないよう、なめらかになるまでよく混ぜ合わせる。

(3) よく混ざったら、ハチミツ、チアシードを加えてよく混ぜ合わせる。

(4) マフィンの型に合わせてクッキングシートを敷き、(3) を流し入れていく。

(5) (4) を180度に予熱したオーブンに入れ、約30分焼く。

(6) 竹串を刺して生地がつかなければ焼き上がり。網に取り出し、粗熱を取ったらできあがり。

 チアシードが下の方に沈んでしまいますが、気にしない気にしない!! 均等に散らばらなくても、食感の違いを楽しんでみてくださいね。

 チアシードは水分を含むと、ゼリー状になって膨らむという特性があります。これが、ダイエットに効果的と言われる大きな理由。満腹感が得られるのです。
 今回はさまざまなレシピに加えましたが、シンプルに、ヨーグルトやご飯に混ぜてもOK。オススメは、できるだけ水分量の多いものに加えることです。プチプチ食感が増し、チアシードならではの食感を存分に楽しめます。

 食感のアクセントになる上に、ダイエットにも、美容にも嬉しい栄養分がたっぷりなチアシード。まさにパワーフードですよね。ぜひ、お試しください!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.