> >

ノンフライレシピ。揚げなくてもさくさくおいしい揚げ物料理

カツ
 
 さくっとした衣、きつね色の衣は香ばしく、あとをひくコクがある。空きっ腹に揚げ物は最高ですよね! ジュッと脂が口の中に広がり、さくさくとした歯ごたえも美味。腹ぺこであればあるほど、揚げ物は魅力的に見えてしまいます。
 揚げ物は衣のパン粉が油をたくさん吸ってしまっているので、高カロリー。食べたら体重にすぐ反映されてしまう、ダイエッターの天敵です。そんな揚げ物、どのくらいカロリーがあるのでしょうか?

 たとえば、とんかつ。1人前で600kcal以上あります。そして、唐揚げ。大人も子どもも大好きな揚げ物ですが、カロリーは1個で71kcal。お弁当などにも多い5個入りとなるとその5倍のカロリーになってしまいます! コロッケは1個300kcal以上。脂肪に変わりやすい脂質が多いですから、食べた分だけ贅肉になってしまいます。恐ろしいですよね!

スポンサードリンク

 
 しかし、最近は油を使わなくても揚げ物を楽しめるようになりました。家電でも「ノンフライヤー」が登場。油を使わなくても唐揚げにコロッケ、とんかつがおいしくいただけるように! ダイエット中の方にも、体脂肪が気になる方にも、人気なのだそうです。

 でも、家電ってちょっとお高いですよね。今ある料理道具でノンフライレシピは作れないのでしょうか? 答えは「作れます!」。ちょっと工夫するだけで、揚げ物もどきを揚げ物のように味わうことができるのです。しかも、油を使わないので、カロリーオフ。やけ食いしたくてうずうずしているダイエッターの方に、オススメしたいレシピです。

 

ノンフライコロッケ

材料

ジャガイモ・・・5個
牛ひき肉・・・1/2パック
たまねぎ・・・1/4個
塩、こしょう・・・適量
ごま油・・・小さじ1杯
パン粉・・・適量

 

作り方

1、 ジャガイモは1/4の大きさに切り、蒸し器で蒸す。

2、 たまねぎはみじん切りにしておく。

3、 フライパンを熱しごま油を引いて、2のたまねぎ、牛ひき肉、塩、こしょうをして炒め、火が通るまで炒める。

4、 ジャガイモが蒸し上がったら、ふきんに来るんで皮をむき、ボウルに入れる。

5、 ボウルに入れたジャガイモは熱いうちにフォークなどでつぶして、マッシュ状にしておく。

6、 5に3を加えて、さらに混ぜ合わせる。

7、 全体がよく混ざったら、手の甲の大きさにまとめておく。

8、 油を引いていないフライパンを熱し、パン粉を炒め、きつね色になったら火からあげる。

9、 8をバットに広げ、7を一つずつ両面にまんべんなくつけていく。

10、 9をお皿に盛ってできあがり。

 
 お馴染みの方法ですが、衣の後付け作戦です。パン粉をあらかじめさくさくの状態に仕上げておき、それをコロッケの具にまぶすだけ。簡単ですが、衣のさくさく感はばかにできませんよ。

 ただ、エビフライや牡蠣フライといったものには応用は難しいようです。エビとパン粉をくっつけることが難しいのです。牡蠣も同じ。火を中まで通していないといけませんし、火の通った魚介類に小麦粉をつけることは難しいのです。でも、パン粉のせとしてグリルで焼く方法はあります。揚げ物という感じではありませんが、パン粉のさくさく感と魚介類のうまみがマッチして、それはそれでとてもおいしいですよ。

 続いてご紹介するのは、揚げない「唐揚げ」です。

 

揚げない唐揚げ

材料

鶏肉(唐揚げ用)・・・1パック
しょうゆ・・・大さじ3杯
ニンニク(すりおろし)・・・小さじ1杯
酒・・・大さじ2杯
小麦粉・・・大さじ5杯

 

作り方

1、鶏肉をボウルに入れ、しょうゆ、ニンニク、酒を入れて、よく揉み込むように混ぜ合わせ、しばらく置いておく。

2、紙袋に小麦粉を入れ、1の鶏肉をキッチンペーパーで丁寧に汁気を拭き取り、紙袋に入れる。

3、2の紙袋の口をしばり、良く振って、鶏肉に小麦粉がまんべんなくつくようにする。

4、3から鶏肉を取り出し、魚焼きグリルで焼いていく。(中火)

5、表面に焼き色がついたら裏返し、両面焼き色がつくまで焼く。

6、両面焼き色がついたらお皿に盛ってできあがり。

 
 フライパンを使って少量の油で焼く揚げる方法もありますが、魚焼きグリルだと、鶏肉の脂で小麦粉がカリッと焼けます。小麦粉だと唐揚げに、片栗粉だと竜田揚げのように仕上がります。鶏肉にきちんと下味をつけていれば唐揚げの味わいに。魚焼きグリルは網焼きにするので、余分な油を落としてくれます。ですから、カロリーもオフ。唐揚げを存分に味わいながらもダイエットにつながるのです。

 この揚げない唐揚げの方法は白身魚でも、鮭でも、もちろん豚肉でもおいしくできます。小麦粉がカリッと仕上がるので、揚げ物顔負けの食感です。

 
 ダイエット中の食事というと、ノンオイルメニューがほとんど。タンパク質もとったとしても、焼くか煮るか蒸すか。揚げ物独特の香ばしさが恋しくなってしまいますよね。そんなときは、我慢してストレスを溜める必要はないのです! 油で揚げなくてもさくさくの食感は味わえます。定期的に揚げ物もどきを食べられれば、ストレスも溜まりにくくなるはず。心も健全に。これがダイエットには大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.