> >

色が変われば味も脂肪分も違う!ゴマをダイエットレシピに活かす方法

金ゴマとサツマイモのサラダ
 
前回と同じく、今回もゴマを活用したダイエットレシピを中心にご紹介していきます。

意外に知らないゴマの魅力や、ダイエット中に気になるゴマの成分などをお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

 
前回は、ゴマが持つ栄養成分がダイエッターにとっても非常に魅力的だということが分かりましたが、実はそれ以外にもゴマにはある力があるのです。

 

栄養成分以外のゴマの力とは?

それは、ゴマ特有の香り成分である”ピラジン”です。

ピラジンとは、ピーナッツや麦茶など様々な食材に含まれている香り成分のことで、とある研究によれば、血管の状態を良くしたり、精神を安定させる効果が見られたとの報告もあるようです。

普段よりもカロリーの少ない食事で過ごさなければならないダイエット期間中は、イライラしたり、仕事や学業が手に付かなくなってしまったりする方も少なくありません。

そのようなときに、ゴマの香りによるリラックス効果を知っておけば、少ない量の食事にも取り入れられ、ダイエット食を食べながらストレス解消ができると期待できます。

また、脂肪分の多い食事が原因で太ってしまうことが分かっている方がゴマを活用した料理を食べることで、身体の内側から痩せやすい身体に変化させることができます。

 
このように、ゴマにはゴマそのものの栄養価以外にも、香りによるダイエット効果もあるということが分かりました。

それでは次に、ゴマの色によって何か違いはあるのかという点についても触れておきたいと思います。

 

ゴマの色によって違いはあるの?

ゴマと言えば誰しも思いつくのが”黒ゴマ”と”白ゴマ”ではないでしょうか。
現在ではこれ以外にも、茶ゴマや金ゴマなどと呼ばれる種類のゴマも販売されていますが、これらのゴマは、単に見た目の色が違うだけではありません。

 
白ゴマはマイルドな風味とやわらかな味、
黒ゴマは風味が強く香ばしい、
金ゴマ(茶ゴマ)は脂肪分が多く(食用油向けに搾油用としても使われるほど)コクやうまみが感じられる

 
など、風味、うまみ、コク、脂肪分といったゴマの味を変える成分が少しずつ異なっているのです。

この違いを料理にも取り入れると、例えば次のように使い分けができます。

 

白ゴマ

白和えや酢飯など、元の料理の味を邪魔したくない場合に。
甘みがあるのでやさしい味のデザートの材料に使うのも。

 

黒ゴマ

大粒で香りが強く、アントシアニンが多く香ばしい。
香味野菜を使った料理や中華料理など、味が濃く主張する料理に使うと良いアクセントに。
風味の良さを活かし、練りゴマやすりゴマを使ったデザートの主役にする場合も。

 

金ゴマ

黒ゴマよりも小粒で脂質が多いので、サラダや淡泊な味の料理のトッピングとして使うと料理がリッチに。

 
もちろんこれは一例ですが、ダイエットではいつもより薄味で、濃いものよりも淡泊なものを使用した料理がメインになりますので、数種類のゴマの食感やうまみの違いを使って、ダイエットメニューをもっともっと美味しくするよう工夫していくと良いでしょう。

それではゴマを使ったレシピの紹介に移ります。

 

金ゴマとサツマイモのサラダ

最近ポピュラーなサツマイモサラダはヨーグルトやチーズなどを使用することが多い傾向にありますが、今回のレシピでは乳製品を用いずに、金ゴマの脂質を活かします。
冬のねっとりとした水分多めのサツマイモはもちろんですが、新サツマイモのように水分量の少ないサツマイモでも、ゴマをたっぷりとかければ十分に舌触り良い食感のサラダになります。
時期によってゴマの種類を変えるときには、サツマイモが水分多めの時期は黒ゴマに、水分が少なくサッパリとしている時期には金ゴマを使うのがお勧めです。

 

材料:3~4人分

・サツマイモ
中1本

・枝豆(塩ゆでしたもの)
適量

・金ゴマ
大さじ2杯

・塩
適量

 

作り方

1.サツマイモを電子レンジや蒸し器などで蒸します。
電子レンジならサッパリと、蒸し器ならねっとりとした食感になります。

2.枝豆はサヤから出して、ボウルに移しておきましょう。

3.サツマイモを皮ごとざっくり潰し、枝豆を混ぜ合わせます。

4.枝豆の塩加減を見ながら、全体に塩を混ぜていきましょう。

5.最後にゴマをかければ完成です。

金ゴマとサツマイモのサラダ

 

黒ゴマ入りパンケーキ

風味が強い黒ゴマを使った、カロリー控え目のパンケーキです。
香りが良いのでパンケーキの自然な甘みが強調されます。
卵や砂糖を使わないパンケーキなので、弱火で焼けばほとんど失敗しませんよ。

 

材料:1人分

・黒ゴマ
大さじ1.5杯

・小麦粉
60g

★ヨーグルト
小さじ2杯

★牛乳
大さじ1杯

★塩
ひとつまみ

 

作り方

1.テフロン製のフライパンを用意し、30秒程度中火で温めます。

2.小麦粉をボウルに入れ、泡だて器などでダマを潰していきます。

3.小麦粉に★と黒ゴマをよく混ぜていきます。
水分が多すぎるようなら小麦粉を少しずつ加えてください。

4.温めたフライパンに3の生地を流し入れます。

5.弱火で5~10分加熱し、裏返してさらに5分弱火で焼きます。

6.両面がきれいに焼けたら完成です。

7.お好みでフルーツなどを添えて召し上がってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.