> >

ビタミンCの宝庫!キウイフルーツを使ったダイエットレシピ2種

南国風オムレツ
 
甘みと酸味のバランスも良くとても美味しい上に、ビタミンCの含有量はレモンやみかんよりも多い!という非常に優秀なフルーツが、キウイフルーツです。

今回はキウイフルーツをダイエットレシピに活用する方法をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

 

正しくダイエットを続けていくのにスポーツは欠かせません。
ウォーキングや水中歩行などの軽いスポーツでも良いので、とにかく毎日少しずつ体を動かすことが大切です。

そして、スポーツをダイエットに取り入れることと同時に必要なのが、体内にビタミンCを吸収させていくことです。

汗や尿と一緒に排出されてしまうビタミンCを補うためには、毎日少しずつ摂取していかなければいけないのです。

 

キウイフルーツの特徴

このように、スポーツとダイエット&スポーツとビタミンCは密接に関わり合っているため、ダイエット期間中にはいつもに増して、ビタミンCの含まれている食材について覚えておくと良いでしょう。

キウイフルーツは、その点でとても優秀なフルーツです。

甘酸っぱく少しの手間もかけずに食べられ、一個当たりのカロリーが程よくおやつ代わりにもできるキウイフルーツならば、野菜で必死にビタミンCを摂るよりもさらに楽しく食べていけるからです。

ちなみに大きめのキウイフルーツでも、可食部分のカロリーは一個約60kcal弱。
原料の素材などが不明瞭なサプリメントにお金をかけるよりも、天然のビタミンCを美味しく摂取できるキウイフルーツに軍配が上がるのではないでしょうか。

 

キウイフルーツの栄養価

キウイフルーツはフルーツの中でもトップレベルに入るほどビタミンCの多い食材ですが、他にもダイエットに役立つ成分が含まれています。

 

ビタミンC

食べられる箇所で考えた場合のビタミンCの含有量はイチゴやレモンをしのぐほどとさえ言われています。
身体の正常な機能を助けるために必須のビタミンCを吸収することで、ダイエットに必要な身体の基礎ができてきます。

 

ビタミンE

抗酸化作用で知られるビタミンEは、ビタミンCとの相乗効果で美肌づくりや免疫力アップに効果を発揮します。
ダイエット中の肌の衰えが気になる方には特にお勧めです。

 

クエン酸&リンゴ酸

甘みと酸味の素となっているのがこの二種類の成分です。
これらの成分は疲労回復に効果がある成分ですから、ダイエット中に倦怠感を感じやすい方や、食事制限や運動を頑張り過ぎて疲れてしまった方はぜひ摂取して欲しい成分です。

 

アクチニジン

タンパク質の分解を進めてくれる成分です。
肉や大豆、魚などのタンパク質が多い食材を効果的に吸収させるのに活用してみましょう。
例えば肉や魚の味噌漬けやしょうゆ漬けなどにキウイを加えてみると、そのまま漬け込むよりも身がほどよくやわらかくなり、安い素材でもジューシーな味わいになります。

 

キウイフルーツ選びのポイント

キウイフルーツは買ってすぐに食べることの方が多いので、食べごろのものを選びましょう。

 
●軽く押してみたときに程よいやわらかさがあるもの
●うぶ毛が均等に生えており、まばらで無いもの

 
これが食べごろのサインです。
まだ固いようならば、リンゴやバナナと同じ場所に置いておくと良いでしょう。追熟が進み、数日でやわらかくなりますよ。

 

キウイフルーツ料理のポイント

ビタミンCとの相性が良いビタミンEの多い食材、または、良質なタンパク質を豊富に含んだ食材と併せて食べると、キウイフルーツの良さがより際立ちます。

(ビタミンEを含む食材)
かぼちゃ・さつまいも・しそ・トマト・アボカド・ブルーベリーなど

(タンパク質を含む食材)
大豆製品・魚全般・チーズ・ヨーグルト・ササミ肉・豚肉など

 
もちろんそのままでも十分美味しいのですが、熟し過ぎてしまったものやマンネリ化してしまった場合には上記のような食材を組み合わせてみましょう。

それではレシピのご紹介です。

 

南国風オムレツ

アミノ酸スコアが100という優れたタンパク質で構成されている卵との組み合わせが面白いダイエットレシピです。
キウイフルーツの甘みとトマトの酸味、卵のコクが上手くマッチした美味しいダイエットメニューですよ。
美味しく食べながら、効率の良いタンパク質吸収が見込めます。

 

材料:約4人分

★卵
3個

★牛乳
大さじ2杯

★塩
ひとつまみ

★黒コショウ

・オリーブオイル
大さじ1杯

・キウイフルーツ
1個

・トマト(固めのもの)
中1個

・ピーマン
1個

・ケチャップ
お好みで

 

作り方

1.★をよく溶いておきましょう。

南国風オムレツ

フライパンにオリーブオイルを引き加熱し、よく溶いた★を一度に流し込みます。

2.中火~強火にし、軽くかき混ぜながら半熟程度に固まるまで熱します。

3.オムレツ程度に固まったら、上に切ったキウイとトマトを載せます。

南国風オムレツ

4.卵で具材を包めば完成です。

5.付け合わせのピーマンを飾り、お好みでケチャップをかければ完成です。

南国風オムレツ

 

ゴマとキウイのドレッシング

ビタミンE以外の強い抗酸化作用(セサミン・セサミノールなど)を持つゴマと併せることで、キウイフルーツの抗酸化作用の効果がより高まります。
ポイントはすりゴマを使うこと。
ゴマの抗酸化作用を引き出すには、すりゴマにして皮に閉じ込められた成分を身体に吸収しやすくすることが大切です。

 

材料

・キウイフルーツ(やわらかめのもの)
1個

・すりゴマ(自分ですってもOK)
大さじ2杯

・お酢
小さじ2杯

・しょうゆ
小さじ2杯

・オリーブオイル
小さじ1杯

・玉ねぎ
4分の1個

 

作り方

1.全てをミキサーやフードプロセッサーなどで撹拌するだけでできあがりです。

2.肉料理などのメインディッシュに合います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.