> >

ダイエットお助け食材キャベツのレシピ:濃厚スープ&カレーサラダ♪

キャベツとさつまいもの濃厚スープ
 
世界中で多様な料理に使われているキャベツに注目してみました。

普段から食卓の常連となっているキャベツですが、キャベツの特徴を知ると、ダイエットにもますます活用してみたくなりますよ。

それではご覧ください。

スポンサードリンク

 

キャベツの特徴

(1)甘み

キャベツの特徴は、第一に甘みがあることだと言われています。

実際にキャベツには、甘みの素として知られるブドウ糖が多く含まれています。
ブドウ糖はそれ自体が甘みの代表格として知られているように、キャンディーやタブレットなどにも使用されていますね。

それに加えて、キャベツに含まれる”含流化合物”という香り成分も甘みをつくりだす素になっています。
実のところ、含流化合物とはキャベツを生で食べたときに感じる辛い味の源にもなっています。
これはブドウ糖とは異なりそのままでは辛いだけの成分ですが、加熱調理することで、含流化合物も甘い味をつくりだす物質に変わります。

この二つの物質のお陰で、わたし達にはキャベツの甘みが感じられるようになっていました。

このように、キャベツは低カロリーな葉物野菜であるにも関わらず、ダイエット中に欲しくなる甘みを提供してくれる希少なお野菜だということなのです。

 

(2)辛み

上記でも見たように、キャベツには含流化合物という、元々は辛みを出す成分が含まれています。
これもキャベツの特徴のひとつで、レシピ次第ではこの辛みを上手く取り入れることで、ダイエット中の料理のマンネリ化が防げます。

辛みと言ってもほんの少しのものですから、サッパリしたい気分のときなどに程良い味わいとなってくれます。
辛みを活かす料理は、サラダや漬物などキャベツを生食するタイプの料理です。

 

(3)年中食べられる

三月から五月にかけて収穫される春キャベツと、暑い時期に収穫される夏キャベツ、それから冬の時期の冬キャベツと、キャベツはほとんど年中通して食べることができます。

またそれぞれに味や食感の特徴もあり、その時期に最適な食べ方もできるため、調理法を変えながらダイエットを続けていく上でもとても便利です。

 

キャベツ選びのポイント

ダイエットにもキャベツの甘みを活用したいのならば、ぜひ新鮮なキャベツを選んでください。
(キャベツのブドウ糖は時間が経つごとに減ってしまいます)

新鮮なキャベツの見極め方は、春・夏・冬キャベツのそれぞれで異なります。

・春キャベツ・・・葉が巻いていないもの、全体的にふんわりとボリュームのあるもの

・夏キャベツ・・・葉がしっかり巻いているもの、外葉が厚いもの、重たいもの

・冬キャベツ・・・葉がしっかり巻いているもの、表面の色が鮮やかなもの

 
お選びの際は、ぜひ参考にしてみてください。

 

キャベツとさつまいもの濃厚スープ

キャベツとさつまいもはどちらも食物繊維の多い食材です。
どちらも”水溶性食物繊維”という水に溶けやすい食物繊維が豊富なので、血糖値の上昇を抑えて太りやすい体質から遠ざけてくれます。
食物繊維が豊富と言うとサッパリした味をイメージしやすいのですが、このレシピでは塩だけというシンプルな調味料でさつまいもとキャベツの味の濃さが引き立つ上に、加熱で甘みの増すメニューです。
ダイエット=サッパリ食ばかりでは飽きてしまいますので、こういったとろみや濃さの強いスープも取りいれていきましょう。

 

材料:数人分

・キャベツ
4分の1個(約200~300g)

・さつまいも
中1本

・玉ねぎ
4分の1個

・塩
適量

・顆粒コンソメ(お好みで)
小さじ1杯

 

作り方

1.全てを小さめにカットし、大きな鍋に入れて弱火~中火でコトコト煮込みます。
圧力鍋をお持ちの場合も同じように全ての材料を入れ、圧がかかったら弱火で5分加熱してください。

2.柔らかく煮えたら塩を入れて味を整えます。

3.ハンドブレンダーやミキサー、フードプロセッサーなどで撹拌したら完成です。

キャベツとさつまいもの濃厚スープ

 

キャベツとちくわのカレーサラダ

こちらはキャベツの辛みの特徴を活かしたダイエットレシピです。
使用するカレー粉はマイルドタイプよりもスパイシーなタイプのものでお試しください。
キャベツを生食すると口の中がサッパリし過ぎる場合がありますが、ちくわのやわらかな食感がクッション材となり、程良い味わいになります。

 

材料:2~3人分

・キャベツ
3枚

・カラーピーマン
2個

・しめじ
半株

・ちくわ
2本

★ミックスタイプのカレー粉
大さじ1杯

★お酢
小さじ2杯

★砂糖
小さじ1杯

・オリーブオイル
大さじ1杯

・アーモンド
10粒

・塩コショウ
適量

 

作り方

1.大きめの平鍋やフライパンに、ざく切りにしたキャベツと小房に分けたしめじ、一口サイズの乱切りにしたカラーピーマンを入れます。

2.フライパンに分量外の水大さじ3杯を入れて蓋をし、蒸し焼きにします。

3.水分が飛んでキャベツがしんなりしたら、しめじに火が通っているか確認してください。

4.そこに、輪切りにしたちくわと★をよく混ぜ合わせたものを入れて馴染ませます。

5.全体に馴染んだら、オリーブオイルをからませます。

6.皿に盛り、砕いたアーモンドを載せれば完成です。お好みで塩コショウをかけて召し上がってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.