> >

紫の色素が代謝アップに効く!ナスの低カロリーおかずレシピ2種

ピリ辛とろ~りナススープ
 
ここでも何度か紹介しているお野菜にナスがあります。

低カロリーで低脂質、それでいて他の食材との相性も良いナスはダイエットでも普段の食卓でも大活躍です。
今回はそんなナスについての魅力を掘り下げてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

ナスの栄養価

日本国内で、紫色の食べ物と言えば紫キャベツに紫玉ねぎ、紫芋、ブルーベリーなどかなり限られています。

そのような珍しい紫色の食べ物のひとつであるナスがこんなにも身近で手軽に食べられるということは、実はダイエッターにとってもとても幸せな状況なんです。

それは、ナスの紫色に注目すると分かります。

 

ナスニン

ナスの特徴的な色=紫を出しているのは、アントシアニン系色素の”ナスニン”。
ナスニンの効能は、目に鮮やかに映り食卓が楽しくなるばかりではありません。

ナスニンが持つ強い活性酸素抑制力により、肥満で引き起こされる病気の一種(動脈硬化・高血圧など)を予防したりコレステロール値を下げる働きが見られる他、老化を防ぎダイエットが失敗しやすい身体を脱するきっかけともなるとされています。

新陳代謝を良くし身体を綺麗な状態にしておくと、ダイエットが上手くいくことは言うまでもありません。

ローカロリーな反面栄養価に乏しいナスですが、栄養ではなく皮の色素自体に優れた効果があったのです。

 

ナス選びのポイント

できるだけ美味しく新鮮なナスを食べたいならば、次のようなポイントに気を付けて購入してみてください。

 
●表面がへたっておらずハリと艶のあるもの
●ヘタのとげとげが痛いくらいにとがっているもの
●全体が濃い紫色で、まばらな部分が無いもの

 
紫色が大切ということで、色の濃さや美しさで選ぶということを覚えておくと、お買い物のときにも便利かもしれませんね。

ちなみに白ナスという種類のナスがありますが、このナスは色素が紫色、つまりナスニンを含まない種類のため、いくら食べてもアントシアニンの効果は得られません。
白ナスはなめらかな食感でとても美味しいのですが、アントシアニン系のパワーを得たいのならば、ぜひ紫色をしたナスをお選びください。

 

ナス料理のポイント

ナスは油との相性がとても良い食材です。
ダイエット中に回避しがちな油分ですが、適度な油を摂取することは身体内部の機能や肌のハリ艶の維持に必要です。

ナスニンの活性酸素抑制効果を効率良く取り入れて肌を美しく保つためにも、ビタミンEなどの肌に良い栄養が含まれた油と一緒に調理することをお勧めします。

また、このナスニンは水溶性のため、水にさらさないよう気を付けてください。せっかくのアントシアニンが逃げてしまいますよ。

最後に、当然のことながら皮を剥いてしまっては意味がありません。

ということで、

 
●水にさらさない
●適宜、栄養価の高いオイルを使用
●皮ごと使ったダイエットメニューにする

 
という三つのポイントを覚えておきましょう。

それではレシピの紹介に移ります。

 

焼きナスの梅肉和え

このレシピでは、ナスニンの持つ効果のひとつ=血液サラサラ効果を増幅させることで体温をアップし、ダイエット中の運動効果を上げる効能が見込めます。

このレシピで使用した大葉のビタミンEとナスのナスニンは互いに血中のコレステロールに働きかけます。
相乗効果が期待できる良い組み合わせですので、ダイエット中だけではなく普段から食べていただきたいメニューです。

 

材料:2人分

・ナス
1本

・塩
少々

・大葉
5~6枚

★梅肉(種を取り除いて実を叩いたもの)
2個分

★白みそ
小さじ半分

★砂糖
小さじ1杯

 

作り方

1.ナスを1cmほどの厚さで輪切りにし、軽く塩を振ってグリルに並べます。

2.中火で4分、強火で2分程焼きます。
ご家庭の調理器具に合わせて様子を見ながら焼き、焼き目がつくまで加熱してください。

3.その間に大葉を千切りにします。

4.大葉と★をよく混ぜ合わせてタレをつくります。

5.ナスに焼き色が付いたらボウルに入れ、4のタレと絡めます。

6.器に盛ったら完成です。

 

ピリ辛とろ~りナススープ

ナスのもうひとつの魅力である”とろみ”と”刺激に合う味”を楽しむためのレシピです。
淡泊なナスの味は香辛料などの刺激的な味にもよく馴染むので、体温を上げて基礎代謝を良くしたいと思われるダイエッターにも、冷えて痩せにくいと思われるダイエッターにもこのレシピがお勧めできます。
また漢方では、このレシピで使っている鶏肉にも身体を芯から温める働きがあるとされておりますが、内側からぽかぽかと温めることで体温が上がるので、新陳代謝や基礎代謝の上昇が期待できます。

調理のポイントは蒸し煮。
肉の脂があるため、オイルは使用せずに蒸し煮調理方でカロリーダウンします。

 

材料:3~4人分

・ナス
3~4本

・鶏モモ肉
200g

・玉ねぎ
半分

・青菜(ほうれん草や小松菜など)
100g

・輪切り唐辛子
2本分

・生姜
2片

★顆粒中華だし
小さじ2杯

★味噌
大さじ1杯

・塩
適量

・水溶き片栗粉
水:片栗粉=1:1

 

作り方

1.大きめの鍋かフライパンを用意します。
食べやすい大きさに切ったナス、薄切りにした玉ねぎ、電子レンジで2分程加熱した鶏肉、輪切り唐辛子を入れます。

2.分量外の水300mlを入れて蓋をし、中火で加熱します。

3.肉に完全に火が通ったら適当な長さに切った青菜を入れ、灰汁を取ります。

4.青菜がしんなりしたら、生姜をすりおろして混ぜます。

5.★と塩を入れて味付けします。

6.最後に火を止めて、水溶き片栗粉でとろみをつければ完成です。

ピリ辛とろ~りナススープ

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.