> >

体調がイマイチなときのための頑張らないダイエットレシピ2種


 
ダイエット中の効率の良いバランス重視型の栄養摂取にも一理ありますが、体調が良くないときには、体調の変化に合わせたメニューをつくらなければいけないばあいもあります。
そういった場合にはどういったダイエットメニューで乗り切れば良いのでしょうか。

ダイエット初心者のために、栄養バランスを考えながらも簡単に作れサラっといただけるダイエットレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

 

体調の変化が伝えるもの

仕事を頑張り過ぎた日、夏バテ気味の日、ストレスがたまってどうしようもない日……。

一年中元気いっぱいという人は稀で、ほとんどの方は、色々な理由で疲れが出てしまう日がおありだと思います。
特にダイエット初心者の方は体調を崩しやすくなりがちです。

それは前回お伝えしたように初心者ならではの理由が一因となっていますが、頑張っていてもやはり疲れてしまうのが人間です。

そのようなときには無理をしてダイエットを続けてもいけませんし、逆にダイエットを完全に止めてしまうのも良くありません。

体調が悪いときには、身体が何等かのサインを出しているのだと言われています。

自分の身体からのサインは自分でしっかり判断し、身体が求めているものを補給してあげることがダイエットを持続させるためにも大切です。

 

身体からのサインと主な改善方法

身体が出す”休め”のサインとそれぞれの改善方法は以下の通りです。

 

冷え

特に女性に多いのがこのサインです。
行き過ぎた偏食を中心としたダイエットや、特定の商品ばかりを飲食し続けるダイエットをしていると冷えを感じやすくなります。
この解決法は、当然ながら食のバランスを取っていくことになります。

また運動不足が原因となっていることもあり、
その場合は身体を温める食べ物やスポーツ前後の身体のケアができる食材を取り入れることが望まれます。

 

めまい、たちくらみ

酷い場合には脳の疾患や耳の異常、高血圧のおそれもあるとされていますが、軽度なら冷えと同じく偏食や不規則な食生活なども原因となっています。
細く華奢な人だけではなく、ダイエットを始めたばかりの人でも食生活の態度が悪いとこのサインが表れます。

軽い運動を行いながら、自分の体重に見合ったカロリーの食事を摂取することが肝心です。

 

目のくま

貧血や寝不足がサインとなって表れると、目にくまができることがあります。
睡眠導入に良いトリプトファンなどの栄養成分の含まれた食材を取り入れ、すぐに休息するべきです。

 

吹き出物、大人ニキビ

ストレスからできるものと、アレルギー物質など外部の要因によるもの、ダイエット中では便秘やビタミン不足が考えられるため、食物繊維やビタミンB群などの含まれた食材を使って料理しましょう。

 

ダイエットをしていない人でも以上のようなサインは表れますが、ダイエットをしているみなさんはとりわけ注意が必要です。

それでは、それぞれのサインに見合った食材を使用したレシピをご紹介します。

 

あさりときゅうりのからし和え

あさりは低カロリーな上に鉄分が豊富な食材のひとつです。
一本が約15kcalという低カロリー食品の代表であるきゅうりと混ぜ合わせれば、ヘルシーで鉄分がすぐに吸収できるメニューができますよ。
鉄分不足が気になる方、立ちくらみや冷えでお悩みのダイエッターはぜひどうぞ!

 

材料:1人分

・あさり
10粒

・きゅうり
1本

・塩
適量

★からし
小さじ半分

★白みそ
小さじ半分

★砂糖
小さじ1杯

★お酢
小さじ1杯

 

作り方

1.きゅうりは板ずりしてさっと水で洗い、薄い輪切りにします。あさりは砂抜きしておきます。

2.砂抜きされたあさりを沸騰したお湯に入れて口を開きます。粗熱が取れたら中身を取ります。

3.★を全て混ぜ合わせ、きゅうりとあさりを和えたら完成です。

 

ダイエット版うなぎの八幡巻き風

伝統的な日本料理のひとつですが、とても簡単につくれるようアレンジします。
うなぎのビタミンB群は非常に多いため、ダイエットをする度にストレスを感じてしまう方やふきでものができてしまうという方には、とにかくうなぎを使った料理をお勧めします。
このレシピでは、食物繊維の含まれたごぼうによって便通も良くなります。

 

材料:2人分

・市販の蒲焼うなぎ
1尾分

・ごぼう
1本

★だし汁
100ml

★しょうゆ
小さじ1杯

★酒
小さじ1杯

★本みりん
小さじ2杯

 

作り方

1.まずはごぼうを煮ます。小鍋に★を全て入れましょう。

2.ごぼうを半分に切り、★を入れた小鍋に入れましょう。

3.火にかけて、ごぼうがやわらかくなるまで煮ましょう。
(タレは少しだけ取っておきます。)

4.ごぼうが煮えたら粗熱を取ります。

5.うなぎの蒲焼にごぼうを置き、隙間が無くなるようらせん状に巻きつけていきます。

6.3で残したタレをうなぎに付け、フライパンやグリルなどで軽く温めます。
(目安はタレの香りが立つくらいです。)

7.うなぎがしっかりごぼうに巻き付いたら完成です。最後に、一口サイズに切ればできあがり。
お好みで、ゆずこしょうやからしを付けて召し上がってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.