> >

効能豊かで低カロリー!れんこんを使うダイエットレシピ2種

梅れんこんとチーズのサラダ
 
古くから食べられてきている食べ物や、生薬に用いられてきた食材には、現代のわたし達にも役立つ効能が秘められている場合が少なくありません。
またそれは単に健康維持として使えるだけではなく、ダイエットとしても使用できることが多いのです。

今回はそのような食材のひとつ、れんこんについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

れんこんの特徴

調理のしやすさや味のなじみやすさなどから、近年では西洋ニンジンや大根の方が好まれがちです。

しかし、一説で奈良時代から生薬としても用いられてきたというれんこんには、使い勝手の良さや保存効率を上回る健康食&ダイエット食材としての魅力があります。

例えば生薬として、胃を保護したり風邪を予防するといった使われ方がなされていました。

これは額面通りに受け取れば、”れんこん=風邪に効く”というだけにも思えますが、一方で、薬の無い時代でも風邪や胃を守るために使われてきたほどの栄養価があるのだ、ということが分かるのです。

そしてその高い栄養価は、一概に健康維持に使用できるだけではなく、ダイエットの効率を上げるためにも活用することができます。

 

れんこんの栄養価

実際に、れんこんには次のような栄養価が含まれています。

 

ビタミンC

身体の錆びつきを防ぐビタミンCが含まれています。
基礎代謝をアップし、体脂肪を燃やしやすい身体となるためにも、普段からビタミンCを摂取したいものです。

 

ビタミンB1

この成分はエネルギーの代謝を良くするため、ダイエット中は特に注目すべき成分だと言われています。
ビタミンB1の吸収率を高める食材と組み合わせることをお勧めします。

 

タンニン

ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持っています。
この成分により、生薬として用いると胃に働きかけると考えられているようですが、ダイエットではこの抗酸化作用の働きで新陳代謝の上がる身体づくりを目指します。

 

ムチン

れんこんを切ったときの粘りの正体がムチンです。
これもタンニンと同じく胃を保護する役割を持っていますが、それに加えてムチンは人体の活力の源にもなります。
ダイエットと言えども低カロリーな食材ばかりでは普段の生活に差しさわりが出てきてしまいます。
そのようなときに、ムチンを含んだれんこん料理を食べてみるのも良いでしょう。

 

れんこん選びのポイント

●重く太いもの
●変色しておらず白っぽいもの(ただし漂白してあるものは避ける)
●穴の中がきれいなもの

 
通常よく見かけるれんこんは、上記の通り、白く表面もきれいなものを選ぶと新鮮なれんこんが食べられます。

※しかしれんこんにも多様な種類があるため、黒っぽく土っぽいものほど良いれんこんだとされていることもあります。
珍しいタイプのれんこんを見かけた場合には、注意書きを読むなどして判断しましょう。

 

れんこん料理のポイント

●梅雨の時期から秋口まで出回る新れんこんは水分含有量が少なくあっさりしているため、サラダやチャーハンなどに入れると良いでしょう。

●冬に出回るれんこんは粘り気も多く食べごたえ抜群なので、煮物などに使用します。

サラダも煮物も野菜ひとつで美味しくなる料理ですから、全体的に低カロリーで済みます。
冬だけの根菜と思わず、年中通してれんこんを使ったダイエット料理を多用してみましょう。

 

梅れんこんとチーズのサラダ

ビタミンB群を含むれんこんを使えば、チーズに含まれるタンパク質の吸収を良くしてくれます。
酸味とコク、パリパリとした食感がマッチして、ダイエット食とは思えないほど美味しくなりますよ。

 

材料:3~4人分

・れんこん
150g~200g

・梅干
2個(大きめ1個)

・けずり節
適量

・ナチュラルチーズやカッテージチーズが望ましい
30g~40g

 

作り方

1.れんこんを薄切りにし、沸騰したお湯で1~2分くぐらせます。
食感が残るよう、茹で過ぎに注意してください。

2.梅干を包丁で刻み、れんこんとよくからませます。

3.けずり節も加えて和えます。

4.最後にチーズを加えれば完成です。

梅れんこんとチーズのサラダ

 

れんこんたっぷりチャーハン

れんこんと白滝(糸こんにゃく)をたっぷり使用した”ファイバーチャーハン”です。
お米の良質なエネルギーを体内に、余分なものはれんこん&白滝の食物繊維できれいに排出しましょう。これがダイエットの基本です。
お腹いっぱいにするために白滝を1袋使用していますが、小食の方は調整してみてください。
どちらにしても低カロリーなので安心ですよ。

 

材料:1人分

・残り物のご飯
1人分

・れんこん
40g

・白滝(糸こんにゃく)
1袋

・パセリ(乾燥でも生でも可)
適量

・鶏ひき肉
30g

★生姜すりおろし
1片分

★にんにくすりおろし
1片分

★ウスターソース
小さじ2杯

★しょうゆ
小さじ1杯

・ごま油
小さじ1杯

 

作り方

1.★を合せておきます。

2.フライパンにごま油を引き、刻んだパセリと小さく切ったれんこん、鶏ひき肉を入れて炒めます。

3.肉に火が通ったら、さっと洗った白滝を入れてよく加熱します。
白滝はカットしておくと便利です。

4.れんこんが程よい硬さになり、全体の水分が飛んだら、ご飯を加えて炒めましょう。

5.★を入れ、全体によくからめたら完成です。

6.お好みで、塩コショウで味つけしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.