> >

幅が広がるダイエットレシピ♪パスタの種類 使い分け講座

ニョッキ+きなこはちみつ
 
数回に分けてパスタを使ったダイエットレシピを紹介しています。
今回は世界中で何百種類もあるパスタについて、それぞれの特徴や料理のポイントについてご紹介したいと思います。

パスタが好きな方も、バランスの良い食生活のためにパスタを使いたいと思われる方も、ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

 

わたし達が普段目にすることの多いパスタは、マカロニやペンネ、スパゲッティ、ラザニアなど、せいぜい10種類までが限度ではないでしょうか。

しかし世界中では、約500種類から600種類ものパスタが存在しているようです。
さらに、パスタの本場イタリアでは、毎年のように新しい種類のパスタが製造&開発されていると言われています。

そのように市場に流通するパスタだけでもものすごい種類になりますが、それに加えて、パスタを主食とする地域では家庭ごとにオリジナルのパスタがあることも知られています。

その全てを食べ比べするのも面白そうですが、ここはひとまずダイエットの基本のひとつ”続けやすさ”を考慮し、インターネット通販やスーパーで手に入る程度の種類に分けて、ダイエットレシピに使えるおススメのパスタを見ていきたいと思います。

 

パスタの種類と特徴

ロングパスタ

わたし達に一番馴染みがあると言っても過言では無いのが、スパゲッティを代表とするロングパスタです。
ロングパスタだけでも種類は多岐に渡りますが、スパゲッティやスパゲッティーニ、フェットチーネ、フェデリーニなら耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

これらロングパスタは、ダイエット中の一人分の目安70g~100gでも、長時間かけて水分を含ませているため腹もちの良い食感になるため、主食としてしっかりと満腹になるまで食べたいときにお勧めです。

 

ショートパスタ

見慣れているマカロニやペンネ以外にも、”耳たぶ”や”貝殻”を模したもの、車輪やイタリアにある火山の形をしたものなど、見ているだけで面白い種類が数多くあるのがショートパスタの魅力です。

グラタンや濃いめのソースとあわせることの多いショートパスタですが、サラダやスープにそのまま入れるなどして、ヘルシーに使用すると良いでしょう。

 

その他のパスタ

よく知られているものにラザニアがあります。
その他にも、パスタ自体に詰め物をする仕様になっているパスタや、パリパリと折って使うパスタ、また、リゾーニという名前で米粒にしか見えないようなパスタも存在します。

料理が苦手な方がダイエット中の主食にするにはカロリーの点で心配ですが、いつもの野菜スープやヘルシーなお粥のトッピングにすると、満足感の上がるダイエットレシピになりますよ。

 

生パスタ

レストランに行かないとなかなか食べる機会のない生パスタですが、ニョッキなどのパスタのように、製麺機がない家庭でも簡単につくられる生パスタをつくってみるのも楽しいかもしれません。

生パスタと乾麺とは見た目やカロリーが異なりますので、乾麺と同等の量を食べないように注意しましょう。

 

手づくりパスタ – ダイエット仕様さつまいもニョッキ

製麺機が無くてもつくれる手づくりのパスタを使います。
一度つくり方を覚えてしまえば、いつものスープに入れるだけorいつものソースをかけるだけorいつものサラダと和えるだけで簡単にメニューを豪華にすることができますよ。
量によって、メインとしたり添え物として考えることができます。
さつまいもを使用するため、卵を使用しなくてもまとまりやすく調理しやすいニョッキになります。

 

材料

・薄力粉
75g

・さつまいも(蒸したもの)
350g

★塩
ひとつまみ

★粉チーズ
小さじ2杯

 

作り方

1.さつまいもを、簡単につぶせる程度まで蒸します。(電子レンジ使用の際は、さつまいもが乾燥しないように注意!)

2.ボウルにさつまいもを入れてマッシュします。

3.粒がなくなったら、ふるった薄力粉と★を入れて木べらなどでさっくり混ぜ合わせましょう。(カードがあると便利です)
ここで、あまり捏ねないよう気を付けましょう。

4.まとまりにくければ、薄力粉を少しずつ足しながら様子を見てください。

さつまいもニョッキ

5.生地がまとまったら、生地を棒状に伸ばします。

6.2cm間隔程度に切り分け、沸騰したお湯に入れていきます。

さつまいもニョッキ

7.約1~2分でニョッキが浮き上がってきたらざるに上げ、完成です。
大量につくりたい場合には、冷蔵庫で2~3日保存可能であることを覚えておくと良いでしょう。

ニョッキ+カレーソース
ニョッキ+カレーソースで主食代わりに

ニョッキ+きなこはちみつ
ニョッキ+きなこはちみつでデザート風に

 

ショートパスタと大葉のサラダ

大葉を使ったジェノバソースが有名ですが、このレシピでは大葉をソースにするのではなく、かさ増し&食感を良くして噛み癖をつけるためにそのまま用います。
このレシピで紹介した野菜以外にもお好きな野菜を使ってみるのも良いですね。

 

材料:2~3人分

・ショートパスタ(マカロニやファルファッレなどお好みで)
100g

・大葉
10枚程度

・じゃがいも
小1個

・サラダ菜などの葉物野菜
3~4枚

・にんにく
2片

★アンチョビ(刻んでおく)
3枚分

★粉チーズ
大さじ2杯

★しょうゆ
小さじ1杯

・塩コショウ
適量

 

作り方

1.パスタを茹でておきます。

2.にんにくを細かくみじん切りに、大葉はざっくりと切ります。
サラダ菜は綺麗に洗い、一口サイズにちぎっておきます。

3.じゃがいもを電子レンジで加熱し、お好みのやわらかさになったら少し冷まして、サイコロ状に切ってください。

4.ボウルに★と2、3の野菜を入れてよく和えます。

5.水気を切ったパスタも加え、全体にからませましょう。

6.最後に塩コショウで味を整えたら完成です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.