> >

大満足間違いなし!低カロリー青椒肉絲【ダイエットおかずレシピ】

低カロリー青椒肉絲
 
ピーマンは、中南米が原産のナス科の野菜で、唐辛子の一種です。日本に入ってきたのは明治時代ですが、広く栽培され、食卓に並ぶようになったのは戦後になってからです。

ピーマンと言えば、子供の嫌いな野菜の代表選手ですね。
ピーマン独特の苦みが、子供や野菜嫌いの人に嫌われる原因でしょう。でもピーマンの苦みはお肉との相性がよく、味を引き立ててくれます。鮮やかな緑は、お料理に彩りを添えてくれますね。

スポンサードリンク

 
彩りと言えば、最近はパプリカも値段が安くスーパーでも普通に売られるようになり、お料理に登場する回数も増えてきました。パプリカには、赤、黄色、オレンジがおなじみですが、緑色のパプリカもあります。緑と赤のパプリカは同じ種類のものです。緑色のパプリカが熟して赤くなったものが赤色のパプリカです。黄色やオレンジ色のパプリカは、赤と緑のパプリカとは少し種類が違います。パプリカは苦みがマイルドで、サラダに入れて生で食べてもおいしいですね。

 

ピーマンの栄養素

ピーマンは緑黄色野菜で、ビタミン類が豊富に含まれています。

 

ビタミンC

ビタミンCは水溶性のビタミンで、強い抗酸化作用があります。悪玉コレステロールがさび付いてできる酸化脂質の発生を抑える働きもあります。ビタミンCはコラーゲンの生成に関わっています。コラーゲンは、細胞と細胞をつなぎ合わせる働きを持っています。コラーゲンはお肌のハリには欠かせませんが、お肌だけでなく、骨や筋肉、血管など、身体のあらゆる部分の健康に欠かせないものです。

このような働きによって、ビタミンCは体の老化を予防し、美白や美肌効果があり、免疫力を高め、ストレスを和らげてくれます。そのほか、白内障予防や、鉄分を吸収しやすくすることで貧血の予防にも役立っています。

 

ビタミンP

ヘスぺリジンと呼ばれ、ポリフェノールの一種です。柑橘類に多く含まれ、特に柑橘類の皮に含まれているヘスぺリジンは吸収されやすいといわれています。熱に弱く、酸化しやすく、熱を加えたり空気に触れたりすると、変性してしまいます。

ビタミンCの吸収を助ける効果や、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。末梢血管を強くし、血行を良くするため、血流を改善し、冷えを予防し、高血圧を改善します。花粉症や、生活習慣病、骨粗鬆症の予防にも役に立つ栄養素です。

 

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンで、油によくとける性質を持っています。目の健康や、皮膚の健康に役立つことで知られています。とくに、皮膚の粘膜を病原体から守り、健康を保ちます。逆に、ビタミンAが足りないと、目の潤いが無くなり、お肌がカサカサしてきます。そのほかにも、動脈硬化やがんの発生を予防する効果があります。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は疲労回復のビタミンとして知られています。ご飯などの主成分である糖質を分解し、素早くエネルギーに変えてくれるビタミンです。脳は糖をエネルギーとして働いているので、ビタミンB1は脳の働きをよくする効果があり、アルツハイマー病の発症を予防する働きもあります。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は、美容と発育のビタミンと呼ばれています。炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進し、エネルギーに変える働きを持っています。特に、脂質の代謝を活発にしてくれます。そのため、糖尿病などの生活習慣病を予防し、ダイエットの効果を高めてくれます。

 

ビタミンD

ビタミンDはカルシウムが骨に沈着するのを助ける働きがあります。そのため、丈夫な骨作りには欠かせません。

 

鉄分

鉄分は75%が赤血球をつくるために使われます。そのため、貧血を予防するのには欠かせない栄養素です。

 

カルシウム

骨や歯の成分となります。丈夫な骨や歯を作るのには欠かせない成分です。

 

ビタミンたっぷり!の美肌野菜ピーマン

ピーマンは美肌にとても効果的な食品です。野菜の中ではずば抜けた量のビタミンCを含み、その働きを助けるビタミンPも含まれています。肌の粘膜を丈夫にするビタミンAも豊富です。ピーマンを食べると、コラーゲンたっぷりな健康的で、シミやシワのない美しい肌を手に入れることができそうです。

 

摂ったカロリーを即燃やすピーマン

ピーマンには、ダイエットの味方のビタミンB1、ビタミンB2が豊富に含まれています。炭水化物や糖質をエネルギーに素早く変えてくれる効果があるので、おいしく食べたお食事のエネルギーをいち早く燃やしてくれます。

 

低カロリー青椒肉絲

材料(4人分)    カロリー約180kcal

ピーマン          4個
竹の子(水煮)      80g
もやし          1袋
牛肉(赤身)       100g
にんにく         1片
生姜           1片
胡麻油         大さじ1
片栗粉        小さじ1
水           180ml

A 醤油         小さじ1
 酒          大さじ1
 みりん        大さじ1
 鶏がらスープの素   小さじ1
 オイスターソース   大さじ2

 

作り方

1. 牛肉を細切りにし、酒小さじ1、醤油小さじ1をもみ込む。

2. ピーマンと竹の子の水煮を細切りにする。生姜とにんにくをすりおろす。

3. 片栗粉を水に溶かし、調味料Aを合わせておく。

4. フライパンに胡麻油を熱し、生姜とにんにくを炒める。

5. 牛肉を炒め、火が通ったらピーマン、もやし、竹の子を入れて炒める。

6. 調味料Aを入れて炒め、水溶き片栗粉を入れて炒め合わせる。

低カロリー青椒肉絲

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.