> >

あさりのダイエットレシピ「あさりとエビのパエリア」「あさり丼」

あさりとエビのパエリア
 
日本の食卓でもおなじみの貝、あさりは、ダイエットに熱心な方もそうでない方も、誰でも簡単に調理できる上に栄養価が高いという秀でた点があります。

では具体的にはどのようなダイエット効果があるのか。
ご一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

あさりの特徴

子どものときに潮干狩りをされた方も多いのではないでしょうか。
そこから分かる通り、あさりは海の浅い砂地に生息しており、漢字では”浅利”と書くのが通常です。

潮干狩りからも分かる通り昔から身近な食材だったあさり。
国内に綺麗な浅瀬が多かった時代にはほぼ国産のあさりが流通していましたが、現在では中国などからの輸入もののあさりも増えてきています。

産地によって貝殻の色や形が異なるため、知っておくと便利かもしれません。

 

あさりの栄養価

ダイエット中の鉄分補給に、たくさん食べたい日の我慢対策にと、多くの場面で推奨されているあさりですが、実際にはどれほどの栄養成分が含まれているのでしょうか。

 
●鉄分
可食部を100gとしたときに、あさりの鉄分は3.8mg含まれています。
成人の鉄分摂取目安量を軽々超える量の鉄分ではありませんが、低カロリーであることを考慮に入れると、非常にダイエットに適した鉄分入り食材ということが分かります。

 
●ビタミンB12
鉄分と併せて摂取したい成分に、ビタミンB12があります。
これは、赤血球をつくる作用のある成分であるため、鉄分との相乗効果で貧血予防にも効果があります。

 
●ビタミンB2
疲労回復効果や新陳代謝を上げる効果で知られるのがビタミンB2という成分です。
ダイエットにはビタミンB群が必須だとさえ言われますが、ビタミンB群はほとんどが高カロリーな食材に含まれています。
あさりはその中でも低カロリーであるため、ダイエットにビタミンB群を補給する目的で使用するためにはとても使いやすい食材となります。
ダイエット中の肌を美しくキープしたいと思われる方にお勧めできます。

 

あさり選びのポイント

●できるだけ殻が大きいもの
●口が閉じているもの

 
あさりは、貝殻の大きいものほど中身もふっくらとしていて美味しいので、同じ値段でもできるだけ貝殻が大きいものを選んで購入すると良いでしょう。

 

あさり料理のポイントは砂抜きにあり!

基本中の基本ですが、しっかり砂抜きをすることが大切です。

※砂抜き方法・・・水1Lに対し塩大さじ1杯を目安とした塩水にあさりを入れ、冷暗所で3~4時間ほど浸しておく。
※とは言え、近年のものは砂抜き済のものも少なくありません。

 
旬は3月から梅雨の直前までですが、技術が発達しているため1年中手に入ります。
鉄分やビタミンB2などのダイエット成分を安価に&大量に摂取するのにちょうど良い食材ですから、ぜひ見かけたら購入してみましょう。

それでは、レシピの紹介に移ります。

 

あさりとエビのパエリア

本場のパエリアのようにオイルたっぷりのものも美味しいですが、あさりのダシが出るので、オイルを入れなくても十分に美味しくなります。
本来は生米をパエリア鍋で炊きますが、炊飯器でサフランライスを炊き、簡単につくってしまいましょう。

 

材料:1皿分

・あさり
10~20粒

・エビ
10匹

・ブロッコリー
3分の1個

・米
2合

・サフラン
適量

・トマト缶
200g

・塩コショウ
適量

・レモン汁
大さじ1杯

・白ワイン
30ml

・生姜
1片

 

作り方

1.まずは、サフランの色出しをしておきます。
ぬるま湯にサフランを浸し、15~20分ほど放置。すると黄色いサフラン水ができます。

2.お米を研いだら、1のサフラン水を入れてかき混ぜます。
炊飯器にセットし、2合分になるよう残りの水(分量外)を入れてください。

3.エビは頭と殻を取り除きます。

4.フライパンにエビと砂抜きしたあさり、白ワインを入れます。
蓋をして、あさりの口が開くまで加熱しましょう。

5.あさりの口が開いたらすぐにエビとあさりを取り出します。
フライパンに残った煮汁に、トマト缶を入れましょう。

6.トマトを熱し、ふつふついいだしたらレモン汁と塩コショウで味付けします。

7.火を止めて、そこへ再び5のあさりとエビを入れてください。ソースと絡めておきましょう。

8.サフランライスが炊けたら皿に移します。

9.7をサフランライスに混ぜます。
別茹でしておいたブロッコリーを載せ、お好みで生姜を刻み入れれば完成です。

あさりとエビのパエリア

 

あさり丼

あさりの身をたっぷり使った、鉄分補給のためのダイエットレシピです。
ほうれん草と一緒にあさりを煮ることであさりのうま味や香りが移ります。
レバーが苦手なダイエッターの鉄分摂取には、ぜひあさり&ほうれん草という組み合わせをお試しください。

 

材料:1杯分

・あさり
10粒

・ほうれん草
2束

・水
100ml

・ご飯
1膳

・生姜
1片

★しょうゆ
小さじ1杯

★酒
小さじ1杯

★砂糖
小さじ1杯

 

作り方

1.鍋に、砂抜きしたあさりとほうれん草を入れます。
水を入れ、蓋をして加熱しましょう。

2.あさりの口が開いたら、あさりとほうれん草を取り出します。

3.強火で加熱し、水分が少なくなったら★を全て入れて煮詰めます。

4.水分が飛んだら2と刻み生姜を戻し、タレと絡めます。

5.ご飯にかけたら完成です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.