> >

きれい痩せのための優秀食材「鶏肉」のダイエットおかずレシピ

鶏手羽先とトマトのダイエットスープ
 
普段の食卓に上がるお肉といえば、鶏肉、豚肉、牛肉の3種類があります。
今回はこれらの中から鶏肉を取り上げ、ダイエット中のメニューに取り入れるならどのように料理をすれば良いのかをご紹介することにしましょう。

スポンサードリンク

 

鶏肉の魅力

鶏肉の魅力は安くて低カロリー、そして何と言ってもコラーゲンが豊富に含まれているお肉だということです。

単純に100g分のカロリー(モモ肉部分)を比較してみても、

 
●牛肉・・・約240kcal
●豚肉・・・約180kcal
●鶏肉・・・約116kcal

 
一番高カロリーな牛肉の約2分の1のカロリーであるということが分かります。

それに加えて、鶏肉は弾力性があるため食べたときの満足感も違います。
牛肉を100g食べる際にはほとんど一口でサラっと食べ終わってしまうのと異なり、鶏肉は100g食べるというときに、満腹中枢が刺激されるだけの時間がかかります。

ダイエットではよく噛む習慣をつける必要もありますが、その面から考えても鶏肉にはダイエッターが惹かれる魅力があると言えるでしょう。

ちなみに弾力性のある鶏肉は

 
●消化吸収が良い食材
●身体を温める食材

 
として、漢方や薬膳の世界でも重宝されています。

体調が優れない日には「食べなければカロリー減るから食事はいらない」と安易に考えるのではなく、
こういった食材を利用してみることで、体調が戻った後のダイエットを維持する上で助けになりますよ。

 

鶏皮もときにはあえて食べてみましょう

鶏肉にコラーゲンが豊富に含まれているのは本当ですが、そのコラーゲンのほとんどが肉ではなく皮の方に多く含まれています。

ダイエット料理と言えば「鶏皮を捨てましょう」と指示される場合が多いのですが、

 
●1日換算で油をあまり摂取していない日
●顔に疲れが出ている日
●スポーツをいつもより頑張った日

 
には、敢えて鶏皮も美味しくいただいてしまいましょう。

市販のコラーゲンドリンクやサプリメントを飲んでしまうより、食材から摂取する方が健康にも美容にも良いことは言うまでもありません。

もちろんムネ肉やササミ肉をメインに使う方がカロリー計算上では望ましいですが、長くダイエットを続けていくためにこういった部位とも上手く付き合えると良いですね。

 
それではレシピ紹介に移ります。

 

さつまいもと鶏ムネ肉の甘煮

加熱しても壊れにくいビタミンCと抗酸化作用が含まれているさつまいもで美肌効果が期待できるレシピです。
鶏のムネ肉でヘルシーに動物性食材由来のうまみを出し、しっかり味わえる一品となりますよ。
さつまいもの甘み次第で、みりんの量を調節してみてください。

 

材料:約2人分

・さつまいも
中1本

・鶏ムネ肉
150g

・人参
3分の1本

・しょうが
1片

・だし汁
300ml

★料理酒
大さじ1杯

★しょうゆ
大さじ2杯

★本みりん
大さじ1杯

 

作り方

1.さつまいもと人参は一口大に切り、耐熱容器に入れて柔らかくなるまで電子レンジ加熱しましょう。

2.鶏ムネ肉も一口大に切り、電子レンジで2分ほど加熱します。

3.だし汁にムネ肉を入れ、中まで火が通るまで中火で煮ます。

4.火が通ったら1の野菜と薄切りにしたしょうがを加えます。

5.だし汁が3分の1程度まで減るまで煮詰め、最後に★を加えてさらに煮ましょう。
調味料が絡めば完成です。
※火を止めて、10~30分置いておくと味が染み込みますよ。

 

鶏手羽先とトマトのダイエットスープ

男性でも女性でも、まず最初に見られるのはやはり”顔”です。ハリがない肌や脂ギッシュな肌はあまり良い印象を与えません。
ダイエットをしていると痩せることばかりに注意を向けがちですが、人から「綺麗ですね」と言われるためには体型だけでなく肌の美しさにも磨きをかけましょう。
その点で、手羽先は肌の弾力を支えるコラーゲンが豊富に含まれている上に、骨があるため、他の部位よりも適量の本数で満足できるという優れた食材と言えます。
同じく肌に好影響を与えるトマトと一緒に、スープごと手羽先の成分を取り入れましょう。

 

材料:3~4人分

・手羽先
5~6本程度

・トマト
大2個

・ほうれん草
3束

・玉ねぎ
半分

・オリーブオイル
小さじ2杯

・カレー粉(スパイスがブレンドされたもの)
大さじ1杯

・塩コショウ
少々

 

作り方

1.大き目の鍋にオリーブオイルを入れます。

2.くし切りにした玉ねぎを鍋に入れて、弱火で10分ほど炒めましょう。
その間に、手羽先に分量外の塩を振り冷蔵庫に入れておきます。

3.玉ねぎの色が変わってきたら、手羽先を入れて焼きましょう。
皮の色が変わるまで、弱火でじっくり焼きます。

4.皮がきつね色になったら、適当に切ったトマトを入れて中火にし、トマトの水分が飛ぶまで炒めましょう。

5.4に分量外の水をひたひたになるまで入れ、強火で沸騰させます。

6.沸騰したら灰汁を取り除き、再び中火に戻してほうれん草を加えます。

7.手羽先に火が通ったらカレー粉で味を付け、弱火で10分ほど煮込みます。

8.最後に塩コショウで味を整えれば完成です。

鶏手羽先とトマトのダイエットスープ

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.