> >

基礎代謝を上げて体脂肪を減らしたい人のための夜レシピ2種

納豆ともやしの炒め物
 
ダイエットを真面目に続けるにしたがって、体重を落とすだけがダイエットではないということが分かってきたという方もいらっしゃるでしょう。

ここでも体重を落とすだけではなく体脂肪にも注意を払う必要があることをお伝えしていますが、今回もその体脂肪の減らし方についてさらに詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

まずは、体脂肪の落とし方を簡単におさらいしましょう。
体脂肪を落とすコツにも様々な手法が提唱されていますが、ここでは一般のダイエッターが続けやすいよう簡単な体脂肪減量方法をご紹介します。

 

体脂肪の減らし方

1. 基礎代謝を上げる

食事内容に気を付けて生活をしていくことで、基礎代謝を少しずつ上げることができます。
そうすることで、身体の余分な脂肪が燃えやすくなってきます。
またウォーキング程度の簡単なスポーツを行うことでも、基礎代謝は上がります。

 

2. 消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにする

一見ダイエッターなら知っていて当たり前のことですが、意外にご存じない方も大勢いらっしゃるようです。
体重の減少ばかりに気を取られていると、体脂肪を落とす際にもこの法則が肝心だということに気が付かない場合があるのかもしれません。
しかし基礎代謝を上げて体脂肪を落とすためにはこの法則がとても重要になってきますので、体重を落とす点からではなく体脂肪を落とすという観点からも覚えておきましょう。

 
このように、体脂肪を減らしていくためには”基礎代謝”というものをどうするかが要となります。
それでは次に、基礎代謝を上げる方法についてご説明します。

 

基礎代謝の上げ方

1. 筋トレをする

体重ではなく体脂肪を!という点に至ったダイエッターには常識となっていますが、一般人でも体脂肪を落とすために簡単な筋トレを行うのが効果的です。
ゆっくり行うものやジムで本格的に行う筋トレ、圧をかけてより効率的に行う筋トレなど様々なものがありますから、ご自分の体質や性格に合った筋トレを行ってみましょう。
最近では初心者向けの筋トレ本がいくつか出ていますので、図書館などで調べてみるのはいかがでしょうか。

 

2. 有酸素運動をする

ウォーキングや軽いジョギング、水泳などでも十分です。
とにかく少しずつでも良いので、毎日有酸素運動をしていきましょう。

 

3. 疲労を回復させておく

スポーツした後の疲労や仕事での疲れをそのままにしておくと、基礎代謝がなかなか上がりません。
疲労が蓄積された身体は自ら防衛本能を働かせてしまうため、その後の運動時にはエネルギーを節約させようとするのです。
生命を守るための大切な機能に違いはありませんが、単にダイエットをしたいときにそのような状態になってしまっては困ります。
ストレッチや入浴などで、疲労を完全に取り払う工夫が必要です。

 

4. 消化のタイミングを考えて食事をする

食べたものを消化しきれずにすぐに食べる習慣がついてしまうと、消火する場所、つまり内臓に負担がかかってしまうため基礎代謝が下がっていくとされています。
1日3食のタイミングをいつもバラバラに設定しておくのではなく、できる限り毎日決まった時間に食べると基礎代謝が下がりやすい身体になっていきます。

 

夜ご飯の工夫を!

それでも仕事やバイト、学業などで毎回決まった時間に食べられない方も多いはずです。
特に夜は時間がバラつきがちだという方がいらっしゃるでしょう。
夜ご飯が決まった時間に食べられずに深夜近くになると、食べたものが脂肪に変わりやすくなってしまい大変です。

しかし「夜は太るから夜ご飯は諦めよう……」と考えるのも問題です。

摂取カロリーは大幅に減るものの、体脂肪を下げるために必要な”血糖値のバランス”は崩れてしまいます。
上がり過ぎも下がり過ぎも気を付けるべき血糖値のバランスを取るためにも、

 
●夜は脂肪に変わりやすい炭水化物中心ではなくタンパク質中心の食事を摂る
●夜18時台までに炭水化物を食べておき、深夜近くには野菜や魚のみを食べる

 
など、工夫しましょう。

今回はそれらを踏まえて、夜ご飯にふさわしいレシピをご紹介します。

 

納豆ともやしの炒め物

炒め物は、ご飯をつくるのが夜遅くになってしまっても比較的楽に作れるレシピです。
油の使用量を調整すれば、食事の不規則な方にもおすすめな調理法ですよ。

 

材料:1人分

・納豆
1パック

・もやし
半袋

・にら
適量

・にんにく

・ごま油
小さじ1杯

★塩
少々

★黒コショウ
少々

★しょうゆ
小さじ半分

 

作り方

1.ごま油を引いたフライパンでにらともやし、にんにくを炒め、★で味付けします。

2.最後によく混ぜた納豆を和えれば完成です。

納豆ともやしの炒め物

 

お刺身とアボカドの海苔巻

深夜近くに主食である炭水化物をバクバク食べてしまえば太ってしまうことは確実です。
買ってきてすぐに食べられるお刺身と炭水化物ほどの満足感を与えるアボカドで、ヘルシーで簡単な海苔巻を作ってみましょう。

 

材料

・お好みのお刺身
適量

・アボカド
半分

・キュウリ
1本

・手巻き寿司用などの大きめの海苔
適量

 

作り方

切ったお刺身とアボカド、キュウリを海苔で巻いていくだけでOK!
寝る前のアボカドのビタミンEで、ダイエットだけではなくお肌の再生にも期待できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.