> >

主役はパセリ!ダイエッターを助けるパセリのダイエットレシピ2種

パセリと玉ねぎの冷製うどん
 
今回はパセリに焦点を当てながら、ダイエットの知識を深めていきましょう。

パセリが大好きだという方はもちろんのこと、これまでパセリは付け合わせ程度にしか認識していなかったという方にも、ぜひ試していただきたいダイエットレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

 

レシピ本やレシピサイトも多様な時代になり、パセリも従来のような付け合わせ的ポジションに甘んじてばかりではいないことは、お料理好きな方ならご存じかもしれません。
その影響もあってか、パセリを主食や主菜に積極的に用いるレシピも増えています。

また一昔前と違い、パセリ自体の価格もどんどん安価になっており、レストランのメインディッシュの脇役から、家庭料理での2軍、3軍並に評価が上がっている面もあるのでしょう。

そこでここでは、そんなパセリの魅力をさらに掘り下げて見ていきながら、パセリが施すダイエットへの作用をご紹介します。

 

パセリの栄養価

日本で流通する主なパセリは現在2種類あります。

●ちぢれ葉(カーリー)パセリ
わたし達がよく目にしているだろうパセリです。香りや味に独特のクセがあります。

●イタリアンパセリ
葉が縮れていない種類のパセリです。ちぢれ葉パセリに比べてクセがありません。

ここでは、いつも食べているちぢれ葉(カーリー)パセリを元に、ダイエットに効能のある栄養価を見てみましょう。

 

パセリの栄養素

●ビタミンB1

ビタミンB1は、糖分の多い食べ物をよく食べる方に必要な栄養素で、食のバランスに注目したダイエッターには常識となりつつある栄養素です。
甘いお菓子やアイスクリーム、炭水化物が大好きな方がダイエットを成功させたいのならば、ビタミンB1が多く含まれている食材を摂取することが大切です。

 
●ビタミンB2

上のビタミンB1と混同されがちですが、少しだけ働きが異なります。どちらも糖の代謝や脂肪の分解に関わってくる栄養素ですが、パセリならどちらも同時に摂取することができるため、とても効率的です。

 
●食物繊維

ダイエッターが摂る栄養素として有名な食物繊維は、パセリにも含まれています。ちなみに食物繊維で押し出すためには、パセリと併せて主食となる食材をしっかり食べる必要があることを忘れないようにしましょう。

 
●葉酸

出産後の女性や若い女性のダイエットには最適な葉酸。血を造るための栄養素としても知られています。
葉酸を多く含む食材は少ないため、サプリメントなどで摂るのが当たり前だと思われている方も多いようですが、パセリなどの野菜からこそ摂取したいものです。

 
●βカロテン

体は常にバランスを取ろうとするために、ダイエットをする以前に体のどこかに不調があればそちらを重点的に治そうとします。すると、基礎代謝が落ちたりダイエットの効率が悪くなりかねません。
βカロテンは感染症を防いだり疲労を回復する働きも持つため、ダイエット料理を食べる際も忘れずに取り入れるようにしましょう。

 

良いパセリの見分け方

パセリだけではなく、葉物野菜の栄養価は1日1日と日が経つにつれて大幅に減少していくため、できるだけ新鮮で栄養豊富なままのパセリを選びましょう。

 
・色が濃いもの
・葉にツヤがあるもの
・茎がしおれていないもの
・縮れ具合の良いもの

 
袋入りのパセリは適当に選んでしまっているという方も多いようですが、この中のどれか1点だけでも良いので、ぜひ注意して選別してみてください。

それでは、パセリを使ったレシピの紹介に移ります。

 

パセリとキウイフルーツのジュース

パセリとキウイフルーツ両方のビタミンで、美肌作りにも脂肪撃退にも最適なジュースです。
βカロテンはオイルに溶けやすいため、このレシピでは植物性のオイルを使っていますが、苦手な方はオイルの代わりにアーモンドやカシューナッツなどのナッツ類を砕いてのせてください。

 

材料:1人分

・パセリ
適量

・キウイフルーツ
1個

・ココナッツオイルやオリーブオイル
小さじ2杯まで

 

作り方

ジューサーやミキサーで撹拌するだけです。

 

パセリと玉ねぎの冷製うどん

爽やかなお天気の日に食べたくなる冷製うどんにもパセリをプラスして、おいしいダイエット効果を加えましょう。
パセリや玉ねぎの真の効果を取り入れるには生が一番ですが、苦手な方は玉ねぎを電子レンジで加熱しても良いでしょう。

 

材料:2皿分

・うどん
適正量

・パセリ
好きなだけ

・玉ねぎ(あれば新玉ねぎやサラダ玉ねぎなど)
半分

・ツナ缶
ノンオイルタイプ1缶

・お酢
大さじ3杯

・黒コショウ
少々

・オリーブオイル
小さじ1杯

・梅干
2個

 

作り方

1.うどんを袋などに従って茹でておきます。

2.その間に、玉ねぎを極々薄くスライスしてボウルに入れましょう。
パセリはよく刻んで入れます。

3.そこにツナとお酢、黒コショウ、オリーブオイルを入れてよく混ぜます。

4.うどんを冷水でよく洗い、水を切りましょう。

5.皿にうどんを盛り、3を添えたらできあがりです。

6.お好みで梅干やかつお節、ごまなどをトッピングすると美味しいですよ。

パセリと玉ねぎの冷製うどん

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.