> >

運動によるダイエット効果をさらにパワーアップさせるレシピ3種

エビと野菜の生春巻
 
ダイエットに運動を取り入れている方も多くいらっしゃるようですが、
運動前後のダイエット食の正しい知識があると、更なるダイエット効果を出すことができますよ。

今回は、運動を中心としたダイエットに役立つレシピを見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

自宅でできる簡単な筋トレや、ウォーキングやジョギング、スイミングなどの有酸素運動は昔からダイエットに良い、と勧められてきた定番のスポーツです。

また部活やサークル・同好会などで運動の楽しさを知り、食事制限と共に運動をダイエットに取り入れていらっしゃる方も少なくありません。
昨今ではネットの発達の影響もあり、様々なスポーツが楽しめる場所やサークルに出会うことも多くなったと実感されている方も多いのではないでしょうか。

友人と楽しみながら行う運動にも、また、従来のように一人で黙々と練習を積み重ねるような運動のどちらにも、ある共通点があります。

それが、今回お伝えしたいポイントである”栄養素の損失”です。

 

運動と栄養素

栄養の知識が無い一般の方でも、一日三食ある程度常識的なメニューを選んで食べていれば、日本で生活する上では生きていけるようになっています。

しかしダイエットをする場合には、栄養素の体への作用や不足による不調といった知識が必要不可欠です。

それが、運動をダイエットに取り入れるのならばより重要になります。
その理由は、運動によって一定の栄養素が大幅に失われるからです。

 

運動によって失われる栄養とは?

運動の種類や行う時間にもよりますが、運動によって失われる栄養とは大きく分けて次の3つになります。

 
1.エネルギーの素となる炭水化物
2.筋肉をつくるタンパク質
3.汗となるミネラル類

 
他にも血液の素となる栄養素など多くの栄養素が運動によって失われていく、ということは、多くの研究により分かっています。

 

運動が失わせる栄養素を放っておくと・・・

上記のように運動によって失われる栄養素は、その都度体内に補充する必要があります。

しかし余程知識のある方でなければ、ダイエット中の栄養素は大幅にカットされてしまいます。
その上運動で余計に栄養素が抜け出てしまった場合、その栄養素がつくるはずだったエネルギーや筋肉、血液、また体内のダメージの回復が遅れてしまい、体の疲労は溜まっていく一方となります。

運動で体を壊す、とはよく耳にする言葉ですが、
ダイエット+運動での栄養素の損失は、一般の方がモリモリご飯を食べている場合よりも大きくなり、ダイエットどころの体では無くなってしまうでしょう。

そこで必要なのが、運動で失われる栄養素をダイエット料理にも取り入れることです。
ここでは、

 
・炭水化物
・タンパク質
・ミネラル

 
という”運動によって失われる3大栄養素”をダイエット仕様にしたレシピをご紹介します。

ダイエットに運動を取り入れて頑張っていらっしゃる方は、ぜひお試しください。

 

長芋トマト丼

運動するとき、肝臓に蓄えられていたエネルギーを使います。そのエネルギーの素となるのはもちろん炭水化物です。
しかし「炭水化物はダイエットの敵だから省く」という間違った方法を取り入れてしまっていると、ダイエット食と運動という2つの要因によって、余分に炭水化物=エネルギー源の損失が増えることになります。運動の効果を上げたいのならば、ダイエット中にもしっかり炭水化物を摂るようにしましょう。

 

材料:1人分

・ご飯
1人分

・長芋
100g程度

・トマト
大1個

・けずり節
適量

・ごま
大さじ1杯

・梅干
1個

・お酢
小さじ2杯

・しょうゆ
小さじ1杯

 

作り方

1.皮を剥いた長芋を、フードプロセッサーに入れて3~5秒。粗く刻んだ状態にします。なければビニール袋に入れてすりこぎ棒などで叩きましょう。
トマトも小さく切るか、フードプロセッサーにかけます。

2.トマトと長芋をボウルに入れ、刻んだ梅干とお酢としょうゆで味をつけましょう。

3.ご飯を丼茶碗に入れ、2を乗せればできあがりです。
けずり節やごまをかけて召し上がってください。

 

かまぼことピーマンのきんぴら

カロリーが低いだけでなく、タンパク質も十分に含まれているのがかまぼこです。野菜を中心とした低カロリーな副菜にちょっと混ぜるだけで、立派なおかずに変身です。

 

材料:2人分

・ピーマン
4個

・かまぼこ
半分

・しょうゆ
小さじ2杯

・みりん
小さじ1杯

・ごま油
小さじ1杯

 

作り方

1.細切りにしたピーマンとかまぼこを、ごま油で炒めます。

2.しょうゆとみりんを絡めれば完成です。

 

大根で エビと野菜の生春巻

エビと野菜の生春巻

野菜は毎日食べること。この理由は、野菜の持つ食物繊維を摂取するためでもありますが、野菜の持つミネラルは非常に失われやすいものであることにも関係しています。失われたらその都度、つまり毎日摂取しなければすぐになくなってしまうものなので、ミネラルの含まれた野菜も毎日食べるように勧められているのです。
生春巻は美味しい食べ物ですが、ミネラル=野菜摂取に照準を合わせ、今回は野菜ばかりで生春巻が楽しめるようなレシピにしました。

 

材料

・大根
適量

・お好みの野菜(キャベツ・人参・レタス・キュウリ・カイワレ大根・パパイヤなど)
適量

・エビ
適量

★レモン汁
小さじ1杯

★甜麺醤(テンメンジャン)
小さじ3杯

★ナンプラー
小さじ1杯

 

作り方

1.★の調味料を合せておきます。

2.大根をカツラ剥きにし、数枚皿に準備しておきます。

エビと野菜の生春巻

3.茹でたエビ、千切りにした野菜をカツラ剥き大根で巻き、1のタレにつけながら食べましょう。

エビと野菜の生春巻

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.