> >

ダイエットメニューに迷ったらとりあえず豆腐!おすすめレシピ3種

ダイエット失敗
 
豆腐のみを食べるようなやり方でのダイエットはおすすめできませんが、肉などの高カロリーな食材の代わりとして、一日に一丁までのお豆腐を取り入れることはダイエットにも有益です。

ダイエットにも使える豆腐の魅力とは具体的に何なのでしょうか?
お豆腐レシピと一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

豆腐の魅力1 高タンパク

現代では週に数回は目にするであろうお豆腐も、江戸時代初期にはとても貴重なものとして扱われていました。
なんと、豆腐は、庶民が製造すること自体も禁止されていたというから驚きです。

そんなお豆腐は江戸中期頃から大都市を中心に庶民にも浸透していき、旅が盛んだった時期の東海道の宿屋での汁物には豆腐が用いられるのが定番となりました。

一説によると、当時の長旅の力となる食べ物として豆腐が好まれていたのではないかとされています。

豆腐に含まれているタンパク質は非常に良質ですが、確かに良質なタンパク質は運動の疲労回復にもとても役立つ成分なのです。
つまり、正統派ダイエットには欠かせない運動の後に食べる豆腐料理は、よりダイエットを成功へと導くアイテムとなりえるということになります。

科学の発達した現代では豆腐=高タンパク質な食べ物としての価値が一般的にも知られています。
特に情報の無かった江戸時代の人々にとっても、豆腐が本能的に求められていたという事実からは興味深いものを感じますね。

 

豆腐の魅力2 牛乳以上のカルシウム

ダイエット中に注意していただきたいのが、カルシウム摂取不足です。

カルシウムは、普段小魚や牛乳などから体内に取り入れているのが現状ですが、ダイエット=総カロリーを減らすにあたり、料理に慣れていない方は特に総カロリー中からカルシウムの入った食材を大幅に減らしてしまう場合があるようです。

カルシウムが不足すると骨が脆くなってしまうなどの健康被害が生じます。
いくら痩せても健康に問題のある体では、痩せた時に得られるであろう楽しい人生は謳歌できません。

そのように、ダイエットをカルシウム摂取の観点から見た時におすすめな食材が、豆腐なのです。

意外なことに、お豆腐1丁には牛乳以上のカルシウムが含まれていることが判明しています。
確かに牛乳からのカルシウム摂取ならば比較的安易でコストもかからないように思えるため、毎日適度な量を飲めばカルシウム摂取が可能です。

しかし牛乳には脂肪分など、ダイエットのために用いるには少し心配な要素も含まれています。
また、日本人は元々牛の乳を飲む習慣は無かったため、今でも牛乳を飲むと不調をきたす人が一定数存在します。

そのため、ダイエットにおいてのカルシウム摂取ならば牛乳をメインにするのではなく、低カロリーでいてその上カルシウムは牛乳以上ともなるお豆腐を使うことをおすすめします。

 

豆腐の魅力3 主食にもおかずにもデザートにも

豆腐はコクがあるため塩やしょうゆさえない状態でも美味しく食べることができますが、一方でとてものどごしの良いなめらかな食感も併せ持っている食べ物ですから、主食として料理することもできますし、なめらかな食感を生かしてデザートに用いることもできます。

ダイエットに良くても料理に使い辛い食べ物もいくつかありますが、豆腐ならどのような内容の料理にでも利用できるところにもまた、豆腐の魅力があります。

他にも大豆イソフラボンや大豆レシチンなど、ダイエットをしている方にはお馴染みのダイエットに役立つ栄養素が含まれている豆腐ですが、これもまた毎日少しずつ普段の食事に取り入れることで効果が発揮されることでしょう。

以下に紹介するレシピを参考にしながら、ぜひ豆腐をダイエット中の食生活の中心に据えてみてください。

 

スモークサーモンの白和え

切って混ぜるだけの簡単白和えです。スモークサーモンの塩気&旨みで、調味料をほとんど使わずに美味しく食べられますよ。

 

材料

・絹豆腐
1丁

・スモークサーモン
5枚程度

・水菜
1束

・オリーブオイル
小さじ1杯

・黒コショウ
少々

 

作り方

1.水菜は2~3cm程度に切っておきます。
豆腐はまな板の上に置き、まな板を斜めにおいて軽く水切りしておきましょう。

2.ボウルに黒コショウ以外の全ての材料を入れて混ぜ合わせます。

3.器に乗せ、黒コショウをかけたらできあがりです。

 

大学豆腐

大学芋のお豆腐バージョンです。
砂糖の量をこれ以上増やしたくないため、大量のごまで良い食感と風味を出しています。
油で揚げるという工程のある高カロリーな大学芋とは異なり、冷やすだけでも十分に美味しさを感じられるため、高カロリー特有の食感に近い味が楽しめるでしょう。

 

材料

・豆腐
1丁

・砂糖
大さじ2杯

・しょうゆ
大さじ2杯

・ごま
大さじ2杯

 

作り方

1.豆腐の水をしっかり切り、一口大に切ります。

2.鍋にしょうゆと砂糖を入れ、弱火でコトコト煮詰めます。

3.2のタレがドロドロになったら豆腐を絡め、ごまをまぶします。
よく絡んだらバットなどに移し、粗熱を取って冷蔵庫で冷やしましょう。

4.タレが冷えて限りなくベタベタになったら食べごろです。
器に移して召し上がってください。

 

豆腐と大根のおやき

材料:1丁分

・豆腐
1丁

・大根おろし
50g

・片栗粉
適量

・塩
少々

・しょうゆ
小さじ2杯

・ポン酢
小さじ1杯

・ごま油
小さじ1杯

 

作り方

1.豆腐、大根おろし、片栗粉をボウルに入れてよく混ぜます。
フードプロセッサーがあれば尚良いでしょう。
丸められる程度まで片栗粉を入れてください。

2.しょうゆとごま油でタレを作ります。

3.(あれば)フッ素加工されたフライパンを熱し、そこに1を入れて弱火でじっくり焼きましょう。
火が通ったらOK。

4.皿に移し、2のタレをかけて食べましょう!
お好みで小ネギやかつお節をかけても美味しいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.