> >

ダイエットの停滞期の過ごし方…食べて乗り越えるレシピ2種

豆腐の味噌ダレオーブン焼き
 
ダイエットを真剣に続けられた方の誰もが経験すること、それが”停滞期”です。

停滞期とは一体どういう時期なのか、また、その時期にはどういった料理を食べると停滞期を乗り越えられるのか。
今回は停滞期に焦点を当てて、レシピをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

ダイエットが続くかor続かないか、
成功するかorしないか、
リバウンドするかorしないか。

ダイエットにおいてとても重要な分岐点ともなっているのが、ダイエット中に必ずやってくる停滞期です。
この時期にダイエットに対してどう取り組んだかによって、ダイエットが完全に成功するかどうかが決まってしまうと言っても過言ではありません。

ではまず、その停滞期とはどのような状況を指すのかご説明しましょう。

 

停滞期とは?

ダイエット開始後ある一定の体重まで落ちると、初期に行っていたダイエットと同じダイエットをやっても痩せにくくなってきます。それが停滞期です。

具体的には、適切なダイエットをしている方の場合、

 
●停滞期前・・・脂肪を蓄え続けていた状況から、余分な脂肪を付けない状態へ体を変化させている

●停滞期中・・・余分な脂肪を付ける代わりに筋肉が付くため、”体重”自体の変化が目に見えておきなくなる

●停滞期後・・・脂肪よりも筋肉の量が増えて基礎代謝が上がり、少し食べても太りにくくなる

 
大まかには以上のような流れでダイエットが成功していきますが、このように、停滞期は”食べても太りにくくなる体”に移る大事な時期なのです。
体重が減らない、という単純な時期ではありません。

 

停滞期はいつくるの?

個人差やダイエットの内容によっても停滞期がいつくるのかは変わってきます。

 
●脂肪細胞の数や大きさの違い
●年齢や性別
●運動の有無
●食生活の内容

 
こういった内容は千差万別であり、一概に『停滞期は○週間後にくる!』と断言はできませんが、

 
●遅い人でおよそ2~3ヶ月後
●早い人でおよそ数週間後

 
が平均的な停滞期の時期だと言われています。

一方停滞期が終わる時期も個人差があり、数週間で停滞期が終わる方もいれば、数ヶ月以上体重が変化しないという方もいます。

 

停滞期にやるべきこと

停滞期は、ダイエットを始めて以来初の”カロリー制限しても運動を増やしても体重が落ちない”時期です。

体重を減らすためにダイエットをしているのに痩せないと焦ってしまうと、よりカロリーを落とした危険な食生活へと陥ったり、逆に諦めて大食い生活へ戻ってしまったりしてしまう人も少なくありません。

しかしそうなっては全てが水の泡。
せっかくこれまでに頑張ってきたダイエットの意味が無くなってしまいます。

上記で説明したように、停滞期は脂肪を筋肉に変えてそれを体に定着させようとしている非常に大切な期間です。

停滞期だからと言ってモチベーションを落とさずに、また極端に総カロリーを減らしたりせずに、それまでのダイエットと同じ食生活&運動習慣を続けていくことが重要です。

また運動をしていない人でも、通勤や通学の途中、家事の合間などに軽いウォーキングだけでも組み合わせると良いでしょう。
ダイエットが停滞していても凹んでしまったり諦めてしまったりといった心の状態を緩和することができます。

 

停滞期中の食事はどうすべき?

停滞期中も大幅に食生活を変更する必要はありませんが、筋肉を定着させる時期として見たときには、”良質なタンパク質”を意識した食事に変えてみるのも良いでしょう。

ここではタンパク質を豊富に含んだ食材を使ったレシピをご紹介しています。
停滞期中の食生活にぜひ取り入れてみてください。

 

ツナと明太子のサラダスパゲティ

材料:1人分

・ノンオイルタイプのツナ缶(70kcl以下の物)
1缶

・明太子
10~20g程度

・コーン缶(できれば砂糖無添加のもの)
大さじ3杯

・きゅうり
1本

・玉ねぎ
4分の1個

・トマト
1個

・お酢
大さじ1杯

・オリーブオイル
小さじ2杯

・スパゲティ
1人分の量を茹でておく

 

作り方

1.きゅうりは分量外の塩でいたずりし、流水で流し薄くスライスします。
玉ねぎはスライス後、10分程度水にさらしておきましょう。
トマトは食べやすい大きさにカットしておきます。

2.ボウルにトマト、コーン、お酢、オリーブオイル、明太子を入れて混ぜます。

3.ボウルにきゅうりと玉ねぎ、ツナ缶を加えて和えます。

4.最後にスパゲティと混ぜれば完成です。

 

豆腐の味噌ダレオーブン焼き

材料:1人分

・木綿豆腐
1丁(100~150g)

・味噌(あれば八丁味噌)
大さじ1杯

・スライスチーズor粉チーズ
スライスチーズなら1枚
粉チーズなら大さじ2杯まで

・ピーマン
輪切り3切程度

・納豆
1パックの半分程度を使用

 

作り方

1.豆腐を2~3枚のキッチンペーパーで包み、電子レンジで3分程度加熱し水気を取ります。
足りないようならキッチンペーパーを替えて1~2分加熱してください。

2.その間に、ボウルに納豆と味噌を入れて混ぜましょう。

3.水気を切った豆腐を横に3~4等分に切り分け、その上に2の納豆味噌を塗りましょう。

4.輪切りにしたピーマンとチーズを3に乗せて、250℃に余熱したオーブンで約10分焼きます。
触ってみたときに、豆腐がしっかりとした弾力を持っていれば完成です。

豆腐の味噌ダレオーブン焼き

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.