> >

脂肪燃焼効果抜群!アスパラガスで作るダイエットレシピ2種♪

アスパラガスのハニーレモンマヨディップ
 
 アスパラガスの歴史は古く、古代ギリシャ時代から疲労回復に効果がある野菜として栽培されてきました。日本に入ってきたのはなんと江戸時代です。最初は観賞用として栽培されていました。食用として栽培され始めたのは大正時代からです。一昔前までは、アスパラガスと言えば缶詰にされたホワイトアスパラでしたが、最近はグリーンアスパラガスが一年中出回っています。でも、春から夏にかけて露地栽培されるアスパラガスが何と言ってもおいしくて、栄養価も高いのです。旬の時期のアスパラガスは丸ごと茹でたり焼いたりして直球勝負でいただきたいものです。

スポンサードリンク

 

アスパラガスの栄養

アスパラガスに含まれる栄養は、ビタミンB1、B2、葉酸、ビタミンK、亜鉛、銅などです。
また、アスパラギン酸というアミノ酸、ルチン、サポニン、アントシアニンという抗酸化物質も含まれています。

 
●ビタミンB1、B2
糖質や脂質、蛋白質から栄養分を作り出すのには欠かせない成分です。

●葉酸
DNAを作り出すときや、血液を作る時に重要な働きをします。

●ビタミンK
血液を固める作用や、骨を丈夫にする働きがあります。

●亜鉛
新陳代謝に必要な酵素の材料になります。

●銅
ヘモグロビンを作る時に鉄を運ぶ役割をします。活性酸素の除去や、丈夫な骨を作る働きもしています。

●アスパラギン酸
身体のエネルギー代謝を活発にし、疲労回復効果を高めます。新陳代謝を高める効果もあります。イライラのもとになるアンモニアを体外に排出する役割もあり、気持ちを穏やかにする効果もあります。

●ルチン
毛細血管を丈夫にして、高血圧や動脈硬化を予防する効果があります。ビタミンCと協力し、抗酸化作用を高める効果もあります。

●サポニン
がん細胞の増殖を抑える働きがあります。コレステロール値を下げ、脂肪の燃焼を助ける効果もあります。

●アントシアニン
抗酸化作用があり、特に視力の回復や疲れ目の回復に効果があります。

 

アスパラガスの美容ポイント

 アスパラギンや亜鉛の新陳代謝を高める作用は、肌細胞のサイクルにも働き、美肌効果があります。アスパラガスには、血液の増殖や、循環をよくする成分も多く含まれています。血液循環がよくなると、細胞が活性化し、代謝も良くなりますし、細胞の隅々まで栄養が行き届くようになり、肌のハリも良くなります。ルチンの抗酸化作用を高めるためには、ビタミンCを豊富に含む食品と一緒に食べると効果的です。

 

アスパラガスのダイエットポイント

 ビタミンB群は脂肪やたんぱく質からエネルギーを取り出す働きがあります。食品が効率よくエネルギーとして燃えてくれると、体脂肪が減ってダイエット効果を期待することができます。
 アスパラギン酸には、エネルギー代謝を促進する効果があります。エネルギー代謝が良いと身体についた余分な脂肪をエネルギーとして燃やすことができるので、運動によるダイエット効果を高めてくれますね。サポニンもコレステロールの値を下げてくれますし、脂肪の燃焼を助ける効果が期待できます。

 

アスパラガスのお勧めの食べ方

 アスパラガス自体のカロリーは1本あたりたったの4kcalです。アスパラガスにはホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスとがあります。ホワイトアスパラガスは、太陽の光を浴びないように育てたアスパラガスですから、春から初夏の太陽を浴びたグリーンアスパラガスの方が栄養価としては格段に勝っています。

 グリーンアスパラガスにも、春アスパラガスと夏アスパラガスとがあります。春にとれるアスパラガスは、根元がやや硬めです。根元の皮をしっかりとむき、十分加熱していただきます。夏アスパラガスは根元まで充分柔らかく、みずみずしい風味に溢れています。丸ごとさっと火を通してアスパラガスそのものの風味を堪能したいものです。
 アスパラガスの抗酸化作用を高めるには、ビタミンCと一緒に調理するのがお勧めです。

 

アスパラガスとトマトの玉子ソテー

アスパラガスとトマトの玉子ソテー

材料(4人分)    1人分約80kcal

アスパラガス       4本
トマト          2個
玉子           2個
にんにく         1片
オリーブオイル      適量
塩・胡椒         適量

 

作り方

1. アスパラガスは3㎝幅に切る。トマトはくし形に切る。にんにくはみじん切りにする。卵は割ってほぐしておく。

2. フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でにんにくを炒める。

3. にんにくの香りが立ったら中火にし、アスパラガスを炒める。

4. アスパラガスに火が通ったらトマトを加えて炒める。

5. トマトから汁けが出てきたら卵を加え、半熟状になるまで炒める。塩・胡椒で味を調える。

 

アスパラガスのハニーレモンマヨディップ

アスパラガスのハニーレモンマヨディップ

材料(4人分)      1人分約40kcal

アスパラガス          8本
レモン果汁         大さじ1
マヨネーズ         大さじ1
はちみつ          大さじ1

 

作り方

1. フライパンを中火にかける。

2. アスパラガスを並べ、まんべんなく香ばしい焼き色が付くように焼く。

3. カップなどにレモン果汁、マヨネーズ、はちみつを入れ、混ぜ合わせる。

4. アスパラガスにディップを添える。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.