> >

ごちそう春キャベツdeダイエットレシピ♪ミモザサラダ&炒めもの

春キャベツのミモザサラダ
 
 キャベツの祖先は、青汁の原料としておなじみの健康野菜「ケール」で、ブロッコリーやカリフラワーと同じアブラナ科の野菜です。
 季節を問わず一年中スーパーの野菜コーナーでメインの場所に並ぶキャベツですが、キャベツの中でも、3月から7月にかけて出回るキャベツを春キャベツと呼びます。
 春キャベツは結球が緩く、葉が薄くて柔らかく、甘みがあってみずみずしいのが特徴です。春キャベツならではの柔らかさを活かした調理方法で春の味覚を味わいましょう。

スポンサードリンク

 

春キャベツの栄養素

 春キャベツとそのほかのキャベツとでは、栄養成分に大きな違いはありません。キャベツには、ざっとあげるだけでもビタミンA、B1、B2、B3、B5、B6、B9、C、カリウム、鉄分、マグネシウム、リン、カルシウム、亜鉛、食物繊維など、素晴らしいラインナップの栄養成分が含まれています。
 その中でも特にビタミンCの含有量が豊富です。ビタミンCは水や熱に弱いのですが、柔らかくて生食に向く春野菜は、ビタミンCを取り入れるのにはぴったりの野菜です。

 キャベツの栄養成分の中でも、他の野菜に比べて特徴的なのがビタミンUとビタミンKの存在です。
 ビタミンUは胃腸の粘膜を修復する作用があり、胃や十二指腸の潰瘍を予防する効果もあります。ビタミンUの存在が発見されたのはキャベツからで、ビタミンUはキャベジンとも呼ばれています。
 ビタミンKはカルシウムが骨に沈着するのを助ける働きのあるビタミンです。また、血液凝固作用があります。

 キャベツはがん細胞の発生を抑制する効果があるといわれている野菜です。イソチオシアネートという硫黄化合物が、がん細胞の活性化を抑え、がん細胞を無毒化してくれます。

 

春キャベツの美容ポイント

 キャベツに含まれているビタミンCは、抗酸化作用があり、抗酸化物質によって体の細胞が老化していくのを防ぐ働きがあります。コラーゲンの生成を助ける働きがあり、肌の粘膜や血管を丈夫にする働きもあります。ビタミンCは紫外線による日焼けやシミ、そばかすの発生を抑え、肌のきめを整え、健康的な美しい肌を作るのには欠かせないビタミンです。ビタミンCは壊れやすく、身体にも長くとどまってくれないビタミンでもあります。春キャベツは生で食べておいしい野菜なので、ビタミンCの補給にはぴったりです。

 

春キャベツのダイエットポイント

 春キャベツは甘くて柔らかく、水分も豊富です。キャベツダイエットは食前にキャベツを食べてお腹を膨らませて食事量を抑え、食事全体のカロリーを少なくするダイエット方法です。春キャベツは生でも食べやすく、キャベツダイエットには最適ですね。キャベツダイエットとまで行かなくても、キャベツをたくさん使ったお料理は少ないカロリーでもお腹がいっぱいになってくれます。ビタミンCなどの美容に良い栄養もたっぷり取れ、お値段も安くてお財布にも優しい春キャベツを、積極的に食べて夏に備えましょう。

 

春キャベツのお勧めの食べ方

 春キャベツの魅力は何と言っても甘みと柔らかな食感です。手でちぎっただけでもごちそうになる存在感を活かして、サラダで食べるのが一番です。加熱しすぎるとべチャッとしてしまうのですが、さっと煮を通すと甘みが増します。炒めるのなら、最後にキャベツを加えて余熱でさっと混ぜるくらいで充分です。

 春キャベツの食べ方の裏技としては、その柔らかさを活かしてあえて煮込み料理にしてしまうことです。ロールキャベツはじっくり煮込むので時間がかかりますが、春キャベツで作ると短時間でキャベツが柔らかくなります。

 

春キャベツのミモザサラダ

春キャベツのミモザサラダ

材料(4人分)   1人分約160kcal

春キャベツ       1/4玉
ハム           4枚
玉子           2個
オリーブオイル    大さじ1
レモン果汁      大さじ1
塩          小さじ1/3
胡椒           少々
砂糖         小さじ1

 

作り方

1. 卵を鍋に入れ、かぶるくらいの水に入れて火にかける。沸騰したら火を弱めて20分煮る。湯を捨て、水でよく冷やす。

2. 春キャベツを手で食べやすい大きさにちぎる。

3. ハムを1㎝幅に切る。

4. 卵の殻をむき、みじん切りにする。

5. ボウルにオリーブオイル、レモン果汁、塩、胡椒、砂糖をいれ、泡だて器でよく混ぜる。

6. 器にキャベツを敷き、ハムと卵を彩りよく飾り付ける。5.をかけていただく。

 

春キャベツとたけのこのさっと炒め

春キャベツとたけのこのさっと炒め

材料(4人分)    1人分約(230kcal)

春キャベツ      1/2個
にんじん       1/2本
たけのこ(水煮)   100g
ピーマン       2個
豚肉         100g
にんにく       1片
ショウガ       1片
塩・胡椒       適量
醤油        大さじ1
酒         大さじ1
胡麻油       大さじ1

 

作り方

1. きゃべつは5㎝角に切る。にんじんは、薄い短冊切りにする。たけのこは短冊切りにする。ピーマンは半分に切って種を取り、細切りにする。にんにくとショウガはすりおろしておく。

2. フライパンに胡麻油を敷き、にんにくとショウガを入れ、弱火で炒める。

3. にんにくとショウガの香りが立って来たら中火にし、にんじんを加え、よく炒めて火を通す。

4. 強火にしてピーマンとたけのこを加え、ピーマンがしんなりしたら火を止める。

5. 春キャベツを加えてサッと炒め、塩・胡椒・酒・醤油で味をつける。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.