> >

おかずもデザートも!寒天レシピで便秘解消お腹スッキリダイエット

寒天
 
低カロリーの素材である寒天は、ダイエット中の定番中の定番の食材です。
使い方も簡単で、様々な料理として幅広く扱うことができます。

おやつやおかずに使える寒天のメニューを充実させて、ダイエットライフを楽しく続けてみませんか?

今回は、お腹の調子を整えて便秘を解消してくれる食材”寒天”を使ったレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

 

便秘解消がダイエットの基本!

ダイエットを成功させるポイントの1つには、
『毎日のお通じを良くする』
という基本があります。

お通じが無いということは脂肪を溜め込み過ぎる点でも良くありませんし、体の中に老廃物を溜めることでの肌の劣化や精神衛生上にも悪い影響を及ぼしてしまいます。

この『毎日のお通じを良くする』ダイエットのポイントの基礎を保つには、毎日良質な便となる素、つまり主食であるご飯やパンなどの炭水化物をある程度は取り入れる必要があります。

カロリーを減らそうと炭水化物の量が大幅に低下するようでは長期間ダイエットを持続させることは不可能、よってダイエットもほぼ成功しません!

その基本ができている場合、次に大事なのは、その取り入れた炭水化物をしっかり排出することです。

そこで取り入れたいのが食物繊維。
これはダイエットに取り組まれているほとんどの方がご存じだと思いますが、食物繊維が豊富な食材の代表として知られているのが、寒天です。

ここで寒天がダイエットに効果的な理由を知り、他のダイエットレシピと組み合わせてダイエット中のお通じをスムーズにしていきましょう!

 

寒天とはどんなもの?

寒天は身近な食材ですが、ここで簡単にご説明します。

天草科などの主に海藻類を煮溶かして固めたものをところてんと言いますが、
そのところてんを凍らせ乾燥させたものが寒天として流通しています。
(ちなみに京都の旅館で発明された、という説が一般的なんですよ。)

近年では粉寒天のように、水分に溶けやすく調理しやすい寒天関連製品が普及しています。
用途に合わせて棒寒天や粉寒天を使い分けると便利です。

 

寒天によるダイエットの効果

1. 低カロリー

ご存じのように、寒天のカロリーは0キロカロリーに限りなく近い低カロリーの食材です。

ただ、単に低カロリーというだけではダイエット効果は望めませんし、ダイエット中もエネルギーは必要となるため、低カロリーやカロリーゼロ商品ばかりを摂るダイエットは危険です。

しかし寒天はお腹にも優しく、また余分な物を添加して作っていない素材ですから、
「総カロリーが低くなりがちなダイエット中の献立では毎日お腹が空いてしまう」
という場合の小腹満たしにも使えます。

 

食物繊維

寒天がダイエット食材として使える一番の理由が食物繊維だということは、一般的にも伝わっていますよね。

どうしても運動が不足しがちな方や水分摂取が苦手な方が食物繊維を摂ることで、毎日のお通じが良くなります。

ただし何度もご説明している通り、そもそもお通じそのものとなる炭水化物やその他エネルギーとなる食べ物の量が少なすぎると、いくら食物繊維を摂ってもムダになりますのでご注意ください。

 

アガロペクチン

寒天には、”アガロペクチン”という成分が含まれています。
アガロペクチンは、血液をサラサラにする働きを持っているため、油や肉などのダイエット中も最低限は必要である食材と一緒に食べると効果的です。

ただしこの効果を持つ成分は天然の寒天に含まれる率が高いため。
粉寒天よりも天然の寒天を使う方が効果的だと言えます。

 
それでは寒天を使ったダイエットメニューをいくつか見ていきましょう!

 

ワインで一口寒天

棒寒天でも粉寒天でもどちらでも簡単に作られる、一口サイズのワイン寒天です。
ダイエットをしていてもどうしてもおやつやお酒が欲しい時などにどうぞ。

 

材料:2~3人分

・お好みのワイン
60ml

・粉寒天or棒寒天
粉寒天…6g
棒寒天…2分の1本

・水
200ml

・砂糖
大さじ1杯

・レモン汁
小さじ2杯

・はちみつ
お好みで

 

作り方

1.粉寒天は200mlの水に6g溶かします。
棒寒天の場合は、分量外の水に30分程度入れてふやかしておき、
戻したら適当な大きさにちぎりましょう。その後分量の水200mlと一緒に鍋に入れます。

2.寒天を溶かした鍋を火にかけます。
沸騰直前まで火にかけ、寒天が透明になるまでよく溶かしましょう。
その中に砂糖も入れて溶かします。

3.火を消して、ワインとレモン汁を加えてかるくかき混ぜます。

4.型に3を流し入れ、粗熱が取れるまで置いておきます。
ある程度熱が発散したら、冷蔵庫で冷やし固めましょう。

5.寒天が固まったらできあがりです。

6.甘味が足りない場合は、はちみつを小さじ1杯程度つけながら召し上がってください。
(アルコールが入っているので、運転などには注意してくださいね。)

 

野菜スープde寒天

コンソメベースの野菜スープをドロドロにして寒天で固めるだけで、スープからおかずへと変身!
そのまま出して味噌やレモン汁をかけてみても良いですし、サラダなどに切り混ぜても良いですよ。

 

材料:2~3人分

・余った野菜スープ(かぼちゃ・人参・ほうれん草スープがおススメです)
400ml程度

・粉寒天
4g

 

作り方

1.コンソメなどで作ったスープ(できれば野菜オンリーのもの)を、フードプロセッサーやミキサー、ブレンダーなどで撹拌します。

2.粉寒天も加えてよく混ぜ、沸騰直前まで火にかけます。

3.常温で粗熱が飛ぶまで固め、粗熱が無くなったら冷蔵庫に入れます。

4.用途に合わせてナイフで切り分けて使いましょう。

寒天

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.