> >

生姜でポッカポカ♪ダイエット効果を支えるジンジャーレシピ2種

生姜ミルクスープ
 
ヨーロッパでもアジアでも、そして日本でも、古くからある種の食材は単なる料理の材料としてではなく、薬としても用いられてきました。

そのような食への考え方は、現代人のダイエットにおいても有効活用することができます。

スポンサードリンク

 

古代エジプトではにんにくやいちじくやビールが、中国では漢方薬として知られる様々な植物が、そして日本でも、中国を中心に世界各国から伝わった伝統食材が、一般の食事や薬などに用いられてきました。

今見ていきます生姜もその1つです。
昔から、日本で生姜は吐き気止めや、体を温める力があるとして風邪などの治癒にも使用されていました。

現代科学でもそのような生姜の力が証明されていますが、近年ではそれだけではなく、生姜のある成分にダイエット効果があるとして注目されています。

 

生姜のダイエット効果とは?~ジンゲロールとショウガオール

聞き慣れない言葉ですが、この2つこそが生姜の辛み成分の名前です。

生の生姜にはジンゲロールが辛み成分として含まれています。
これを加熱すると、ショウガオールになるというわけなのですが、両方とも体を温める役割を持つ成分です。

この成分こそが、生姜を生姜たらしめる辛み成分であり、体温低下に伴うダイエットの効率低下を防いでくれる優秀な成分でもあります。

冷え症の方だけではなく、ダイエット中はどうしても全体のカロリーが減るため、その分体温も低下していまいます。
体温の低下が続くとダイエットに必要な脂肪分解する力を体から奪ってしまいますから、ダイエット中も体温の低下には注意が必要だということになります。

しかし生姜の力を味方に付ければダイエット中の体温低下を防ぎ、ダイエットを効率的に成功させることも十分に可能です!

生でもジンゲロールという成分が、そして料理をしてもショウガオールという成分が、辛みによってあなたのダイエットを手助けしてくれます。

通年出回る生姜は、ほとんどのご家庭で常備されているのではないでしょうか。
乾燥させてシワシワになるまで放置しまっている方も少なくないようですが、ぜひぜひダイエット料理に活用してみましょう。

 

生姜をダイエット料理に使うコツ

実は生姜は、臭みの成分を”消す”性質を持っているのではありません。
臭み成分を”感じさせなくする”成分を持っているのです。
(その点で臭み成分を消す働きをするアルコールとは異なっています。)

完全に成分そのものを消し去るわけではないため、ある程度生姜そのものの風味と組み合わさることで良い香りとなる食材を選ぶことや、生姜そのままでも美味しく食べられるようなレシピを用いることが大切になります。

ただでさえカロリーオフされたダイエット料理ばかりを食べているとうんざりしてしまいますよね。
食材本来の性質を見極めて調理することも、ダイエット料理を食べてやせる秘訣になります。

ということで、まずは生姜そのものの味や香りを楽しめるレシピをご紹介します。

 

生姜ごはん

針生姜にすると見た目も美しくなります。
このレシピでは、生と加熱した生姜のどちらも楽しめるようになっていますが、
辛みが苦手な方は全てを最初から炊飯器に入れておくことを推奨します。

 

材料:ご飯3合分

・お米
3合

・生姜
80g

・鶏ムネ肉
50g

・うすくちしょうゆ
小さじ2杯

・かつお出汁
炊飯器の目盛りを目安に

・塩
小さじ1杯

・料理酒
大さじ1杯

・ごま
適量

 

作り方

1.お米を研いで炊飯器にセットしておきます。
冬場は20分~30分、夏は10分程度水に浸しておくと美味しく炊けます。

2.生姜の3分の2の量を千切りにし、針生姜にしておきます。

3.鶏ムネ肉は小さいぶつ切りにしておきましょう。

4.お米に通常の目盛りまでかつお出汁(粉末でも可)を、そしてその後にうすくちしょうゆと塩、料理酒を入れて軽くかき混ぜます。

5.鶏と生姜を入れます。(これはかき混ぜません)

6.ご飯が炊けたら茶碗に盛り、生の生姜とごま、お好みで塩をかけたらできあがりです。

 

生姜ミルクスープ

生姜はできるだけ細かくすることで、成分の効果をより高く発揮させることができます。
つまり、薄切りよりも刻み生姜、刻みよりもすりおろすことで、ダイエット効果もより高まるということです。

 

材料:2~3人分

・生姜
30g

・玉ねぎ
1個

・あさり
適量

・ほうれん草
2束

・オリーブオイル
大さじ1杯

・固形コンソメ
1個

・牛乳
400ml

・水
200ml

・白ワイン(なければ料理酒)
30ml

・塩コショウ
少々

 

作り方

1.あさりを砂抜きし、オリーブオイルを熱した鍋に入れます。
そこに白ワインを加えて蓋をし、中火にかけましょう。

2.あさりの口が開いたら、一旦取り出しておきます。
鍋はそのまま使います。

3.鍋にみじん切りにした玉ねぎを入れてじっくり炒めましょう。柔らかくなればOK。

4.鍋にあさりを戻し、水とコンソメ、ほうれん草を加えて野菜に火を通します。

5.コンソメが溶けたら、すりおろしにした生姜と牛乳を入れます。
牛乳が沸騰しないよう、弱火でゆっくり温めてください。

6.最後に塩コショウで味を整えたら完成です!

生姜ミルクスープ

 
単品ダイエットはほとんどが成功しないばかりか、リバウンドの危険性さえ持っています。

簡単で楽なダイエットへの誘惑する魅力的な食材も多い中、生姜は縁の下の力持ちのように、様々な料理に使うことで高いダイエット効果を発揮してくれる食材です。

生姜単品でダイエットしようと息巻くのではなく、地道にしかしリバウンドなしのダイエットを成功させようという気持ちで使ってみられてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.