> >

お野菜てんこ盛りダイエットレシピ:お腹大満足の具だくさん水炊き

ダイエット成功
 
野菜を美味しく食べられるコツが分かれば、ダイエット中に野菜を中心にしたローカロリーな料理でみるみる痩せることができます。

今回は、料理が不得意な方でもとにかく簡単に作られる、低カロリーでお腹も満たせるレシピをご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

野菜はとにもかくにも低カロリーです。
料理が好きなダイエッターにとっては当たり前とされていることなのですが……。

単品のみのダイエットしか経験したことのない方や、ダイエット食品だけに頼ったダイエット方法が中心の方、
料理があまり得意でないという方にとっては、意外にも野菜を使ったダイエット方法に馴染みがないという場合も多いようです。

野菜の良さは種類の分だけあるため、ダイエットに効果的な栄養素をここで全て列挙することは難しいのですが、その一部だけでも見ていきましょう。

 

ダイエットに効く野菜の栄養素 5種

1.カリウム

きゅうりやキャベツ、ゴーヤに多く含まれている栄養素です。
余分な水分を排出し、ダイエット中には避けたいむくみの症状を緩和してくれます。
夏の野菜に多いのが特徴の栄養素ということで、体を冷やす働きもその野菜に含まれている場合もあり、冷え性の方や月経期間前には食べ方を工夫する必要もあります。

 

2.食物繊維

ほとんど言って良いほど、多くの野菜またキノコ類に含まれているのが食物繊維です。
厳密にはキノコ類は野菜とは違いますが、ローカロリーで健康にも良いことから、野菜同様の料理方法で楽しみつつ、ダイエットすることが可能です。
注意すべき点としては、食物繊維そのものを食べても便秘が改善するということではないことを理解し、便の素=炭水化物と同時に摂取する必要があるということが挙げられます。
食物繊維はダイエットに必要不可欠ですが、それだけではないということを覚えておきましょう。

 

3.ビタミンB1

ビタミンB1は主に豚肉などに多く含まれている、ダイエット中の方はぜひ取りたい栄養素の一種です。
この栄養素が含まれた野菜は探すだけでも大変ですが、身近な野菜ではれんこんに多く含まれています。
糖質の代謝をアップさせる効果があるビタミンB1は、太りやすい人に共通する甘い物好きな体質を変化させてくれるかもしれません。

 

4.リコピン

リコピンと言えばトマトの代名詞ともなっているほど、世の中に浸透した栄養素の名称ですよね。
その通り、リコピンはトマトに多く含まれています。
血糖値の上昇を抑え、脂肪の代謝を良くする働きがあるとして知られているリコピンは、
年中手に入る便利なトマトから摂り入れましょう。

 

5.脂質

二重の意味で驚きなのが脂質です。
一つめがダイエットと言えば脂質を抜くことが望ましいと言われていること。
二つめはとにかく野菜には脂質は含まれていないのでは?ということですね。
実際に概ねその通りなのですが、上記で提示したような野菜の栄養素の多くは、脂質と共に摂取することで相乗効果を発揮するという特徴も持っています。
また、野菜の中でもゴマやもやしには脂質が含まれています。
ダイエット中でも気にする必要性の低い量の脂質ですが、他の栄養素と組み合わせる点では程度の良い量の脂質ですので、料理の添え物などで上手く食べるようにしたいものです。

 

野菜を美味しく食べるコツ

野菜を美味しく食べるコツにもいろいろなものがありますが、特にここで注目したいのは”うまみ”を上手く利用する方法です。

上でも見たように、野菜は確かにダイエットで有効に活用できる食材です。
しかし野菜にも種類がありますから、

●かぼちゃやサツマイモや人参などの根菜類
●玉ねぎやネギなどの加熱すると甘味が増す野菜
●春菊やセロリなどの香り豊かな野菜

などは、薄い味付けや場合によっては味付けなしでも美味しく感じるものです。

白菜やレタスなどのようにそのままでは味気がない野菜や、逆にニラや菜の花、時間の経ったタケノコのようにえぐみや香りが強い野菜などは、ある程度調理方法に工夫が必要です。

そこで活用したいのが”うまみ”なのです。

 

うまみを使った野菜料理

うまみを使った野菜料理でおススメなものが、お鍋です。
様々なダシを気分や季節によって変えることで、野菜が美味しくたくさん食べられます。

寒い時期にはもちろんのこと、中国や韓国の美容方法を見習い、敢えて夏に辛いお鍋でダイエット効果を促進させるのもアリかもしれませんね。

ということで、今回はうまみを利用した野菜鍋の中でも、特に簡単ですぐ食べられる水炊きをご紹介いたします。

ダイエット中は美味しい&簡単&スピーディーな料理が良いですよね。
水炊きに入れる野菜を季節に合わせて変えながら、楽しんでダイエット料理を食べましょう!

 

具だくさん水炊きの作り方

材料

・季節の野菜(白菜・キャベツ・レタス・ほうれん草などなど)
適量

・かつおダシ
適量

・骨付き鶏肉
一人2~3本

・しらたき
300g程度

・お好みのキノコ
適量

・一味や七味、ポン酢など
適量

 

作り方

お鍋ですから、全ての材料を鍋でグツグツ煮るだけです。

 

ポイント

鶏肉を最初に20分ほど茹でておくと、鶏のうまみが引き出せます。
また、ダシは顆粒ダシではなく、かつお節からとったダシが断然良いですよ。
しらたきをたっぷり入れ、肉の量が少な目でも満足感が得られるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.