> >

絶妙な塩加減でむくみ知らず!あったか冷や汁風ダイエットレシピ

あったか冷や汁風
 
ダイエットに欠かせないと言われている”水分補給”。
水ダイエットというものがあるほど、水はダイエッターの間で基本のアイテムとなっていますが……。

ダイエット中の水分の上手な摂り方に着目しながら、料理中にどのような形で水分を取り入れるのが望ましいか考えてみましょう。

スポンサードリンク

 

人の体は水でできている

まずは、「ダイエットに水が良い」という言葉の真偽を把握しましょう。

人の成人の体は、約6割が水分でできていると言われています。
しかし頭では理解できていても体内でどのように水が循環しているのかは直感的に理解するのは難しいでしょう。

その理由のひとつには、水の利用のされ方にありました。
では体内でどのように水が利用されているというのでしょうか。

簡単に言えば、水は摂取と排出を常に繰り返しているのです。
つまり、食事や水そのものから取り入れた水分=尿や汗などから外へ出る成分、だということになります。

そういった事実から推測すれば、わたし達の多くが「こまめに体に良い成分の多く入った水を飲んだ方が良さそうだ」と感じるのも無理はありませんね。

それに加えて、実際に腎臓病や便秘などの改善研究においてある一定の評価を受けているようで、そのデータからも単純に水=体に良い!と結論付けてしまうこともあるのでしょう。

 

水ダイエットとは?

水ダイエットの方法論も提示する個人や企業によって若干異なるようですが、
概ね

●1日で1.5~2リットルの水を飲むのが好ましい
●食事前、食事中には必ず水分補給

という方法が取られています。
プラスαで、

●炭酸水やミネラルウォーターを推奨する水ダイエット法
●硬水と軟水の違いに着目したもの
●白湯or冷水どちらか論

が組み合わさったものが水ダイエットとして浸透しています。

 

水ダイエットで痩せられる?!

ダイエットには多種多様な方法があります。
どれが一番良いのか断言することは非常に危険です。

育った国の文化や個人の家庭環境、まだ遺伝的性質など様々な要素が絡み合っているため、個人個人に最適なダイエットは、本人が健康なまま適正体重を維持している状態となるまでは完全には分からないからです。

水ダイエットにも同様のことが言えます。

確かに、上記のような水ダイエットを試された方の中でも確実に減量成功したり、ダイエット効果はあまり無いものの肌やその他の面での改善が見られる方などいらっしゃいます。

しかし、それが万人に向けた100%正しいダイエットなのかというのは不明なもので、科学的根拠も現段階では確認されていないのです。

もちろん喉が渇けば水分補給することや、便秘気味の時に水を多めに飲んだりすることの効果や必要性は、ほとんどの方が直感で納得できるものです。
こういった”心の底、体の内側から欲求すること”というのは、健康な方の場合必要性の高いことが多いため、無視をしてはいけません。

したがって、

●ダイエット中に減量目的で水分さえ飲まない
●水のせいでむくんでいると勘違いし、水を余計飲まなくなる

などは危険な行為です。

水ダイエットでなくともダイエット中の適度な水分摂取は大切ですから、このような極端な水分拒否は止めましょう!

 

適度な水分補給とダイエット

むくみの話が出てきましたので、水分の話と絡めてご説明いたします。

むくみは、腎臓の働きが弱まることで起こってしまう症状です。
酷い場合は腎臓病の疑いもかかってしまうほど、むくみにと腎臓の関わり合いは強いものがあるのです。

ダイエットにもむくみは邪魔ですよね。
せっかく良質な食事を摂っても、むくんでいては余分な老廃物が排出されにくく、栄養素も有効成分ではなく毒素となってしまうおそれもあります。

また、むくみそれ自体が美の状態とはかけ離れていますから、
ダイエットで減量してみても見た目が雪だるまのようでは残念な結果となってしまいます。

ただし、むくみの原因は”水分の摂り過ぎ”と”水分の摂らなさ過ぎ”の2つの要因だけではなく、生活習慣や体質の差によって理由は様々です。
単純に、水を飲んだり止めたりすれば良いという話ではありません。

他の要因も考慮に入れつつ、むくみを上手に回避・改善するためには、やはり適度な水分補給が必要なのです。

またダイエット中に不必要なむくみ状態の改善には水分だけではなく、塩分などの濃度の増減をすることと、腎臓が水分を上手に排出できるよう適度にカリウムを摂取することも重要です。

まとめると、

●単純に水を飲むだけのダイエットは成功しにくい
●塩分が適度に含まれた水分も併せて日々摂取すること
●食事からカリウムを摂ること

以上が、水をダイエットに取り入れる考え方の基本となります。

 

ダイエット中にぴったり!あったか冷や汁風

というわけで、今回のダイエットレシピは”水分と塩分とカリウム”を取り入れることのできる料理です。

宮崎県の郷土料理として有名な今回のレシピは、本場のように冷やしても、また冬場は味噌汁の一種としても楽しむことができますよ。

 

材料:1人分

・きゅうり
1本

・味噌
適量

・いりこ(煮干し)
10匹程度

・ごま
大さじ1杯

・木綿豆腐
50g~100g

 

作り方

1.ミキサーやフードプロセッサーなどにいりこ(煮干し)を入れて細かくします。
細かくなったら、味噌とごまを加えてさらに混ぜます。

2.お椀にくずした豆腐とスライスしたきゅうり、1を入れます。

3.最後に熱湯を注ぐだけで完成です。

お好みでみょうがや白髪ねぎをのせても美味しいですよ。

 

ポイント

きゅうりのカリウムはピカイチです。
味噌の塩分とたっぷりの水分、きゅうりのカリウムから成るヘルシーな汁物です。
宮崎風にご飯にかけても美味しいですが、サラっといけるので食べ過ぎに注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.