> >

砂糖ゼロのレシピ「おはぎ」~炭水化物抜きダイエットの利点と欠点

おはぎ
 
数年に一度はブームになるダイエットに”炭水化物抜きダイエット”があります。
大多数の人に効き目抜群?!と言われる炭水化物抜きダイエットですが……。

ここでは、炭水化物抜きダイエットが成功する人としない人、またこのダイエット方法のメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

 

炭水化物抜きダイエットとは?

●自分はダイエットマニアだ
●ダイエット成功とリバウンドを繰り返している
●ダイエットを始めたばかり
●面倒なダイエットは嫌い

こういった方の多くに共通していることとして、炭水化物抜きのダイエットを一度はやったことがある、ということが挙げられます。

炭水化物を抜くダイエット方法にも提唱する個人や機関によって差異が見受けられますが、基本的には米やパンなどの主食や、芋やバナナなどの質量が大きめな炭水化物を抜いて食べるという方法が取られます。

ダイエットに詳しくない人でも予想の付く通り、このような世の中に出回りがちな炭水化物抜きダイエットでは、「数値的に見える”カロリー”の割合が多めの炭水化物を抜くことで全体的にカロリーを減らし大幅&急速に体重を減らせる」というメリットに注目させるという手法が少なくありません。

炭水化物抜きダイエットがダイエッターを魅了する理由は、

●簡単
●経済的
●忙しくても続けられる

などがあります。
確かに主食などを抜く方法ならば、

●忙しくダイエットのことばかりは気にかけていられない現代人にも煩雑さが少ない
●とにかく食材を抜けば良い=家計にも優しい気がする

という選択理由にも頷ける面があるでしょう。

 

炭水化物抜きダイエットのデメリット

医療機関や研究機関などが携わり治験などを経由してデータが蓄積された炭水化物抜きダイエットも現にあります。
そういったダイエットは糖尿病や重度の肥満症などの改善として用いられる場合があります。

しかしそのような手法とそういった手法を真似たダイエット方法とでは、当然ながらダイエットの成功や維持にも違いが出てしまいます。

食や医療に詳しくない方が単純に取り入れてしまった場合、ダイエットが成功しないばかりか、体に良くない影響を与えてしまうおそれも考えられます。

それは炭水化物が、エネルギーを用いながら生きなければならない人にとって必要不可欠なものだからです。
エネルギー源が急激に減ると人体は危機を感じるという論理を何よりも実証しているのは、正しくない炭水化物抜きによりリバウンドを繰り返す人そのものかもしれません。

 

そもそも炭水化物は太るのか?

実際に、炭水化物=太る根本的原因だというのは本当なのでしょうか?

厚生労働省が推奨する炭水化物の摂取内容を見てみると、それは概ね大多数の日本人には当てはまらないことが分かります。

炭水化物抜きのダイエットを広める手法では、

●炭水化物で太る
●炭水化物で糖尿病になる

などと炭水化物が悪者とされる文言が使われることが多いのですが、そもそもはそれが間違いなのです。

現在の理論・疫学的観点から見ると、炭水化物が健康に悪い影響を及ぼすということは考えられていないのです。

炭水化物が諸悪の根源とまでされがちな糖尿病に関しても、ほとんどは本人の食生活以外の生活習慣の悪さ(運動不足や、食事全般のカロリーの摂り過ぎ)の方が深く関与しています。

つまり、炭水化物のみを減らしたところで、ダイエットにも糖尿病にも根本的な改善は見込めないということになります。

医師や専門家から直接指導を受けたわけでもない一般のダイエッターが炭水化物を抜いても、さほどダイエットには影響力がないということですね。

 

ダイエット中でも炭水化物の適度な摂取は必要

エネルギー源となる炭水化物は、人が生きていくのに何よりも必要なものです。
特別な病気や肥満だったり、医師や専門家に指導されている方以外の一般的なダイエットにおいては、毎日適度な炭水化物を摂取することが勧められます。

炭水化物にはエネルギーとなるカロリーとしての役目もありますが、とりわけ”ぶどう糖”の働きはダイエット中にも注目すべきでしょう。

ダイエットに必要な運動やダイエット中の体調を整えるために身体中の組織が働いていますが、その働きにはぶどう糖が必須です。
炭水化物から大量に摂取するぶどう糖が無ければ運動も長続きせず、また肌や髪の毛などもボロボロになってしまいます。

もちろん、炭水化物を抜いてしまえばカロリー的には大幅ダウンが見込めるでしょう。

しかしそういった無理のあるダイエットは永遠には続きませんし、体が必要とするエネルギー源の代用として糖分や油分を欲求するようになり、その他の病気などを招いてしまう結果となってしまうのです。

ダイエットは体を壊すためにやるものではありません。
あくまで綺麗に美しく、そして健康的に幸せになるために続けられるものにしていきたいものですね。

 

お砂糖ないのに甘々♪おはぎの作り方

材料:お茶碗一杯分のご飯分

・ご飯(もち米とうるち米半々でもOK)
お茶碗一杯(約120~150g)

・きなこ
大さじ2杯

・ゆであずき(手作りでも市販の物でも可)
10g

・本みりん
大さじ1、2杯

・塩
少々

 

作り方

1.きなこ大さじ1杯を使い、ゆであずきと塩と共によく混ぜます。

2.そこに本みりんを少しずつ入れながらゆるめていきます。

3.ご飯を小さく丸め2を周りに付けていきます。
余ったきなこを周りに付けても良いですね。

 

ポイント

本みりんはアルコール度数が強めです。
お酒に弱い方はハチミツなどで代用してください。

きなこをあずきと混ぜることで、あずき本来の甘味が楽しめます。
こうすることで、お砂糖なしでも甘みを感じることができますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.