> >

ダイエット中にも飲めるお酒レシピ「ホットジンジャービール」

ビール
 
ダイエット中にもお酒は飲みたくなるものです。
また、仕事や交際関係のお付き合いでお酒が重要な役目を果たす場合もあり、ダイエット中と言えどもお酒を完全排除!とはいかない方も多いはずです。

そこで今回は、お酒の中でも特にビールに注目して、ダイエット中のビールの飲み方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

ダイエット中はお酒とどうつき合う?

“ドリンカビリティ”という言葉をご存じでしょうか?
お酒が大好き、またはお酒に詳しいという方なら一度は耳にしたことがあるかもしれません。

この”ドリンカビリティ”というのは、
「もう一杯お酒が飲みたいな~」
というような、お酒への欲求の強さの度合いを表す言葉で、
ドリンカビリティが高いお酒=ついつい飲み過ぎてしまうお酒ということになります。

つまりダイエット中の飲酒では、できるだけドリンカビリティの高いお酒を避けたり、ドリンカビリティの高いお酒の飲み方に工夫をすることがポイントとなります。

 

ドリンカビリティの計測

ドリンカビリティの高いお酒と言っても、実は”心理的要素”が強いのです。
したがって、日本酒やワインなどの自然酒がもっと飲みたくなるという人もいれば、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を好んで飲み続けてしまうという人もいるように、個人によってもドリンカビリティには違いが出るということです。

しかしながら生理学的な研究によると、胃からの輸送速度などを計測し、ドリンカビリティに近いお酒を客観的にデータとして表すことも可能とされています。
(一流大学の農学研究科などで計測されています)

そういった研究のひとつによると、
胃からの排出速度が速ければ速いほど体外への排出も速くなり、多くのアルコールを飲むことに繋がる
という結果が出ているようです。

これは言い換えれば、
「代謝を早く感じることができるのでドリンカビリティが高くなる」
ということです。

 

ドリンカビリティが高いお酒

以上のことを踏まえた研究によれば、現在のところ特にドリンカビリティが高いお酒となっているのはビールだというデータが出ています。

実感としても、ビールは最初の一杯では終わらない……という方も多いのではないでしょうか。

 

ビールの泡がデブの素?!

またドリンカビリティ以外に、ビールに欠かせない泡にもダイエット中にも関わらずお酒をどんどん進ませてしまう効果があります。

ビールが注がれる時にできる特有の泡の分子に注目すると、麦芽由来のタンパク質の分子と分子を、ホップの苦み成分(イソフムロン)が保護してくれていると考えられています。

ダイエットをしている人もそうでない人も、基本的に人はタンパク質を必要としていますが(必須アミノ酸が体内で生成されないため)、ビールに含まれるタンパク質を泡が閉じ込めることでより美味しく、そしてよりビールを進ませる要素ともなっているということなのです。

ドリンカビリティが高いお酒としても、また独特の飲み応えを感じさせる泡から考慮しても、飲みたくなる&飲み過ぎてしまうお酒No.1とも言えるビール。

ダイエッターにとって幸か不幸かビール離れが嘆かれる昨今でも、未だに最初の一杯がビールで始まるイベントは少なくありません。
ダイエッターでもまだまだビールとの付き合いは続くであろうことが予測できます。

 

ではダイエットにビールはダメなの?

「だったらダイエット中はダイエットビールや他のお酒で……」
と考えられた方、ちょっとお待ちください。
古代エジプトから現代に渡るまで世界中で愛飲されてきたビールですから、当然ながら体内への良い効果があります。

それが、”ビール酵母”です。

 

ビール酵母とは?

ビール酵母には、良質なタンパク質とビタミンB群、豊富な食物繊維が含有されています。
更に腸内細菌の発酵を促進させる役割を持っているため、カルシウムの吸収率を上げる働きもします。

羅列するだけでも分かる通りのダイエットに必要不可欠な食物繊維やビタミンB群などの栄養素が、ビールを美味しく飲みながら補給できるということです。

特に食物繊維やカルシウム吸収率アップ効果などは、女性のダイエットにビールが有効活用できるということが分かります。
これをむざむざ”ドリンカビリティが高い”ということを理由にして避けることはもったいないですね。

 

ダイエット中のおススメのビールの飲み方

ダイエット中のビールは、何と言ってもホットビールがおススメです。

ビールを温めることで余分なガスが抜け、ビール本来の良い香りが芳醇になります。
すると濃厚なビールの香りによりドリンカビリティが下がり、飲み過ぎ防止につながります。

ビールの本場イギリスのパブでは、泡の少ないビールをゆったりと飲む習慣があります。
このように、ビールを冷やしてゴクゴク飲むだけではなく、温度を変えながら味わって飲むという世界に通じる飲み方で、ビールを上手にダイエット中のお楽しみとして利用することもできるでしょう。

 

ホットビールの作り方

材料:2人分

・ビール
1缶

・シナモンなどお好みのスパイス
適量

・生姜
1片

・柚子やオレンジなどの皮
適量

・バニラエッセンス
1~2滴

 

作り方

1.できるだけ泡が立たないよう耐熱容器にビールを注ぎ、様子を見ながら沸騰しない程度に温めます。

2.お好みで生姜やかんきつ類の皮をスライスしたもの、シナモンなどのスパイスを入れればOK。

 

ポイント

お砂糖やバターを入れてしまうともちろん美味しいですが、ダイエット中はスパイスやかんきつ類の皮で香りを楽しむよう工夫しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.