> >

ダイエット中のおやつ和菓子レシピ「豆腐白玉団子抹茶風味」

豆腐白玉団子抹茶風味
 ダイエット中でも、小腹は減るし、時々は甘いものが食べたくなりますよね。そんなときは、脂肪と糖分たっぷりの洋菓子は避けて、ヘルシーな和菓子にしましょう。豆腐を加えて作った白玉団子は、柔らかくてもちもちで、美容効果も抜群ですよ。

スポンサードリンク

 

豆腐白玉団子抹茶風味

材料(作りやすい分量)一人分約120kcal

白玉団子       1袋
絹ごし豆腐      1丁
抹茶       大さじ1
きなこ        適量
黒蜜         適量

 

作り方

1. 白玉団子をボウルに入れ、抹茶と絹ごし豆腐を加える。耳たぶくらいの固さになるまでよく混ぜ合わせる。

2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、一口大に丸めた1を落としていく。

3. 団子が浮いてきたら、冷水に取る。

4. 器に盛り、きな粉と黒蜜をかけていただく。

 
 白玉団子を作る時は、水の分量が難しいものですが、豆腐を使うと失敗がありません。水で作るよりも、柔らかくてもちもととした食感になるのでお勧めです。たくさん作って冷凍しておいて、ぜんざいに入れてもいいですね。抹茶を加えていない団子なら、団子汁にしてもおいしくいただけます。

 

食べてきれいになれる大豆

 おやつを食べるなら、せっかくなので美容効果も期待したいところですね。

 豆腐やきな粉は大豆でできています。大豆には、大豆イソフラボンというポリフェノールが含まれています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンというホルモンの働きを補ってくれます。エストロゲンは幸せホルモンとも呼ばれ、幸福感を感じさせてくれるホルモンです。エストロゲンは、生理周期によって増えたり減ったりしますが、エストロゲンの働きが強い時は肌や髪はつややかで、女性らしい魅力にあふれています。大豆イソフラボンは、エストロゲンが足りなくなると、自分自身がエストロゲンに近い形に代わって、エストロゲンの働きを助けてくれるのです。

 

抹茶のカテキンでシミ・シワ対策

 さわやかな苦みがおいしい抹茶ですが、抹茶も美容効果が豊富です。

 抹茶には、カテキンというポリフェノールの一種が豊富に含まれています。抗酸化作用が高く、肌の若返りを助け、シミやシワを予防してくれます。ビタミンCやビタミンBも豊富に含まれていますね。ビタミンCは紫外線による肌のダメージから肌を守り、白い肌を保ってくれます。ビタミンEは大変抗酸化作用が高く、細胞を若返らせてくれる美容には欠かせないビタミンです。

 黒蜜は、砂糖よりもカロリーが控えめです。精製していない糖類からできているので、ミネラルがとても豊富に含まれています。オリゴ糖成分が含まれていて、腸内環境も整えてくれますよ。

 おいしく食べて美しくなれる和菓子は、ぜひポリフェノールたっぷりの緑茶と一緒に召し上がってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.