> >

全然手抜きに感じない「ロールキャベツ風ミートボールスープ」

ロールキャベツ風ミートボールスープ
 トロトロに煮込んだロールキャベツはとてもおいしいですよね。でも、種を作ってキャベツで巻いてと、なかなか面倒な料理でもあります。面倒な割には、食べる時はキャベツがはがれてしまうんですよね。ということは、巻かなくてもいいのでは?という発想のお料理です。肉だねにキノコをたっぷりとくわえて、カロリーを抑え、うまみを増やしています。

スポンサードリンク

 

ロールキャベツ風ミートボールスープ

材料(4人分)     1人分約280kcal

ひき肉          200g
玉ねぎ           1個
椎茸            2枚
えのき           1株
パン粉          1カップ
たまご           1個
キャベツ         1/4玉
ベーコン          4枚
トマトホール缶       1缶
コンソメキューブ      2個
塩・胡椒          適量

 

作り方

1. 玉ねぎ、椎茸、えのきはみじん切りにする。キャベツは乱切りにし、ベーコンは1㎝幅に切る。

2. ボウルにひき肉を入れ、肉の粒が見えなくなるまでしっかりと捏ねる。玉ねぎ、椎茸、えのき、玉子、パン粉、塩・胡椒を入れ、しっかりと混ぜ合わせる。種が混ざったら一口大に丸める。

3. 鍋にトマトホール缶と水1カップ、キャベツ、ベーコン、コンソメキューブを入れ、一煮立ちさせる。

4. 沸騰したら、2のミートボールを入れ、30分ほど煮る。塩・胡椒で味を調える。

 
 トロトロに柔らかくなったキャベツには、ベーコンとミートボールのうま味がしみ込んでいてとてもおいしいですよ。

 

キノコを使って大幅カロリーダウン

 ひき肉に椎茸などのキノコ類を入れてかさましをすると、お肉の量を減らすことができてハンバーグやミートボールのカロリーを抑えることができます。キノコ類は食物繊維が豊富で、ミネラルがたっぷり含まれているのに、カロリーは限りなく0に近い、ダイエットには欠かせない食材です。うまみ成分を豊富に含んでいるので、煮込み料理に加えると、おいしい出汁を出してくれるのでお料理のグレードが上がりますね。

 

キャベツとトマトで旨味も栄養もたっぷり

 キャベツは煮込むと食材のうま味をしっかりと含んでくれます。キャベツは野菜の中でもビタミンCの含有量が多い美容に良い食材です。ビタミンCは水に溶けやすいので、スープ仕立てでいただくのがお勧めです。また、キャベツはビタミンUという成分を含んでいます。ビタミンUを含む食材は珍しいのですが、この栄養素は、キャベジンという名前で、胃の調子を整えてくれます。

 ロールキャベツにはいろいろな味付けがありますが、やはりトマトスープ仕立てにするのが一番ですね。トマトはリコピンという強い抗酸化作用を持つポリフェノールや、若返りのビタミンと呼ばれているビタミンB、美肌のもとになるビタミンCが豊富に含まれています。低カロリーで、美容に良いおいしいトマトソースは、手抜き料理には見えませんよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.