> >

栄養豊富で低カロリー!ふわふわいか団子の具だくさんスープ簡単レシピ

ふわふわいか団子の具沢山スープ
 魚介のうま味がたっぷりのすり身団子は、スープにするとうまみを出してくれて病み付きになるおいしさ。たっぷりの野菜と一緒なら、ビタミンもとれて一石二鳥ですね。すり身のお団子って、結構簡単に作れるんですよ。いかとおからと豆腐で作ると、ふわふわでとってもおいしくできます。もちろん、高たんぱく低カロリーでダイエットにも最適です。

スポンサードリンク

 

ふわふわいか団子の具だくさんスープ

材料(4人分)  1人分約240kcal

いか       1杯
おから     100g
木綿豆腐    1/3丁
青ネギ     1本
しょうが    1片
片栗粉   大さじ4
しょうゆ  大さじ1
塩     小さじ1
胡麻油   大さじ1
酒     大さじ1
みそ    大さじ1

白菜     1/8株
白ネギ     1本
椎茸      4枚
ごぼう     1本
だしの素  大さじ2
塩     小さじ1
醤油    大さじ2
酒     大さじ1

 

作り方

1. いかはワタを取り、フードプロセッサーにかける。豆腐は水切りをしておく。青ネギは小口切りにし、しょうがはすりおろしておく。

2. ボウルにいか、豆腐、おから、しょうが、片栗粉、しょうゆ、胡麻油、酒、みそを入れ、しっかりと混ぜ合わせる。全体がよく混ざったら、一口大に丸める。

3. 白菜を3㎝幅に切り、白ネギを斜め薄切りにする。椎茸を薄切りにする。ごぼうは斜め薄切りにして酢水にさらしておく。

4. 3を鍋に入れ、水4カップを入れ、だしの素、しょうゆ、塩、酒を入れ、一煮立ちさせる。沸騰したら2の団子を入れ、10分ほど煮る。

 
豆腐でふんわりと優しい口当たりのいか団子から、おいしい出汁が出ています。
いかも豆腐もおからも、高たんぱく低脂肪で、ダイエットには最適です。

 

タウリン豊富ないかを使って

 いかは、昔はコレステロールが高いといわれていましたが、実は善玉コレステロールであることが分かってきました。善玉コレステロールは、身体に悪い悪玉コレステロールを体から追い出してくれる健康の味方です。いかには、タウリンが豊富に含まれています。タウリンはアミノ酸の一種で、疲労を回復する効果があります。むくみを改善する効果もあって、女子にはうれしい食材ですね。

 

女性の味方!おからと豆腐

 おからと豆腐は、大豆の栄養がたっぷり詰まっています。大豆には、大豆イソフラボンというポリフェノールがたっぷりと含まれていますね。大豆イソフラボンは、女性ホルモンによく似た働きをし、肌の調子を整え、女性らしい美しさをもたらしてくれます。

 団子汁は、お好みのたっぷりの野菜と一緒にスープ仕立てにするのがお勧めですね。野菜にはビタミン類が豊富に含まれています。白菜などの薄い色の野菜にはビタミンCが豊富ですが、ビタミンCは水に溶けやすい性質を持っています。スープなら、煮汁に溶け出した栄養素をしっかりと取ることができます。たっぷりの野菜でお腹を満たせば、一食のカロリーも抑えることができるので、ダイエットにも最適ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.