> >

太りにくいベトナム料理レシピ|牛肉のフォー&ベトナム風お好み焼き

箸
 
 私たち日本の伝統食「和食」は、世界が認める健康食でもあります。日本人は世界の中でもスリムな人が多いのもよく知られた事実です。しかし、女性の肥満率が10パーセント台という驚くべき国があるのです。その国とは、「ベトナム」。東南アジアの中でも経済的に急成長を遂げている国のひとつです。そんなスリムなベトナムの人々は、一体どんなものを食べているのでしょうか。

スポンサードリンク

 

ベトナム料理の特徴

 ベトナム料理は一時期流行したことがあり、代表的なベトナム料理のひとつ「フォー」のお店まで出店されたほどです。残念ながらそのフォーのお店は閉店してしまいましたが、ベトナム料理は今も料理本に頻繁に登場するスタンダードな料理に定着しました。

 そのベトナム料理、やはりスリムになれる秘密があったのです。それは、まず「野菜がたくさん摂れる」ということ。さらに出汁を活かした味付けで「脂っぽくない」という特徴もあります。全体的にさっぱりした味わいですが、牛肉や鶏肉なども使われていますし、揚げ物もあります。ただたらふく食べても太りにくいのです。

 そんなダイエッターの強い味方ベトナム料理から、今回は代表的なレシピをご紹介したいと思います。

 

牛肉のフォー

材料

牛薄切り肉・・・1パック
もやし・・・1/2袋
パクチー・・・2本
魚醤・・・適量
塩・・・適量
フォー・・・160g
酒・・・適量

 

作り方

1、 フォーは熱湯で茹でて、ざるにあげておく。

2、 パクチーは一口サイズに切っておく。

3、 もやしは熱湯で軽く茹でて火を通し、柔らかくして水気をよくしぼっておく。

4、 鍋にお湯を沸かし、牛肉、酒を入れて茹でる。アクが出てきたら丁寧に取り除く。

5、 4の牛肉に火が通り、アクが出なくなったら、魚醤と塩でスープの味を整える。

6、 1を器に入れ、2、3をその上から盛り付けて、5の牛肉をスープを注ぎ出来上がり。

 

ベトナム風お好み焼き

材料

卵・・・4個
もやし・・・1/2袋
むきエビ(茹でてあるもの)・・・1パック
豚薄切り肉・・・1/2パック
塩、こしょう・・・適量
魚醤・・・適量
ごま油・・・適量

 

作り方

1、フライパンを熱し、ごま油を敷いて、豚薄切り肉を入れ、火が通るまで炒める。

2、豚肉に火が通ったらもやしとむきエビを加えて、塩、こしょう、魚醤で味付けをし、なじませるように炒める。

3、2を炒めたら火を止めて置いておく。

4、卵をボウルに割り入れて、よく混ぜ合わせておく。

5、3とは別のフライパンを熱し、ごま油を敷いて、4を薄く流し入れる。卵火が通る前に3を半分入れて蓋をし、蒸し焼きにする。

6、蒸し焼きにしたら卵を折り畳み、お皿に盛る。

7、残りの卵と3も同様にして焼き上げて、出来上がり。

 

ベトナム料理は丁寧さが命

 ベトナム料理をおいしく作ることは、とにかくすべての工程を丁寧にすることです。アク取りひとつで、スープの仕上がりも変わってきます。きれいの第一歩と思って、ベトナム料理にぜひ挑戦しれてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.