> >

具入りで血糖値の急激な上昇を防ぐ!ダイエット中のお米レシピ2種

ダイエット成功
 
 ダイエットの敵、と言えば、主なエネルギー源である「お米」。お米に含まれる栄養素のほとんどが炭水化物と、カロリーも高めなのが特徴です。ですからダイエット中の食事では、よくこのお米の量を減らしたりお米を全く食べなかったりして、カロリーを落とそうと努力するものです。しかし、本当にご飯はダイエットの敵なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

お米にある意外なダイエット効果

 お米に含まれる栄養素は、確かにエネルギーの素、炭水化物がほとんどです。しかし、他の炭水化物、パンやそば、うどん、パスタといったものよりも腹持ちが良いのも事実。さらに、日本人は昔からお米を食べてきたことから、体の構造がお米の消化に適した形になっているそうです。つまり、食べ方によっては太ることなくおいしくお米をいただけるのです。

 また、お米には整腸作用もあるということがわかってきています。便通をよくするだけでなく、体温もあげてくれるため冷え性改善にも一役買ってくれるのだとか。ここまでくると、お米をダイエットの味方にしないわけにはいきません。今回はこのお米を使ったレシピをご紹介します。

 

ひじきの炊き込みご飯

材料

お米・・・二合分
ひじき(水で戻したもの)・・・1/2カップ
人参・・・1/4本
ごぼう・・・1/4本
白だし・・・適量
しょうゆ・・・大さじ1杯

 

作り方

1、お米は良く研いで、とぎ汁が透明になるまで洗う。

2、水で戻しておいたひじきは、水気をよく切りキッチンペーパーで水分を拭き取っておく。

3、人参は千切りに、ごぼうはささがきにしておく。

4、1に2、3の人参とごぼう、分量分の水を入れ、白だし、しょうゆを加えて、炊飯器のスイッチを入れて炊いていく。

5、炊きあがったらよく混ぜ合わせてから再度蓋を閉め、蒸す。

6、蒸しあがったらお椀によそって出来上がり。

 

わかめと梅の混ぜご飯

材料

お米・・・二合分
わかめ(水で戻したもの)・・・1/4カップ
梅干し・・・1個
塩・・・適量

 

作り方

1、お米はよく研いで、とぎ汁が透明になるまで洗う。

2、1に分量分の水を入れて炊飯器のスイッチを入れて炊く。

3、水で戻しておいたわかめは、水気をよく切りキッチンペーパーで水分を拭き取って、細かく刻んでおく。

4、梅干しは種を取り除いてみじん切りに。ペースト状にまではしないこと。

5、ご飯が炊けたら、よく混ぜ合わせてから再度蓋を閉め、蒸す。

6、蒸しあがったら3、4を入れてよく混ぜ合わせる。

7、塩で味を整えて、お椀によそったら出来上がり。

 

血糖値の上昇を緩やかにする食べ方を

 ご飯はそのまま食べてしまうと、血糖値を急激に上げてしまうことになります。そこで、ひじきやわかめと言った海草類を混ぜて、一緒にいただくことで、こうした血糖値の上昇をゆるやかにすることができるはずです。お米が食べたくてイライラしている方。もう我慢しなくていいんです。ぜひお米をダイエットの味方につけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.