> >

おからパウダーでカロリーダウン!お腹満足のお好み焼きレシピ

ダイエット成功
 

おからパウダーは、生のおからよりも日持ちがものすごくするので本当に便利です。
最近は需要が増えているせいか、スーパーでも取り扱っているところがたくさん増えています。

おからパウダーは、煮物にするよりもお菓子やパン、粉もんレシピを作る際に加える方が向いています。

スポンサードリンク

 

カロリーダウンのお好み焼き

おからパウダー入りのホットケーキがとっても美味しかったので、お好み焼きにだって入れたら美味しいのでは? ということで、早速挑戦してみました。
材料と作り方です。

 

材料  約2枚分

おからパウダー   20g
お好み焼き粉    50g
すりおろし人参   20g
キャベツなど  お好みで
刻んだ紅しょうが  適量
ちりめんじゃこ  小さじ2
卵         1個
水         適量
トッピング用の青のりや鰹節、マヨネーズ、ソース
                     適量

 

作り方

1、 まず初めにお好み焼き粉とおからパウダーをボウルの中で混ぜ合わせておきます。

2、 そこにすりおろし人参を加えて、キャベツも加えます。

3、 溶き卵を入れて、生地の硬さを確認しながら水を加えていきます。

4、 刻んだ紅しょうがと、ちりめんじゃこを加えて混ぜます。

5、 テフロン加工のフライパンまたはホットプレートに生地を流し入れます。

6、 弱火で裏表面をしっかりと火を通して焼きます。

 

食感もボリュームもアレンジで「お好み」に

お好み焼き粉がない場合は小麦粉でもOKですが、その場合は水の変わりに出汁を入れるほうが美味しいです。
お好みで山芋のすりおろしもいれると生地がふんわりとします。
米粉で作ると、もちもちした食感がUPします。

野菜はキャベツ以外でもOKですし、お肉やシーフードを入れるとさらにボリュームアップします。
お好み焼き粉は味がついているので、ソースやマヨネーズは控えめでも十分美味しいです。
もしソースやマヨネーズをつけるのであれば、使いすぎは要注意です。
マヨネーズはカロリーハーフにしておくと良いかもしれません。

 

生のおからで作る場合は…

おからパウダーがない場合は、生のおからでも良いですが、水分を飛ばしてから使うようにしてください。
生おからをフライパンで乾煎りするか、電子レンジで加熱して水分を飛ばします。
水分を飛ばしたおからは密閉容器に入れておくと、生の状態よりは保存ができるので、賞味期限が切れそうなときにやっておくと無駄にならなくて良いです。

粉を入れないで作るバージョンもやってみたのですが、やはりおからという感じが出てしまうので、こちらは失敗でした。
やはり少し少なめに粉を使うのが美味しく仕上げるコツと言えるかと思います。
配合は自由にアレンジして試してみてください★

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.