> >

米粉は大豆と一緒に摂取「味噌ダレ米粉団子」ダイエットレシピ

玄米ダイエット成功
 
ブームの落ち着いた”米粉”。
便利なだけではなく、日本人の体にも合っている粉ものということで、今や小麦粉の代わりに常に置くようになったという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、米粉を使ったダイエットレシピをご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

米粉の特徴

まず、米粉の特徴を見てみましょう。

 

粒子が小さく使いやすい

小麦粉などを料理に使う場合には、”ふるう”作業をしなくてはいけません。
そのため少し面倒に感じる方も少なくないのですが、米粉は一粒一粒が非常に小さいため、そのまま料理に使うことができます。
例えばシチューのとろみに使いたい場合、最後の仕上げにそのまま振り掛けることができるということです。

 

アレルギー対策に良い

現在かなりの割合を占めていると言われるのが、小麦粉アレルギーです。
米粉は小麦粉の代わりとして、様々なメニューに使うことができるため、アレルギー持ちの方の救世主ともなっています。

このように既に日常生活に浸透している米粉は、ダイエット食材としても魅力ある食材です。

 

米粉でダイエットは可能?

もちろん米粉はお米から作られている粉です。
ですから、米粉にもお米の持つダイエットパワーがたっぷり含まれています。

例えば”必須アミノ酸”です。
必須アミノ酸とは、体内ではほとんど生成されていないアミノ酸の一種ですから、必須アミノ酸を含む食材で取り入れる必要があります。

その必須アミノ酸が、実はお米=米粉にも豊富に含まれているんです。

ただし唯一足りない物が……。

 

ダイエットにおける米粉の原因

それが、”リジン”という必須アミノ酸です。

必須アミノ酸が結合するとタンパク質が作られます。
タンパク質は、ダイエット中に必要な体の代謝アップに欠かせない栄養素ですから、常に取り入れることが大切です。

しかし、必須アミノ酸が一つでも足りないと、タンパク質が作られません。

そこで必要なのが、リジンを含む食材=大豆です。

つまり、米粉と大豆から作られた食材を同時摂取することが、ダイエットとしての米粉の正しい使い方だというワケです。

 
ここでは、米粉と相性の良い大豆製品を使ったレシピをご紹介しています。
せっかくダイエットに良い食材ですから、”組み合わせ”を意識したメニューとしてダイエットに取り入れてみてください。

 

米粉と大豆が決め手の「味噌ダレ米粉団子」

材料:2、3人分

・米粉
50g

・片栗粉
10g

・味噌
大さじ2杯

・酒
大さじ1杯

・みりん
大さじ1杯

・ごま
大さじ1杯

・ごま油
小さじ1杯

 

作り方

1.ボウルに米粉と片栗粉、適量の水を入れながらよく混ぜます。
団子状にまとまるようになればOK。

2.米粉だんごを、ごま油を引いたフライパンで焼きましょう。

3.ボウルに味噌、みりん、酒を入れて味噌ソースを作ります。

4.食器に米粉だんごを入れ、味噌ソースとゴマをくわえたら完成です!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.