> >

ダイエット中のおつまみレシピ♪カマンベールのオニオンサラダ

カマンベールのオニオンサラダ
 
ダイエット中も、仕事の付き合いでお酒を飲まなければいけない……。
ダイエットしていてもお酒は大好きだから外せません……。

このように、ダイエット中でもお酒が絡んでくるシーンもありますよね。
ここでは、ダイエット中にお酒を飲んでも太りにくくなるおつまみをご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

お酒は太ると言われる理由

そもそも、なぜ”お酒=太る”と言われているのかご存じでしょうか。
お酒がダイエット中に危惧されている割には、意外に”お酒=太る”に至る理由をご存じない方も多いようです。

 

意外と高いお酒のカロリー

(1)単純にお酒を飲み過ぎ=お酒本来のカロリーを大量に溜め込むから

厚生労働省の奨励する節度ある1日のアルコール摂取量で換算すると、

・ビールなら1日に中瓶約1本
・日本酒や焼酎なら1日約1合(180ml)
・ワインなら1日約1~2杯ほど

平均して飲めることになっています。

ダイエット中にはもちろんこれだけの量を毎日飲むことはありません。

しかし仮に平均目安量以上のアルコールを毎日飲んでしまえば、肝臓にアルコールが溜まり、食事からのエネルギーよりも、先にアルコールからのエネルギーを代謝しようとしてしまいます。

すると、常にアルコールのカロリーばかりを優先的に消費しようとしますから、せっかく食事でカロリーダウンしても食事からのカロリーは溜め込む一方に……ということになってしまうのです。

 

おつまみのカロリーも高いものが多い

(2)お酒と一緒に食べるおつまみのカロリーが高過ぎるから

お酒を飲むと、アルコールを分解するのに血中の糖分を使おうとするので、一時的に血糖値が下がります。

血糖値が下がると脳がブドウ糖を欲しがりますので、ブドウ糖の多く含まれた食べ物=炭水化物や甘い物を欲することになります。

これが、お酒を飲む際にラーメンや丼もののご飯、ピザなどの炭水化物や、パフェやケーキ、チョコレートなどの甘い物がやけに欲しくなる理由です。

もちろんこういった食べ物やお酒を飲むたびに食べていれば、ダイエットが成功することは絶対にありません。

 

ダイエット中のお酒の飲み方

これらのことを踏まえると、ダイエット中のお酒の飲み方やおつまみの選び方が分かります。
ポイントは、

・週に2~3回までの適切な飲酒
・炭水化物や甘い物以外のおつまみを選ぶこと
・お酒の代謝を促す食材を取り入れる

 
の3つです。

ということで、これらを踏まえたとっても簡単なおつまみをご紹介します。
お酒を飲む際に、ぜひ作ってみられてはいかがでしょうか。

カマンベールのオニオンサラダ

材料:2人分

・ゆで卵
2個

・玉ねぎ
4分の1個

・カマンベールチーズ
3分の1個(6個入りのものなら2個)

・塩
少々

 

作り方

1.卵はゆでで卵にしておきます。
ゆで卵の基本は、水のままゆでて沸騰後15分です。

2.玉ねぎは薄くスライスします。

3.ボウルなどで全ての材料を合わせれば出来上がりです。

4.日本酒や焼酎ならしょうゆ、ワインやビールならレモン汁やバルサミコ酢など、
お酒の種類に合せてお好みの調味料をかけて食べましょう。

カマンベールのオニオンサラダ
 

お酒を飲むときは肉の代わりに卵を

卵は、肝臓の働きを助ける食材のひとつです。
アルコール摂取中にどうしてもお肉が食べたい時には非常におススメの食材ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.