> >

ダイエット中の低体温対策レシピ「ピーマンの簡単ホイルピザ風」

ピーマン
 
特に女性のダイエット時に注意しなければならないことに、”低体温”があります。
ダイエットを行う上でも、女性の将来のためにも低体温はやっかいもの。

今回は低体温とダイエットの関係を探りながら、低体温を防ぐレシピをご参照ください。

『ピーマンの簡単ホイルピザ風』

スポンサードリンク

 

低体温とは?

正確には、低体温症と言う症状の一種です。
人の体は冷たい所に体が晒されていてもある程度まで体温を保つことができますが、一定のラインを超えてしまうと、体が体温を一気に下げてしまいます。

その体温が約35℃以下にまで下がった状態が続くと、免疫力が低下し病気になりやすくなるばかりか、死を招くことさえあります。

 

ダイエットと低体温との関係

・専門家に頼らない独自の方法で単食ダイエットを続ける
・主食を抜いておかずばかり食べる
・油を過剰に抜く

など、このように無理なダイエットを続けていると、低体温症になってしまいます。

その理由は、上記のような無理なダイエットでは、ダイエット中に必要な代謝を上げるためのエネルギーが不足してしまうからです。

主食となる炭水化物はもちろんのこと、ダイエット中にも多少油や糖分は必要ですが、無理なダイエットではそのようなエネルギー源を大幅に減らしてしまうことが少なくありません。

エネルギーの素となる食材が不足していると、基礎代謝率が上がらず、体温がどんどん低下してしまうのです。
するとまた基礎代謝が下がっていき、ダイエット効果も半減していくという悪循環に……。

 

ダイエット中は体を温める食べ物を!

このように、ダイエット中には注意したい低体温ですが、ダイエットですから普段の食事よりも総合的にカロリーが下がるのは仕方ないこと。

ですから、その分普段よりも体を温める食材を使うことが、ダイエット料理には必要です。

そこでここでは、体を温める食材を使ったレシピをご紹介しています。

 

体ぽかぽか ピーマンの簡単ホイルピザ風

材料:1人分

・ピーマン
2個(大き目のものなら1個)

・じゃがいも
中サイズ1個

・ツナ缶
低カロリータイプなら1缶、オイルタイプなら半分

・ケチャップorマスタード
小さじ1杯

・塩コショウ
少々

・スライスチーズor粉チーズ
スライスチーズなら1枚、粉チーズなら大さじ1杯

 

作り方

1.じゃがいもとピーマンをそれぞれ細切りにします。

2.じゃがいもは電子レンジで加熱し、ほどよい柔らかさにしておきます。

3.ホイルにじゃがいも、ピーマン、ツナ缶を入れてホイルを包みます。
中火のグリルで3分程焼きましょう。

4.一旦ホイルを開けて、チーズをかけます。
再びグリルに入れて1分強火で焼けば完成です。

5.お好みでケチャップやマスタードと塩コショウをかけてお召し上がりください。

 

ピーマンを食べる際にはひと工夫を

実はピーマンは夏野菜であるために、体を温める効果と共に体を冷やす働きも持っていると言われることもあります。

そのように、両方の性質を併せ持った食材はまだまだたくさんありますが、そういった食材からダイエット中の体に合った性質を引き出すために、

・加熱調理する
・体を温める他の食材と一緒に調理する

などの工夫をしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.