> >

ノンシュガーでも美味しいデザートレシピ みかんとココアのアイス

みかんとココアのアイス
 
ダイエットの基本は、”甘い物”を減らしていくことですね。
基本中の基本ですが、甘さを減らした食事は美味しくないのでは?と不安になる方も多いようです。

そこでここでは、
基本のポイントを押さえつつ美味しく食べられるレシピをご紹介いたします。

『ノンシュガーレシピその1 みかんとココアのアイス』

スポンサードリンク

 

砂糖を闇雲に減らすダイエットは難しい

甘い物=砂糖=太る原因だと考えられているのには理由がありますが、ほとんどのダイエッターはその理由を深く考えないまま、単純にお砂糖を減らそうとします。

しかし、太る原因を考えずに単に減らすだけではダイエットは成功しません。
それは「間食は絶対にしない」のように無理のあるダイエットが成功しないのと同じで、現在の生活において切っても切れない調味料である砂糖を無くすダイエットは、到底続かないからなのです。

逆に、砂糖を減らす理由を知り、またその減らし方のポイントを押さえるだけで、ダイエットは面白いように楽しく続けられるようになります。

ですからまずは、
「どうしてダイエット中には砂糖を減らさなければならないのか?」
を理解しましょう。

 

砂糖には中毒性がある?!

甘い物の代表格、砂糖について詳しく見ていきましょう。
砂糖はスイーツだけではなく、炒め物にも煮物にもドレッシングにさえ、とにかくどんな料理にも使われています。

この普段使いに必須となっている砂糖には”食欲を増進させる”効果があります。

砂糖、つまり甘い物を摂取すると脳から快楽物質が分泌され、一種の興奮状態を起こさせることが分かっています。
そのため、甘い物には強い中毒性が生じるため、過食の原因となってしまうのです。

(※実際にラットや人による実験でもそのような中毒性を示す結果が出ていますので、中毒性というイメージからくる怖さは、文字通りのものだと考えて良いでしょう。)

そのことから、”砂糖=マイルドドラッグ”と呼ばれることもあります。
上手い話にはワケがあると言いますが、甘いモノにも、こんなに恐ろしいワケがあるということですね。

ということで、お砂糖を減らす理由は”中毒にさせないため”ということが一つ挙げられることがお分かりいただけたでしょうか。

ここでご紹介しているアイスは、お砂糖を全く使わずにできるレシピです。
お砂糖なしでも十分に楽しめるアイスで、しかもとても簡単なので、ダイエット中でも安心して食べられますよ。

 

ノンシュガースイーツ♪みかんとココアのアイス

材料:アルミカップ2個分

・みかん
6粒程度

・ピュアココア
大さじ2杯

・本みりん
大さじ2杯

・(お好みで)シナモンパウダー
小さじ半分

 

作り方

1.ピュアココアに、本みりんを少しずつ加えながら混ぜていきます。
ココアの粉っぽさがなくなり、ねっとりしてきたらOK。

2.みかんとシナモンパウダーを加えて混ぜ、アルミカップに入れて冷凍庫に。
1時間程度で食べられます。

みかんとココアのアイス

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.