> >

あつあつ低カロリーレシピ♪豆腐とこんにゃくの豆乳グラタン

豆腐とこんにゃくの豆乳グラタン
 
寒い冬に食べたくなるのがグラタンですね。クリーミーはホワイトソースに、たっぷりのチーズ、ふわふわのマカロニ……。どれもおいしそうで、カロリーも高そう……。でもあきらめないで、おいしくて低カロリーでしかも美しくなれちゃうグラタンがあります。

スポンサードリンク

 

豆腐とこんにゃくの豆乳グラタン

材料(4人分)   一人分約240kcal

鶏胸肉          1枚
豆腐           1丁
こんにゃく        1枚
玉ねぎ          1玉
しめじ          1株
豆乳          400cc
コンソメの素       2個
みそ         大さじ1
粉チーズ         適量
塩・胡椒         適量
オリーブオイル      適量
片栗粉          適量

 

作り方

1. 鶏胸肉は皮と余分な脂肪を取り除き、一口大に切る。

2. こんにゃくは薄く切り、かぶるくらいの水を入れて火にかけ、沸騰したらザルに空けて水を切る。

3. 玉ねぎは薄切りにし、しめじは石づきを取ってほぐす。豆腐は8等分に切る。

4. 深めのフライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを入れて炒める。きつね色になったら鶏胸肉としめじ、こんにゃくを入れ、鶏肉に火が通るまで炒める。

5. 鍋に豆乳を注ぎ、コンソメの素を入れる。

6. 沸騰したら火を弱めてみそを溶かし、塩・胡椒で味を調える。

7. 水溶き片栗粉でとろみをつける。

8. グラタン皿に豆腐を2切れずつ並べ、7をつぎ入れ、粉チーズをかける。

9. 200度のオーブンで10分焼く。

 

グラタンを低カロリーに抑える工夫

みそを隠し味にした豆乳のホワイトソースは、まろやかでコクがあります。バターを使わず、小麦粉の代わりに水溶き片栗粉でとろみをつけたことでカロリーを抑えました。豆乳も、牛乳に比べてカロリーは低いですね。こんにゃくは、マカロニの代用品です。炭水化物であるマカロニの代わりにカロリーゼロで食物繊維たっぷりのこんにゃくを使うととてもヘルシーで、ボリュームも出るのでお腹も満足ですね。豆乳と豆腐は、もともと同じ大豆からできたものなので、相性も抜群です。ホワイトソースが絡んだ豆腐はとてもクリーミーでまろやかなおいしさですよ。

 

女性に嬉しい大豆イソフラボンがたっぷり

大豆には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれます。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、生理周期で増えたり減ったりします。エストロゲンは女性を美しく保ってくれるホルモンです。コラーゲンやヒアルロン酸の生成も、エストロゲンの働きが無いと保持されません。イソフラボンはエストロゲンが減少しているときは代わりになって働いてくれるので、女性が女性本来の美しさを保ち続けるためには欠かすことのできない成分なのです。女性ホルモンは生理が終わるころが一番少ない時期です。大豆イソフラボンはそのころ特に必要ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.