> >

こんにゃく入り親子丼~高蛋白低カロリーお手本ダイエットレシピ

こんにゃく入り親子丼
 
冬はいろいろなイベントがあって、楽しい時間を過ごしているうちに、楽しい思い出と脂肪をたくさん増やしてしまう悩ましい季節です。思い出は大切にとっておきたいけれど、脂肪はできるだけ早く消し去ってしまいたいものです。

スポンサードリンク

 
脂肪が体に定着してしまうと、どんどん落ちにくくなってしまいます。食材を低カロリーなものに代えたり、低カロリーな食材でかさまししたりと工夫しながら、おいしくダイエットメニューを食べて、できるだけ早くいらない脂肪を燃やしましょう。こんにゃく米と、お肉をこんにゃくでかさましした親子丼は、代用品を使ったような物足りなさを感じることなく、驚くくらい低カロリーで、とってもおいしくいただけます。

 

こんにゃく入り親子丼

材料(4人分)    1人分約340kcal

米           1合
こんにゃく米     1合分
鶏むね肉       1/2枚
こんにゃく       1枚
玉ねぎ         1個
三つ葉         1束
玉子          4個


醤油        小さじ2
酒         小さじ2


だし汁        300ml
みりん       大さじ4
醤油        大さじ4
酒         大さじ2
砂糖        大さじ1

 

作り方

1. 米をよく洗い、ザルに空けて水を切る。こんにゃく米を加え、2合分の水を入れ、米を炊く。

2. 鶏胸肉は皮と余分な油を取り除き、一口大に切り、Aの調味料に漬け込んでおく。

3. こんにゃくは薄く切り、鍋に入れてひたひたの水を入れ、火にかける。一煮立ちしたらザルに空ける。

4. 玉ねぎを薄切りにする。三つ葉は3㎝幅に切る。

5. テフロン加工のフライパンにBを入れ、玉ねぎとこんにゃく、2を入れて中火にかける。

6. 鶏肉に火が通ったら三つ葉を加え、溶き卵を回しかけ、蓋をしてむらす。

7. 玉子が半熟状になったら、どんぶりによそったこんにゃく米の上にかける。

 
こんにゃく米を使うことで、ご飯のカロリーを1/3カットできます。どうしてもカロリーが高くなりがちなお肉の量を控える代わりに、こんにゃくを加えました。こんにゃくは鶏肉や玉ねぎが出したうまみをよく含んでくれます。噛みごたえもあって、満腹感も感じやすいのがうれしいですね。

 

高たんぱくで低カロリーの鶏胸肉

理想的なダイエットメニューは、高たんぱくで低カロリー、ビタミンやミネラル、食物繊維のバランスがよくて、満腹感を感じるものです。鶏胸肉は高たんぱく低カロリーの代表選手のようなお肉であるうえ、おいしい出汁を出してくれるので、親子丼のおいしさを引き立たせるのには不可欠な食材。さらに皮と油を取り除くことでカロリーを半分に減らすことができます。

卵は必須アミノ酸をバランスよく含ん良質なたんぱく源で、美しい肌や髪を作ってくれます。玉ねぎは血液をサラサラにする健康効果が抜群な食材です。こんにゃくは食物繊維が豊富でカロリーはゼロのうれしいダイエット食材。三つ葉はビタミンCやβカロテン、カリウムを豊富に含む健康に良い緑洋食野菜です。風味も豊かでおいしさのグレードをアップさせてくれるので、ぜひたっぷりとくわえてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.