> >

簡単ローストビーフの作り方:赤みのお肉でダイエットの効率アップ!

ローストビーフ
 
ダイエット中は野菜を中心とした、栄養のバランスのとれた食事をとるのが理想的です。お肉料理はカロリーが高いので、できるだけ我慢したほうがよいでしょう。……そう思っている方は多いですね。でも、ダイエット中こそ、上手にお肉を食べたほうが、効率よく痩せることができるんですよ。大切なことは、どんなお肉を選ぶのかです。

スポンサードリンク

 

簡単ローストビーフ

材料(4人分)    1人分約180kcal

牛肉の塊肉(赤身)     500g
クレイジーソルト      適量
にんにく          1かけ
赤ワイン          100cc
醤油            100cc
オリーブオイル       適量

 

作り方

1. 牛肉にクレイジーソルトをまんべんなくすり込み、1時間ほど冷蔵庫の外に置き、お肉を室温に戻しておく。

2. フライパンにオリーブオイルを引き、にんにくをすりおろして入れる。弱火にかけ、にんにくの香りをじっくりと引き出す。

3. にんにくの香りがして来たら、中火にして牛肉を入れる。

4. 牛肉は、片面ずつじっくりと時間をかけて色が変わるまで焼いていく。

5. 牛肉の外側前面に焼き色が付いたら一度取り出し、赤ワインと醤油を入れ、一煮立ちさせる。

6. 牛肉を戻し、全体にソースをからめる。

7. 蓋をして、時々返しながら1時間ほど置く。

8. 薄くスライスしてソースをかけていただく。

 
ローストビーフは牛肉の本来のおいしさを味わうのにはもってこいのお料理ですね。ごちそう感があるのですが、作り方はとても簡単で、失敗もありません。

 

カロリーを抑える肉の選び方

カロリーを抑える秘訣はなんといってもお肉の選び方ですね。牛肉は脂肪のさしが入っていない、赤身のものを選びます。お肉の周囲に脂肪の塊が付いている場合は、取り除きましょう。脂肪の塊が付いたままだとカロリーも高くなってしまうし、お肉の臭みがでて、味が落ちてしまいます。焼いていて脂がたくさんフライパンに溶け出してくるようだったら、赤ワインと醤油を入れる前にふき取ってしまいましょう。

 

肉を上手に食べて効率のいいダイエットを

赤身の牛肉は、上質な蛋白質の塊です。蛋白質は、人間の体には欠かせないものです。とりわけ、筋肉のもとになってくれるので、ダイエット中には欠かせない栄養ですね。筋肉はカロリーを消費するところですから、ダイエット中は脂肪燃焼させるとともに、しっかりと筋肉をつける必要があります。食事制限だけでなく、軽い運動がダイエットを成功させるために欠かせないのはこのためです。筋肉が適度についている身体は代謝がよくなり、太りにくいからだになります。ダイエットを長続きさせるためには、たまに「自分へのご褒美」も大切ですよね。そんな、ちょっとした甘えを許してくれる体にしたいなら、赤身のお肉と軽い運動でしっかりと筋肉をつけましょう。筋肉が付くとメリハリボディーを手に入れることもできて一石二鳥ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.