> >

美肌の源トマトのシチューを具だくさんでいただくダイエットレシピ

トマトシチュー
 
 トマトは美容に良い野菜です。美肌を目指すなら、できるだけ毎日食べたいですね。スーパーでは一年中トマトが売っています。でも、トマトはもともと夏の野菜。冬は値段が高くなってしまいます。それに、トマトには体を冷やす効果があり、冬に食べ過ぎると代謝を悪くしてしまう心配もあります。だから、冬はじっくり煮込んでしまいましょう。具だくさんのトマトシチューなら、トマトの栄養分を効率よく吸収できますよ。

スポンサードリンク

 

冬のトマトは煮て食べる!具だくさんのトマトシチュー

材料(4人分)     1人分約142kcal

トマトの水煮缶      1缶
鳥胸肉          1枚
玉ねぎ          2個
にんじん         1本
キャベツ        1/4個
しめじ          1株
にんにく        1かけ
コンソメスープの素    2個
オリーブオイル      適量
塩・胡椒         適量
ローリエの葉       1枚

 

作り方

1. 鶏胸肉は皮と余分な脂肪をとり、一口大に切る。玉ねぎは薄切りに、にんじんはいちょう切りに、キャベツはざく切りにする。しめじは石づきを取り除き、ほぐしておく。

2. 鍋にオリーブオイルを引き、すりおろしたにんにくを入れる。弱火でじっくりと炒め、にんにくの香りを引き出す。

3. にんにくの香りがして来たら中火にし、玉ねぎを入れ、きつね色になるまでじっくりと炒める。玉ねぎがきつね色になったらにんじんと鶏胸肉を入れ、鶏肉の色が白くなるまで炒める。

4. 鶏肉が白くなったらトマトの水煮缶を入れる。空になった缶に一杯の水を入れて鍋に加える。コンソメの素とローリエの葉を入れ、ふたをして20分煮る。

5. キャベツとしめじを加え、一煮立ちさせたら塩・胡椒で味を調える。

 
じっくりと煮込んだトマトの甘みと酸味が、キャベツによく絡みます。

 

注目のリコピンがたくさん摂れるトマト

トマトの栄養で最も注目されているのがリコピンです。リコピンはトマトの赤い色のもとになっているカロテノイドです。大変高い抗酸化作用があり、生活習慣やストレス、紫外線などによって体内にできた活性酸素を取り除き、細胞を若返らせてくれます。リコピンは熱を加えることによって吸収力が倍以上に高くなります。また、油を一緒に取ると、体内への吸収が効率よくなります。ですから、このトマトシチューのように体に良い油であるオリーブオイルと一緒に煮込む料理はリコピンを取るにはうってつけですね。

そのほか、トマトには若返りのビタミンであるビタミンEや、美肌を助けるビタミンCなど、たくさんの栄養成分が含まれています。でも、残念なことに、トマトの水煮缶にはビタミンCは含まれていません。ビタミンCは大変デリケートで、水に溶けやすく熱に弱いビタミンです。ですから、ビタミンCを含むキャベツは仕上げに加えてサッと煮てください。シチューなら、とけだしたビタミンCもスープとしていただくことができますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.