> >

低カロリー&薄い味付けでも大満足のレシピ♪あさりの香草蒸し

あさりの香草蒸し
 
ダイエットが成功する人の共通点は、”太っていた頃の習慣を断ち切ることができる”ということです。
特に太る食事の習慣を変えることが、ダイエット成功の秘訣になっています。

スポンサードリンク

 

濃い味付けに慣れると太りやすくなる!

まずは、普通に食べているはずなのにどうしても太ってしまう人の食事の特徴のひとつが、”味付けの濃さ”です。

見た目は普通の料理を作っていてもダイエットに成功する人や元々やせ体質の人の食事と違う点がいくつもあります。
例えば、

 
・砂糖などの糖分が多い
・油の量が2倍以上
・塩分が多め
・ケチャップやソースなどでごまかしている

 
という風に、調味料の量が一般的なレシピよりも多めである場合が少なくありません。

確かに砂糖やソースなどを、たまに贅沢に使用する分にはあまりカロリーにも変化が出ないように思えますが、それが3日、1週間、1ヶ月……と繰り返されることで、毎日積み重ねたカロリーは通常の食事の何十倍にもなってしまうのは当然です。

それに加えて、塩分の多い食事を続けていると体がむくみ、体の中の余分な水分や老廃物が排出されにくくなってしまいます。
老廃物により体内に毒素が溜まり過ぎると、ダイエットしても中々やせにくい、ということにもなってしまいます。

 

ダイエットを成功させたいなら薄い味付けに慣れて!

また体内の変化だけではなく、舌が濃い味付けに慣れてしまうことにも問題があります。
濃い味付けになれてしまうと、一般的なレシピの味付けでは満足できなくなってしまうことで、更に濃い味へ……と更新されてしまいます。
つまり塩分や糖分、油分の多い食事という悪循環から抜け出せなくなってしまうのです。

したがってダイエットに成功したい人ならば、薄い味付けに慣れていくことが求められます。

 

薄い味付けの料理を楽しむには?

・塩分を減らし、代わりにスパイスを使う
・ハーブや香味野菜を取り入れて味付けに変化を出す
・ダシを効かせて料理のうま味を出す

 
このような工夫で、
ダイエット料理に必要な薄い味付けでも十分に楽しむことが可能です。

 

簡単低カロリー あさりの香草蒸し

これを踏まえて、今回ご紹介する料理のポイントを見ましょう。

 
(1)あさりのダシを引き出す
(2)香味野菜(今回は旬の春菊を使用)で香りを楽しむ
(3)スパイスでアクセントを付ける

 
香味野菜は旬や好みによって変え、レパートリーを増やしていきましょう。

 

材料(1人分)

・砂抜きしたあさり
10粒

・トマト(缶詰でもOK)
中1個/缶詰なら100g

・香味野菜(春菊や大葉、ルッコラ、クレソンなど旬の香味野菜を使います)
適量

・生姜
1片

・にんにく
1片

・鷹の爪
1本

・オリーブオイル
小さじ1杯

・白ワイン
30ml

・ホワイトペッパー
少々

・黒コショウ
少々

・塩
少々

・レモン汁
お好みで

 

作り方

1.フライパンにオリーブオイルとにんにく、鷹の爪を入れて加熱します。
にんにくと鷹の爪の血行促進効果で、ダイエット中に冷えてしまった体が温まります。

2.にんにくの良い香りがしてきたら、砂抜きしたあさりと生姜、適当な大きさに切ったトマト、白ワインを加えて蓋をします。

3.あさりが全て開いたら、お好みの香味野菜を入れて蓋をし1分ほど蒸します。
火を止めて、さらに1分蒸しましょう。

4.香味野菜がしんなりしたら、ホワイトペッパーと黒コショウと塩で味付けし完成です。
お好みでレモン汁をかけても良いでしょう。

あさりの香草蒸し

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.