> >

効果いっぱい「お酢」ダイエットレシピ 焼きサバのカレー南蛮

焼きサバのカレー南蛮
 
ダイエット中には、毎日続けられる運動を行うことが大切です。
ここでは、ダイエット中の運動効果を上げるために効果的な”お酢”を使ったレシピをご紹介したいと思います。
『焼きサバのカレー南蛮』

スポンサードリンク

 

運動の効果をアップさせる必須アミノ酸

ダイエット中に運動を長続きさせるコツは、

(1)好きな運動を行うこと
(2)経済的な面を計算しておくこと
(3)運動を続けることを人に宣言しておくこと

の3つです。

ただし、ここまでしても運動の効果が体重計に表れない……という方も多いようですが、その原因は食事にあることがほとんどだということをご存じでしょうか。

ダイエット中にありがちな食事の一例に、”必須アミノ酸”が不足してしまうという例があります。

必須アミノ酸はダイエット時の運動効果を出すために必要な成分ですが、この必須アミノ酸は体内ではほとんど生成されません。

そのため、食事により補う必要があるのですが、無理なダイエット食を続けてしまっていると、必須アミノ酸が含まれた食べ物が摂取しにくくなってしまいます。

そこでお酢です。
お酢の中でも黒酢はとくに、必須アミノ酸が豊富に含まれています。
そのため、ダイエット中もお酢料理を取り入れることで、ダイエットを成功させるために必要な運動の効果をぐんとアップさせることができるんです。

お酢をダイエット食に用いる目安は1日当たり大さじ1杯程度と、ほんのわずかな量でOK。

毎日のダイエットドリンクや食事に入れながら、気軽にダイエット中の運動効果を上げていきましょう。

 

焼きサバのカレー南蛮

材料(2人分)

・サバ
半身

・玉ねぎ
1個

・人参
3分の1本

・ピーマン
1、2個

・お酢(特に黒酢がおススメです)
大さじ1~2杯(砂糖の味を見ながらお好みで調整してください)

・砂糖
大さじ2杯

・カレールー
1個

・塩
少々

・お好みのナッツ
適量

 

作り方

1.サバに塩を少々ふり、30分ほど置きます。
この手順によって塩がサバ内部に浸透し、うまみが増します。
また、青魚特有の臭みが、余分な水分と共に流れ出る効果もあります。

2.グリルやオーブン、フライパンを使い、サバを焼きます。
皮がこんがりとなるまで様子を見ながら焼きましょう。

3.焼いている間に、南蛮ダレを作ります。
お酢に砂糖を加え、よく混ぜます。

4.カレールーは耐熱容器に入れ、分量外の水大さじ1杯を加えてラップをかけ、電子レンジで40秒ほど加熱します。
これでカレールーが簡単に溶けやすくなります。

5.溶かしたカレールーを3に入れて混ぜます。
これで南蛮ダレのできあがりです。

6.玉ねぎはみじん切り、人参とピーマンは極力細い千切りにし5分ほど水にさらしておきます。
このとき、野菜の栄養素の一部が流れ出してしまいますから、あまり長時間水にさらさないようにしましょう。

7.焼き上がったサバを皿に移し、上から野菜と南蛮ダレをかけます。
お好みでナッツをのせればできあがり。

焼きサバのカレー南蛮

※時間がある場合には、焼いたサバをバットなどに入れ、南蛮ダレと一緒に30分ほど漬けておきましょう。
タレがサバに染み込んでより美味しくなりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.