> >

主食の前に食べるダイエットレシピ~おからのサラダ2種で痩せ体質に

食事
 
おからがダイエットに効果的な理由は、おから料理特有の食べ方にもありました。
おから料理を普段の生活に取り入れることで効率よくやせる体を作っていきましょう。

今回はおからレシピの中でも、やせる体作りに必要なおかずを2品ご紹介します。

スポンサードリンク

 

おから料理でやせる理由

ダイエットに成功する人に共通する食べ方のひとつが、”主食の前におかずを食べること”です。

この食べ方の利点には、

・満腹中枢を刺激して少量の食事でも満足できる
・血糖値の上昇を抑える
・食べ過ぎを予防する

 
というものがあげられます。

主食は成分上血糖値の上昇が早いため、主食から食べてしまうとダイエットの失敗はおろか、糖尿病や脂質異常などの病気を誘発しかねません。

そこでおかずを先に食べるという食べ方をダイエットに取り入れることが重要となります。

とりわけ食物繊維の含有量の高い食材を使ったおかずを主食(ご飯やパンなど)前に食べることがポイントです。
おからのように食物繊維の豊富な食べ物を先に食べるとよく噛むクセがつく上に、カロリーの高めな肉などの主菜や主食、デザートの食べ過ぎを防ぐことにもつながります。

 

主食の前に食べる「トマトときゅうりのおからサラダ」

材料(2人分)

・おから
50g

・トマト
小1本

・きゅうり
小1本

・味噌(できれば白みそ)
小さじ2杯

・砂糖
小さじ2杯

・塩
適量

 

作り方

1.きゅうりを薄切りにし、ボウルに入れます。

2.ボウルに適量の塩と分量外の水を入れ、きゅうりを塩漬けします。
これを冷蔵庫で一晩置きましょう。

3.ボウルの塩水を全て捨て、きゅうりを水洗いして塩抜きします。

4.ボウルに、適当に切ったトマトときゅうりなど、塩以外の全ての材料を入れて軽く混ぜ合わせます。

5.器に盛ったら完成です。

 
※ここでは塩漬けした野菜を使いましたが、代わりにぬか漬けをそのまま使用しても美味しくなります。
ぬか漬けは体の中でも生き続ける乳酸菌を持っていますから、ダイエット中の方にも積極的に使っていただきたい食材です。

 

おからとリンゴのヨーグルトサラダ

材料(1人分)

・おから
30g

・リンゴ
半分

・セロリ(苦手な方はベビーリーフやキャベツを代用してもOK)
50g

・ヨーグルト
大さじ2杯

・レーズン
大さじ1杯(レーズンは意外に高カロリーなので控え目にしましょう)

 

作り方

1.リンゴは角切りに、セロリはスライス状にカットします。

2.ボウルに全ての材料を入れてよく混ぜます。

3.器に盛ったらできあがりです。

 
※デザート感覚で食べられるおかずなので、ダイエットをしていないご家族も一緒に食べられるレシピです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.