> >

ダイエット中でも怖くないフルーツサンド&ホイップクリーム

果物を持った女性
 
ダイエット中でも甘いものを食べたい!と思う人は多いと思います。
特にホイップクリームのたっぷり入ったおやつなどは、甘いもの大好きな人はなかなかやめられないのではないでしょうか。
そんな人のために、ヘルシーなホイップクリームを使ってつくれるフルーツサンドを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

フルーツサンドをおすすめする理由

どうしてフルーツサンドなのか?ですが、ケーキの生地よりパンを使う方がヘルシーだからです。
例えば、スポンジケーキの台の部分は、100グラムあたりのカロリーはおおよそ320キロカロリー前後です。(メーカーにより若干差が出ます)
それに比べて食パンは、100グラムあたりで260キロカロリー程度になります。(これもメーカーにより多少の差があります)
ということで、この部分だけで60キロカロリーの差が出ます。

そして、果物は缶詰ではなく、生のフルーツを使用します。ビタミンも豊富ですし、果物はそのままで十分に甘いのでお腹も満足します。
サンドするだけの簡単レシピですが、お弁当や朝食にとってもおすすめです。
甘いものを我慢している人は、たまにはこんなランチで心とお腹を満たしてみてはいかがでしょうか。

では、材料と作り方です。

 

低カロリーホイップクリームとフルーツサンド

材料 1人分

■食パンサンドイッチ用の耳のないもの 4枚
(耳のあるものであれば、12枚切りの耳をカットして使ってください)

■お好きなフルーツ 適量(いちご、バナナ、キウイ、みかんなどなんでもOK)

■ヘルシーホイップクリームの材料(だいたい2カップぐらいの量ができます)
・スキムミルク 15g
・コーヒーミルク 3個 (5ml×3個)
・レモン汁 少々
・バニラエッセンス 少々
・スリムアップシュガー 1本
・氷水 80cc
・粉ゼラチン 1g

 

ヘルシーホイップクリームの作り方

(1) ぬるま湯10CCとコーヒーミルクとゼラチンを混ぜ合わせて、ゼラチンをよく溶かします。
スキムミルクも加えて混ぜて、氷水の入ったボウルの上でハンドミキサーを使ってしっかりと泡立てていきます。

(2) 初めは泡が立つくらいですが、長い時間やっているとだんだんと空気が含まれていくのでふんわりとホイップクリームのようになっていきます。

(3) レモン汁とバニラエッセンスとパルスイートも加えて、しっかりと泡立てていきます。
もったりとかたくなってきたら完成です。

このホイップクリームをパンにサンドします。
冷えていないとすぐにだれてしまうのが難点のクリームなので、冷凍庫で冷やしておいてください。
作ったサンドイッチも早めに食べるか、冷凍庫もしくは冷蔵庫で冷やして、クリームがだれてしまわないように注意してください。

 

フルーツサンドの作り方

食パンは半分にカットして、間に食べやすく切った果物とヘルシーホイップクリームを混ぜ合わせたものをサンドするだけです。

 

ヘルシーホイップクリームを使ったアレンジレシピ

少し凍った状態で食べるのも、食感がまた違って、アイスケーキみたいな感じに食べられるのでかなりおすすめです。
それから、ホットケーキをたくさん焼いてしまったというときは、ホットケーキにサンドして冷凍しておくと、ホットケーキアイスサンドが完成しますので、これもかなりおいしいです。
とにかくヘルシーなクリームなので、使い方次第で色々とアレンジができます。

もう少しコクがあったらな……という場合は、コーヒーミルクを増やしたり、スキムミルクを増やしたりすると良いと思います。
また、スリムアップシュガーではなくて、メープルシロップやはちみつで甘みをつけるのもおすすめです。

ヘルシーでおすすめのスイーツとしては、フルーツグラノーラにこのホイップクリームを重ねてパフェ風にしてみたり、あずきと合わせて食べてみたり、白玉団子にトッピングしてみたりなどです。
フレンチトーストに添えるのも良いです。

 

ヘルシーホイップクリームを使う際の注意点

ただし、このクリームの弱点は、常温の放置で時間が経つと、水みたいにサラサラにしぼんでしまうということです。
それさえ理解していたら、本当に色々なスイーツに使うことができます。

普通にそのまま食べてもおいしいクリームなので、私は作るとついつい味見でそのまま食べてしまうことがあります。
カロリーはそんなに高くはないのですが、そのまま食べるとあっというまに全部食べてしまう可能性があるので注意してください。

この分量だと、一度で使い切ることができないという人は、出来上がりは密閉容器に入れて冷凍庫で保管して、次の日くらいには食べてしまってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.