> >

お豆腐で作るメインのおかずレシピ「大満足のおかか焼き」

ダイエット失敗
 
お豆腐は、主菜にしてもおなかが満足しないから、主菜はいつもお肉やお魚という人も多いと思います。
でも、木綿豆腐を使うと、結構お腹いっぱいになる主菜を作ることができるのです。
今回は、とっても簡単に美味しくできるボリュームたっぷりのお豆腐のおかか焼きを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 
材料もとってもシンプルです。おそらく、お豆腐を除けば冷蔵庫などにストックしている材料や、常備保存している食材ではないかな~と思います。そのため、節約料理にもなります。
お給料日前で、食費を抑えたい!なんて時にもおすすめなので、試してみてください★

 

大満足!お豆腐のおかか焼き

材料 2人分

木綿豆腐 300g
片栗粉または小麦粉少々
溶き卵 1/2個分
鰹節 3gのパックを4つくらい
塩少々(→鰹節と塩はよく混ぜ合わせて、平で広めのタッパーに入れておきます。)

 

作り方

(1) まずは、木綿豆腐をしっかりと水切りします。
キッチンペーパーに半分にカットしたお豆腐を包んで、上から重しをするなどして、水切りします。
途中で2回くらいキッチンペーパーを取り替えたほうがよりしっかりと水切りできます。
だいたい2/3から半分強くらいの重さになるのが良いです。

(2) 水きりができたお豆腐に片栗粉(小麦粉)をまぶします。
それから溶き卵にくぐらせて、タッパーに鰹節を広げておいたところに、お豆腐をくぐらせます。
両面にしっかりと鰹節をまぶして、まんべんなく全体につけます。

(3) 熱したフライパンにごま油を薄くひいて、鰹節をまぶしたお豆腐を並べていきます。
フッ素樹脂加工のフライパンの場合は、油なしでもよいですが、鰹節をぱりっとさせるためと風味UPさせるために、ごま油を少しだけでも使うことをおすすめします。
両面焦げ目がつくようにしっかりと焼いたら、お皿に移して完成です。

 

タレや粉を変えてアレンジ

鰹節と一緒に、青のりを入れても美味しいです。鰹節も、色々な種類があるので、種類を変えるとまた違う風味が楽しめます。
鰹節がカリカリになって、お豆腐も食感がしっかりとしているので食べごたえがとてもある1品です。
お好みでお醤油やポン酢、生姜醤油、酢じょうゆなどにつけて食べると美味しいです。
木綿豆腐の種類によっても、水きりの時間とかが変わってくるので、水切りの状態はこまめにチェックしてください。
絹ごし豆腐だと、水分が多すぎてうまくできないので、このレシピは木綿豆腐を使ってください。

片栗粉や小麦粉の代わりに、からあげを作るときに下味用に使用するからあげ粉やお好み焼き粉を使ってみると
一味違うお豆腐のおかか焼きが完成します。
ぜひ、こちらも試してみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.