> >

おから入り松風焼:おからと豆乳で作るお腹満足ダイエットレシピ

おから入り松風焼
 
おせち料理にも登場する松風焼は和菓子の「松風」を模した料理だといわれています。名前の由来は、表面がけしの実で華やかな割にはその裏は質素で淋しく見えたことから、裏淋しいを浦淋しいとき、歌謡の「浦淋し、鳴るは松風のみ」という一説にかけたのだとか。確かに、おせち料理に使われる割には地味で淋しく見えるお料理かもしれませんね。でも、おからと豆乳でしっとりふわふわに仕上げたら、その魅力の虜になります。

スポンサードリンク

 

しっとりふわふわ♪おから入り松風焼レシピ

材料(4人分) (一人分約210kcal)

おから     200g
鳥ひき肉    100g
玉子      3個
みそ    大さじ2
練りごま  小さじ1
生姜     一かけ
豆乳      200cc
片栗粉   大さじ1
白ごま     適量
青のり     適量

 

作り方

1. 鳥ひき肉にみそ、練りごま、しょうがのすりおろし、片栗粉を入れ、よく練る。

2. おからと豆乳を加えてよく混ぜ合わせる。

3. 玉子焼き器に油をまんべんなく塗り、2を入れ、均一にのばす。

4. 蓋をして弱火で焼く。

5. 表面が乾いてきたらひっくり返し、裏面も焼く。

6. 長方形に切り分け、白ごまと青のりを振りかける。

 
ぱさぱさしがちなおからですが、豆乳を加えることによってしっとりとします。みそと胡麻が絶妙なコクを出しています。おからは食べごたえがあって腹もちも良く、お正月料理の食べ過ぎにも一役買ってくれそうですね。

 

高蛋白低カロリーのおから

おからは豆腐を作る工程で豆乳をしぼった搾りかすです。卯の花として炒り煮にすることはありますが、捨てられたり家畜の肥料にされたりと、どちらかというと不要なものという扱いをされることが多い食品でした。しかし、最近ダイエット効果が注目され、おからを使ったダイエット食品も多く出回るようになってきました。

おからは高蛋白低カロリーで、豆腐に比べて食物繊維も豊富です。おからの食物繊維は不溶性食物繊維で、腸の中で膨らんで便の量を増やし、便秘を改善する効果があります。大豆加工品は共通して素晴らしいダイエット効果が期待できるのですが、便秘を改善したいと思っている方は、豆腐や豆乳よりもおからや大豆そのものを使った料理を食べたほうが効果的です。

 

大豆イソフラボンとサポニンのすぐれた効果

この松風焼にはおからと豆乳が使われています。大豆イソフラボンやレシチン、サポニンといった大豆の優れた美容成分が期待できますね。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きを補ってくれます。女性ホルモンは肌の調子を整え、髪や皮膚に潤いを与えてくれ、女性らしさを際立たせてくれるうれしい成分です。

レシチンは大豆に含まれる不飽和脂肪酸で、コレステロールや余計な脂肪の代謝を助けてくれます。サポニンは血管の脂肪をきれいにし、脂肪の代謝を助け、活性炭素の働きを抑制してくれます。
低カロリーで腹もちも良く、女性らしい美しさを応援してくれる一品ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.