> >

まるで整腸剤?カロリー半分の「黒豆のオリゴ糖煮」の作り方

黒豆のオリゴ糖煮
 
おせち料理に欠かせないのが黒豆煮ですね。甘くてホクホクで、お腹が一杯でもつい食べてしまいますが、砂糖もたっぷりでカロリーも高そう……。そこで、砂糖を体にいいオリゴ糖に代えて煮てみました。

スポンサードリンク

 

胃腸にやさしい黒豆のオリゴ糖煮

材料        (全量で280kcal)

黒豆         200g
水         1200cc
オリゴ糖       200g
醤油       大さじ1
塩        小さじ1
重層       小さじ1

 

作り方

1. 黒豆はよく洗ってザルに空けておく。

2. 鍋(あれば鉄鍋)に黒豆と水、オリゴ糖、醤油、塩、重層を入れ、一晩おく。

3. そのまま火にかけ、沸騰したら弱火にし、黒豆が柔らかくなるまで3時間ほど煮る。

4. 煮汁ごと冷ます。

 
オリゴ糖は砂糖よりも甘さが控えめなので、出来上がった黒豆煮もあっさりとした甘さです。甘さ控えめですが、オリゴ糖の優しいコクが加わっています。
重層を加えると、豆がふっくらと仕上がります。鉄鍋を使うと、くぎを入れなくてもきれいな黒い艶が出ます。

 

オリゴ糖の効果は体に良いこと尽くめ

オリゴ糖のカロリーは砂糖の半分程度で、さらにオリゴ糖の糖分は腸で吸収されにくく、大幅にカロリーを抑えることができます。低カロリーだけではなく、オリゴ糖は腸内でビフィズス菌など善玉菌のえさとなり、腸内環境を整える働きがあります。腸内環境が乱れると、便秘になり、肌荒れや肥満を引き起こします。便秘は肌荒れだけではなく、体臭や口臭も悪化させてしまいます。さらに免疫機能も悪化し、感染症やがんなど様々な病気にかかりやすくなります。腸内環境を整えることは、美容と健康に取って欠かせないことなのです。

黒豆自身にもオリゴ糖成分が含まれています。さらに食物繊維も豊富で、オリゴ糖で煮た黒豆は整腸剤のような効果が期待できそうですね。

 

美容と健康に黒豆を

黒豆にはそのほかにも美容にとてもいい効果が期待できます。黒豆の色素はアントシアニンというポリフェノールです。活性酸素を除去し、シミやシワを予防し、コラーゲンの生成を助け、高い美肌効果が期待できます。黒豆にはサポニンという成分も含まれています。サポニンは脂肪の代謝を促進する効果があり、ダイエット効果が期待できます。また、豆類である黒豆は大豆と同様にイソフラボンも豊富に含みます。

イソフラボンは女性ホルモンの働きを補い、肌や髪の艶を増し、女性らしい魅力を引き立たせる効果があります。ホルモンバランスを整えることにより、ニキビなどの肌トラブルも予防してくれます。黒豆にはほかにも高脂血症の予防や血糖値を整える効果もあり、美容と健康、ダイエット効果に大変優れた食品です。お正月だけではなく、普段の食卓にももっと黒豆を登場させるとよいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.