> >

食事のときに焼き梅干を食べるだけの焼き梅干ダイエット。クエン酸で体の中から綺麗に

焼き梅干ダイエット

 

近頃は和食がまた見直されてきましたね。
海外からも評判が高いダイエット食として和食が有名になってきているようです。

 
海外などのメタボ体形の人が日本食やお弁当を作って食べているようです。
こうやって作って生活に取り込んでくれているとは日本人として誇らしいことですね。
しかし、私たちは日本人なのに、逆に洋食に傾いた生活をしてしまっている人も多いのではないでしょうか。
改めて日本食の良さを取り入れたいですね。

スポンサードリンク

 

 

梅干、食べていますか?

今回は新陳代謝をかなりアップできる、「梅干しダイエット」のご紹介をしたいと思います。

 
梅干しは、お弁当に入れると食べ物が悪くなったり腐りにくいということで、白ごはんに梅干しの日の丸弁当などは昔から有名ですね。

 
おにぎりなどに利用されることも多いですね。
美味しいし、風邪などひいたり、食欲がない時にも比較的食べやすい食材の一つです。

 

 

梅干のクエン酸効果

ダイエットがうまくいかない人の多くが、血流が悪い冷え症の方や、新陳代謝が悪い方が多いのですが、梅干しには、血液をサラサラにする成分である、「クエン酸」が沢山含まれているんです。
「クエン酸」はお酢やレモンなどにも含まれていますね。

 
ドロドロ血液の人が梅干しを食べることによって、この「クエン酸」も体内に取り込むことができ、サラサラした血液になり、代謝が良くなります。

 
代謝がよくなることによって、脂肪も燃えやすくなってきますので、結果的に体内のエネルギー代謝なども活発になって、
余分な、ダイエットには天敵の脂肪を燃やしてしまう働きをしてくれるのです。

 

 

梅干を食生活に取り入れる工夫

普通にご飯に乗せて食べたりおにぎりにしたりするのはみなさんやっておられると思いますので、今回はちょっとひと工夫。

 
梅干しをちょっと焼いてみましょう。
梅干しを焼くことによって、これらのダイエットに必要な効能を高めることができるのです。
といいますのも、梅干しを焼くことによって梅に含まれる糖と、クエン酸が化学反応を起こします。
生の梅ではない、ムメフラールなのですが、焼くことによってこのムメフラールがでてきて、これは赤血球変形能を改善する効果があるのです。
これが改善されることによって、赤血球を柔軟にして、毛細血管などの血流まで改善してくれる効果が生まれます。

 
また、体を温めて体内の水はけやむくみを改善してくれる嬉しい効能もありますので、水太りや中医学でいう水毒状態の人にも大変良い効果が期待できます。

 
体の中から綺麗にダイエットしたい人にはぜひお勧めしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.