> >

甘くてジューシーな果物をダイエットの味方にする食べ方をご紹介。アンチエイジングにも

果物を持った女性

 

痩せやすい体を作る為には、必要な栄養素を十分に取ることが大切です。
特に、現代人の食事には、ビタミンやミネラルが不足しがちです。

スポンサードリンク

 

 

果物、食べていますか?

積極的に取ってほしいのが果物。果物は糖質が多いからとダイエット中に避けている人もいるかと思いますが、糖質以上に体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。
果物は、食物繊維や酵素、ビタミンやミネラルもたっぷりで、ほとんどが生で食べるため、抗酸化成分を壊さずに摂取でき、アンチエイジングにも効果的です。

 
そんないいことずくめの果物は、朝食時に食べるのがおすすめです。
酵素が含まれているため消化しやすく、朝の空っぽの胃に負担がかかりません。
また、糖分がすぐにエネルギーに成るため、朝から元気に動けますし、気になる糖質も脂肪になりづらいのです。
その中でも特におすすめの果物とその効能・食べ方をご紹介します。

 

 

バナナ

バナナは腹もちがいいのに、1本当たり90キロカロリーで白米一膳の1/3程度とかなりの低カロリーです。また、一番の特徴は、水溶性と不溶性、二種類の食物繊維が含まれていることです。

水溶性食物繊維…腸内の水分を吸収し、排泄する。コレステロールを抑制する。
不溶性食物繊維…腸内の不純物を吸収し、排泄する。

良く噛んで食べることで、満腹感も増しますのでダイエット中にぴったりの果物です。

 

バナナのおすすめの食べ方

バナナヨーグルト…はちみつやオリゴ糖を加えて食べるのも美味しいです。

 

 

アボカド

森のバターといわれるほど、栄養価の高いアボカド。しかし、ひとつあたり220カロリーと少し高めです。しかし、この高カロリーとなる原因の脂肪分こそ、摂取すべき脂なのです。アボカドに含まれているのは、不飽和脂肪と呼ばれる良性の脂肪分ですのでコレステロールをが低く、お腹にお肉がつきにくいのです。また、カリウムも豊富に含まれている為、むくみにも効果的です。

 

アボカドのおすすめの食べ方

アボカドとトマトのサラダ…かつおぶしにポン酢しょうゆで食べるのがおすすめです。

 

 

キウイ

ダイエットだけでなく、美容にもおすすめのキウイ。実は、上記の二つの果物にも登場した食物繊維とカリウムが豊富に含まれており、むくみや便秘を解消してくれます。それだけでなく、抗酸化作用の高い、ビタミンCや血行を改善してくれるビタミンE等も豊富に含まれているので、代謝が上がり、痩せやすい体を作ってくれます。

 

キウイのおすすめの食べ方

キウイのスムージー…豆乳や小松菜等と一緒にとれば栄養満点。自分好みのスムージーを作ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.